1. Home
  2. STYLE
  3. プラスチックゴミを減らす。ついに持ち運べるマイストローが登場

プラスチックゴミを減らす。ついに持ち運べるマイストローが登場

1,828

プラスチックストローをオンデマンドにするという記事を読んでいいアイディアだと思っていたのですが、それを上回るニュースが目に留まりました。

特許を取得した、環境に優しい、持ち運べるマイストロー

FinalStraw

その名も「FinalStraw(ファイナルストロー)」。ファイナルストローというのは最後の一撃という意味なのですが、製品名には「私たちに必要な最後の(唯一の)ストロー」という意味が込められています。世界初の折りたたみ式で再使用できるストローと謳っているファイナルストローは、特許つきで開発されました。

環境への影響を第一に考え、23センチのストローの本体はステンレス製BPAフリー、口当たりを考えて両端はプラスチックになっています。ホットにもコールドドリンクにも使えて、皿洗い機にも入れられると、至れり尽くせり。

1805_finalstraw_02

ケースはグレー、ピンク、ブルー、グリーンの4色から選べ、ストローの中を洗うためのツールもついています。環境に優しく持ち運びもできるのだから、もうこれを最後の(ファイナルな)ストローとして使うしかありませんね。これ1本で、1年で584本のプラスチックストロー(!)に相当するそうです。

クラウドファンディングで製品化へ

1805_finalstraw_03

現在、「ファイナルストロー」は「Kickstarter」でクラウドファンディング中、締切はアメリカ時間の2018年5月19日です。もちろん海外からも参加可、製品完成のあかつきには海外発送もします。すでに目標額を大幅に超える資金が集まっているので、製品化されそうです。

「straw(ストロー)」というのは、もともと「麦わら」の意味でした。それがいつしか、ストローといえばドリンクを飲むときに使うプラスチック製品を指すようになりました。子どものころから薄紙やビニールの包装を破ってストローを出すのは好きだけれど、やはり環境への影響は見過ごせません。あのプラスチックはリサイクル不可だというし。レストランのフォークやナイフがステンレスなどの金属製で、洗って使いまわされていることを考えれば、外食時に金属製のストローが使われるようになったとしてもまったく同じことですよね。

将来、ストローといえば、使い捨てのプラスチック製ではないもの、リユースできる「ファイナルストロー」のようなものが定番になったらいいなと思います。11月に製品が届いたら、「ファイナルストロー」を外食のお供にします。

Images Courtesy of FinalStraw

Final Straw,Kickstarter

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    3. 読者400人以上の「セックス事情」をリサーチ! 性欲の強さや赤裸々な悩みも......

    4. 花粉症がつらい。鼻づまりで夜も眠れない。すーっと爽やかなアイテム4選

    5. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    6. 【お悩み】セックスレスの話題を、相手にどう切り出したらいいのでしょうか?

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 医師・栄養士も推奨。食べたいものを諦めなくてOKなダイエット法とは?

    1. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    2. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    3. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 転がすだけでOK。肩こりも猫背も改善するフォームローラーって?

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    9. 「納豆キムチ」の健康パワーとは? この組み合わせがおすすめな理由

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    3. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    8. 一問一答で占う、2019年の運勢。あなたの恋愛運は?

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは