1. Home
  2. EAT
  3. 米研究チームが明かす。運動にはスポーツドリンクよりもバナナ [The New York Times]

米研究チームが明かす。運動にはスポーツドリンクよりもバナナ [The New York Times]

スポーツ時のエネルギー供給と終了後のスピーディーなリカバリーについて、バナナとスポーツドリンクを比べたところ、バナナに軍配が上がる、という研究結果が明らかになりました。

この研究では、スポーツ中に炭水化物を摂取した場合に細胞にどんな影響が及ぶかを比較。運動をする人にとって大事な消炎作用やその他の利点で、天然のフルーツであるバナナがスポーツドリンクを上回りました。

糖のもつ「エネルギー供給、回復、消炎作用」

1805_banana_01

image via shutterstock

トレーニングなどが長時間に及ぶときには途中、飲食によって炭水化物を摂取すると、より長い時間続けることができたり、より集中力が高まったりする上、リカバリーも速いということは、スポーツ選手やコーチたちが長年信じてきたことで、さまざまな研究でも証明されています。

炭水化物は筋肉にすぐにエネルギー供給ができる上、運動による生理学的なストレスを和らげ、さらに運動後の炎症を抑えもします。最も消化されやすく簡単に持ち歩ける炭水化物は糖(グルコース、フルクトース、スクロースなど)で、運動をする人の場合、スポーツドリンクで摂取していることが多いはずです。

人工的なスポーツドリンクを避けたい志向

しかし、スポーツドリンクは天然のものではなく人工的に作られたもので、香味料その他の化学調味料が含まれています。だから、なるべくなら避けたいと思う人もいることでしょう。

スポーツ中、もっとヘルシーに炭水化物を取るために、フルーツがスポーツドリンクの代わりにならないか? 米アパラチアン州立大学ノースカロライナ・リサーチキャンパスの研究員たちは、こう考えるようになりました。バナナをはじめほとんどのフルーツは糖分、中でも果糖のフルコースが豊富。さらにスポーツ時のパフォーマンス向上やリカバリーにプラスな他の天然物質も含まれているからです。

2012年に発表された最初の実験では、激しいサイクリングをする際に水だけを飲むよりも、スポーツドリンクを飲むかバナナを食べる方がパフォーマンスが上がりました。そして、サイクリング後の体内の炎症レベルも低いことが判明しました。

水、スポーツドリンク、バナナでテスト

1805_banana_02

image via shutterstock

さらに今年3月、米科学誌『プロスワン』に新たな実験が発表されました。より高度な技術を使って、自転車に乗る人の体内の細胞の変化を追跡したのです。

今度はサイクリストの男女計20人にリサーチキャンパスで数回にわたって、75キロ相当の長距離サイクリングを行ってもらいました。最初の1回目に飲んだのは全員水だけ。1回目以降は水以外に、30分おきにスポーツドリンク約240mlを飲むか、バナナ約半分を食べてもらいました。そしてサイクリングの前後と、終了してから45時間後までの間に数回、採血しました。

調べたのは、体が感じているストレスを表すとされるメタボライト(代謝産物)で、スポーツの前後で変化が現われます。また血液細胞を分離し、炎症に関わる遺伝子の活動にも注目しました。

すると予想された通り、血中の炎症マーカーは、水だけしか飲まなかった場合の方が高く、途中でバナナかスポーツドリンクを摂取した方がずっと低いという結果でした。また、バナナかスポーツドリンクのどちらかの方が、体のストレスも低かったのです。

しかし、いくつかの遺伝子の活動には違いがありました。特に運動中にバナナを食べると、血液細胞が「COX-2」(シクロオキシゲナーゼ-2)という酵素の前駆体(前の段階の物質)を作る量が少なくなっていました。これは、水だけやスポーツドリンクを飲んだ場合ではみられなかった影響です。

お腹が膨れるのが残念なところ

COX-2という酵素は、プロスタグランジンという物質の生成を促しますが、プロスタグランジンが発生すると炎症の度合いが激しくなってしまいます。つまり、運動後の血液細胞の中にCOX-2の前駆体があまりできなければ、COX-2も減り、炎症も軽くて済むということです。

実験を率いたデビッド・ニーマン氏によると、COX-2はイブプロフェンなどの抗炎症薬によって抑制されることが知られていますが、同じような効果がバナナにあるかもしれないとは研究者たちも今まで考えたことがなかったそうです。

ニーマン氏いわく、バナナが運動後の血液細胞にどう影響するのかや、30分ごとにバナナ半分を食べるのが適量なのかといった問いはこれからの課題です。また炭水化物の量ではバナナ半分とコップ1杯分のスポーツドリンクはほぼ同じですが、バナナの方がお腹が膨れ、運動を続ける気がくじけてしまうかも、というのもポイントです。

研究チームは今後こうした点や、バナナよりもさらに糖を含むナツメヤシなど、他のフルーツの効果も研究していく予定です。その結果を待つまでの間も、運動をするときにナチュラルで安く、持ち歩きにコンパクトなスポーツドリンクの代わりが欲しい人には、「バナナはかなり良さそう」だとニーマン氏は述べています。

© 2018 The New York Times News Service

[原文:Bananas vs. Sports Drinks? Bananas Win in Study/執筆:Gretchen Reynolds](抄訳:Tomoko.A)

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    5. 健康な食事の基本。食生活にプラスしたいこと、マイナスしたいこと

    6. レモン水をめぐる5つの迷信

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    9. 肌の疾患が心臓病のリスクをあげる? 意外な5つの原因

    10. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    7. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    8. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    米研究チームが明かす。運動にはスポーツドリンクよりもバナナ [The New York Times]

    FBからも最新情報をお届けします。