1. Home
  2. STYLE
  3. プラスチックゴミを減らす。ついに持ち運べるマイストローが登場

プラスチックゴミを減らす。ついに持ち運べるマイストローが登場

プラスチックストローをオンデマンドにするという記事を読んでいいアイディアだと思っていたのですが、それを上回るニュースが目に留まりました。

特許を取得した、環境に優しい、持ち運べるマイストロー

FinalStraw

その名も「FinalStraw(ファイナルストロー)」。ファイナルストローというのは最後の一撃という意味なのですが、製品名には「私たちに必要な最後の(唯一の)ストロー」という意味が込められています。世界初の折りたたみ式で再使用できるストローと謳っているファイナルストローは、特許つきで開発されました。

環境への影響を第一に考え、23センチのストローの本体はステンレス製BPAフリー、口当たりを考えて両端はプラスチックになっています。ホットにもコールドドリンクにも使えて、皿洗い機にも入れられると、至れり尽くせり。

1805_finalstraw_02

ケースはグレー、ピンク、ブルー、グリーンの4色から選べ、ストローの中を洗うためのツールもついています。環境に優しく持ち運びもできるのだから、もうこれを最後の(ファイナルな)ストローとして使うしかありませんね。これ1本で、1年で584本のプラスチックストロー(!)に相当するそうです。

クラウドファンディングで製品化へ

1805_finalstraw_03

現在、「ファイナルストロー」は「Kickstarter」でクラウドファンディング中、締切はアメリカ時間の2018年5月19日です。もちろん海外からも参加可、製品完成のあかつきには海外発送もします。すでに目標額を大幅に超える資金が集まっているので、製品化されそうです。

「straw(ストロー)」というのは、もともと「麦わら」の意味でした。それがいつしか、ストローといえばドリンクを飲むときに使うプラスチック製品を指すようになりました。子どものころから薄紙やビニールの包装を破ってストローを出すのは好きだけれど、やはり環境への影響は見過ごせません。あのプラスチックはリサイクル不可だというし。レストランのフォークやナイフがステンレスなどの金属製で、洗って使いまわされていることを考えれば、外食時に金属製のストローが使われるようになったとしてもまったく同じことですよね。

将来、ストローといえば、使い捨てのプラスチック製ではないもの、リユースできる「ファイナルストロー」のようなものが定番になったらいいなと思います。11月に製品が届いたら、「ファイナルストロー」を外食のお供にします。

Images Courtesy of FinalStraw

Final Straw,Kickstarter

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    5. 健康な食事の基本。食生活にプラスしたいこと、マイナスしたいこと

    6. レモン水をめぐる5つの迷信

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    9. 肌の疾患が心臓病のリスクをあげる? 意外な5つの原因

    10. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    7. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    8. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    プラスチックゴミを減らす。ついに持ち運べるマイストローが登場

    FBからも最新情報をお届けします。