1. Home
  2. BODY
  3. どちらが体にいいの?ウォーキング「2分15回」と「10分3回」 [The New York Times]

どちらが体にいいの?ウォーキング「2分15回」と「10分3回」 [The New York Times]

1,478

GettyImages-900243370

Photo by Getty Images

「エクササイズは1回10分以上がよい」はホント?

2分間15回のウォーキングと、10分間3回のウォーキングの健康効果は一緒」。

合計時間が同じ運動を一度にまとめて行っても、短時間ずつ分散して行っても、寿命にもたらす効果はほぼ同じだということが新たな研究で明らかになりました。長時間のエクササイズをしなくても、短時間、頻繁に動けばいいという新たな発見です。

健康に関心のある人ならばご存じの通り、病気や早死にのリスクを減らすために米国のガイドラインでは、少なくとも1日30分、週5回以上の適度な運動を推奨しています。また、1回あたり10分以上の運動をして、合計30分を達成することを勧めています。

このガイドラインは、2008年、当時の最先端のエクササイズ科学に基づいて発表されたものでした。そのとき参考にされた研究の一つに、1回の運動時間が10分よりも短いとエアロビクスの効果が出ない、つまり持久力が上がらない(スタミナがつかない)という研究結果がありました。

しかし、持久力がつくことと、健康状態が改善することは必ずしも同じではありません。

最近、ガイドラインの見直しを始めた科学者や米保健当局は、最新の研究結果を集める中で、普通の人のエクササイズ習慣に関する信頼性の高い、客観的なデータを探しました。そして米疾病対策センター(CDC)が過去数十年間、毎年行っている米国民健康栄養調査で、米国人男女のライフスタイルと健康に関する詳細なデータに行き着きました。

2002年以降、この調査の中にアクセレロメーター(加速度計)を装着して、1日の運動量と運動した時間帯を正確に記録・追跡する検査がありました。これに参加した40歳以上の男女約4840人のデータを使用した研究結果が、米国心臓協会(AHA)の学会誌に発表したものです。

こまめに歩くだけで死亡リスク減

20180410_exercise_01

image via shutterstock

まず研究者たちはアクセレロメーターの数値から、各参加者が「中程度の運動」と「激しい運動」にそれぞれ何分ずつ費やしたか、1日の合計時間を割り出しました。中程度の運動とは基本、早歩きのことで、激しい運動とはジョギングのようなエクササイズと定義しています。

それから、さらに1回の運動が何分間続けられたかにも注目しました。5分間以上継続された運動は「集中的な」エクササイズとみなし、ビルのロビーを歩くとか階段を昇るといった5分に満たない運動は「散発的な」運動としました。

最後にこれらのデータと2011年までの参加者の生死のデータを重ね合わせたところ、運動が寿命に大きな影響を与えていることが判明しました。身体的に最もアクティブでないグループ、すなわち1日に行う適度な運動が20分に満たない男女は早死にのリスクが最も高かったのです。逆によく動く人たち、特に1日の中で合計1時間程度の運動をしていた人たちでは、死亡リスクが半分になっていました。

さらに、1日の運動時間をどのように分散させるかは関係ないことが明らかになりました。ウォーキングを5分以上、つまり集中的なエクササイズを5分以上続けた場合、早死にのリスクは減っていました。しかし、時々短時間歩くのでも、何度も歩けば同じ効果が得られていたのです。つまり大事なのは頻繁に体を動かすことだという結果でした。

「ここから分かることは、どんな運動でも有効だということです」と研究を率いたデューク大学のウィリアム・クラウス博士は言います。車から降りてオフィスまで歩いたり、階段を昇ったりといった「毎日の小さなことでも意味があり、病気や死亡のリスクに影響します。散歩に行くように長時間歩くことが難しくても、短時間歩くことを何度も心がければ、健康につながります」。

©️2018 The New York Times News Service[原文:Those 2-Minute Walk Breaks? They Add Up/執筆:Gretchen Reynolds](抄訳:Tomoko.A)

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. もっと食べるべき? それとも控える? 卵にまつわる6つの話

    2. 歯周病菌は女性ホルモンが好き? 30代で変えたいデンタルケアの基本

    3. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    4. 病気のサインかも? 生理不順になる7つの原因

    5. 「便秘でぽっこりお腹」をすっきりに導く、3つの習慣と3つの栄養素

    6. 活動量計って何がいいの?|30日間の夏コレ #19

    7. ミネラル入り麦茶は何がすごい? 駅伝の強豪校がとり入れるワケ

    8. 世界でたったひとつの扇子と自分らしい香りで涼しさと安らぎを

    9. シンデレラはどうなる? あなたのコミュニケーション力がわかる心理テスト

    10. 他人に振り回されない人になるには?

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 歯周病菌は女性ホルモンが好き? 30代で変えたいデンタルケアの基本

    4. ミネラル入り麦茶は何がすごい? 駅伝の強豪校がとり入れるワケ

    5. がんばらなくても幸せになれる人と、がんばっても幸せになれない人がいるのはなぜ?

    6. 病気のサインかも? 生理不順になる7つの原因

    7. 予防のためにやった方がよいことは? 乳がんにならないための10カ条

    8. シンデレラはどうなる? あなたのコミュニケーション力がわかる心理テスト

    9. 「便秘でぽっこりお腹」をすっきりに導く、3つの習慣と3つの栄養素

    10. え、この青アザいつできた? 簡単に青アザができてしまう理由7つ

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 消費期限を過ぎたら、「特に」飲むべきでない4つの飲み物

    3. 運はつくれる。“いいこと”をたぐり寄せる7つの感情習慣

    4. 歯周病菌は女性ホルモンが好き? 30代で変えたいデンタルケアの基本

    5. 「腹筋運動は意味なし」という悲しいお知らせ。効果的な腹筋エクササイズは?

    6. 浮き輪をすれば安心と思っていない? プールで子どもにさせてはいけない12のこと

    7. 頑固なおなかの脂肪を減らす方法9

    8. 「眠る前に食べてはいけない」は誤解です! 「睡眠の質」向上のため食べたいもの

    9. 身体のダメージは絶大。「のどの渇き」以外にもある、脱水症状のサイン9つ

    10. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    どちらが体にいいの?ウォーキング「2分15回」と「10分3回」 [The New York Times]

    FBからも最新情報をお届けします。