1. Home
  2. BODY
  3. どちらが体にいいの?ウォーキング「2分15回」と「10分3回」 [The New York Times]

どちらが体にいいの?ウォーキング「2分15回」と「10分3回」 [The New York Times]

1,005

GettyImages-900243370

Photo by Getty Images

「エクササイズは1回10分以上がよい」はホント?

2分間15回のウォーキングと、10分間3回のウォーキングの健康効果は一緒」。

合計時間が同じ運動を一度にまとめて行っても、短時間ずつ分散して行っても、寿命にもたらす効果はほぼ同じだということが新たな研究で明らかになりました。長時間のエクササイズをしなくても、短時間、頻繁に動けばいいという新たな発見です。

健康に関心のある人ならばご存じの通り、病気や早死にのリスクを減らすために米国のガイドラインでは、少なくとも1日30分、週5回以上の適度な運動を推奨しています。また、1回あたり10分以上の運動をして、合計30分を達成することを勧めています。

このガイドラインは、2008年、当時の最先端のエクササイズ科学に基づいて発表されたものでした。そのとき参考にされた研究の一つに、1回の運動時間が10分よりも短いとエアロビクスの効果が出ない、つまり持久力が上がらない(スタミナがつかない)という研究結果がありました。

しかし、持久力がつくことと、健康状態が改善することは必ずしも同じではありません。

最近、ガイドラインの見直しを始めた科学者や米保健当局は、最新の研究結果を集める中で、普通の人のエクササイズ習慣に関する信頼性の高い、客観的なデータを探しました。そして米疾病対策センター(CDC)が過去数十年間、毎年行っている米国民健康栄養調査で、米国人男女のライフスタイルと健康に関する詳細なデータに行き着きました。

2002年以降、この調査の中にアクセレロメーター(加速度計)を装着して、1日の運動量と運動した時間帯を正確に記録・追跡する検査がありました。これに参加した40歳以上の男女約4840人のデータを使用した研究結果が、米国心臓協会(AHA)の学会誌に発表したものです。

こまめに歩くだけで死亡リスク減

20180410_exercise_01

image via shutterstock

まず研究者たちはアクセレロメーターの数値から、各参加者が「中程度の運動」と「激しい運動」にそれぞれ何分ずつ費やしたか、1日の合計時間を割り出しました。中程度の運動とは基本、早歩きのことで、激しい運動とはジョギングのようなエクササイズと定義しています。

それから、さらに1回の運動が何分間続けられたかにも注目しました。5分間以上継続された運動は「集中的な」エクササイズとみなし、ビルのロビーを歩くとか階段を昇るといった5分に満たない運動は「散発的な」運動としました。

最後にこれらのデータと2011年までの参加者の生死のデータを重ね合わせたところ、運動が寿命に大きな影響を与えていることが判明しました。身体的に最もアクティブでないグループ、すなわち1日に行う適度な運動が20分に満たない男女は早死にのリスクが最も高かったのです。逆によく動く人たち、特に1日の中で合計1時間程度の運動をしていた人たちでは、死亡リスクが半分になっていました。

さらに、1日の運動時間をどのように分散させるかは関係ないことが明らかになりました。ウォーキングを5分以上、つまり集中的なエクササイズを5分以上続けた場合、早死にのリスクは減っていました。しかし、時々短時間歩くのでも、何度も歩けば同じ効果が得られていたのです。つまり大事なのは頻繁に体を動かすことだという結果でした。

「ここから分かることは、どんな運動でも有効だということです」と研究を率いたデューク大学のウィリアム・クラウス博士は言います。車から降りてオフィスまで歩いたり、階段を昇ったりといった「毎日の小さなことでも意味があり、病気や死亡のリスクに影響します。散歩に行くように長時間歩くことが難しくても、短時間歩くことを何度も心がければ、健康につながります」。

©️2018 The New York Times News Service[原文:Those 2-Minute Walk Breaks? They Add Up/執筆:Gretchen Reynolds](抄訳:Tomoko.A)

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    5. 健康な食事の基本。食生活にプラスしたいこと、マイナスしたいこと

    6. レモン水をめぐる5つの迷信

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    9. 肌の疾患が心臓病のリスクをあげる? 意外な5つの原因

    10. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    7. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    8. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    どちらが体にいいの?ウォーキング「2分15回」と「10分3回」 [The New York Times]

    FBからも最新情報をお届けします。