1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 季節の変わり目の、肌と身体のコンディショニング術

季節の変わり目の、肌と身体のコンディショニング術

かしこい食の方程式

季節の変わり目は、肌や身体のコンディションを崩しがち。暖かくなってきたのに、身体は冷えていたり、肌荒れをくりかえしたり……揺らぎやすいこの季節に改めて肌と身体の「健康美容」について考えてみました。

20180514_SKINTOP

肌のためにコラーゲンをとるといい理由

コラーゲンとはタンパク質の一種で、体をつくる構成要素。私たちの体は20%がタンパク質でできていて、そのうち30%をコラーゲンが占めています。例えば体重50kgの人だと、3kgがコラーゲンということになります。かなりの量になりますね。そして皮膚の40%はコラーゲンからできているのだとか。そう考えると、みずみずしいお肌づくりにコラーゲンが欠かせないのがわかります。

そんな大事なコラーゲンは日々減少、劣化していることを知っていましたか? これはなんとかしてコラーゲンを補いたいという気持ちになってきますね。それでは沢山のコラーゲンを摂取すればよいかと言うと、そうではありません。重要なのはコラーゲンの量より質

コラーゲンの中には、美肌になる信号を出す役割を担い、保湿に欠かせないヒアルロン酸の産生を促進し、お肌のコラーゲン量を増加させる特別なペプチドを含むものがあるそうです。

身体のコンディションを整えるには“冷え対策”

この時期に意外と多い冷えの悩み。「血管は寿命を決定する」と、血流とエイジングの関係について教えてくださったのは、大阪市立大学医学部の井上正康名誉教授。血管を手当することは万病から開放され、若さを保つことにつながるのだとか。血管や血流について、あまり意識したことはありませんでしたが、酸素や栄養素を体中に行きわたらせ、老廃物を運び出す血流と老化は、確かに関係がありそうです。そして、末梢血流が低下すると体温が下がり、冷えの悩みになります。井上教授によると「仕事柄、毎日無意識に血管マッサージをやっている、指揮者やピアニストの平均寿命が長いことはよく知られた事実」だそうです。冷え悩みを改善して身体を整えるために、血流を軽視するわけにはいきませんね。

美味しく飲めるコラーゲンドリンク

コラーゲンに興味はあっても、効果に対する不信や飲みにくそうなイメージがありトライできずにいました。そんなイメージを払拭するコラーゲンドリンク「ヘスペリジン&コラーゲン」が、4月25日に江崎グリコ株式会社から発売されました。

20180514_02

日本で初めて肌への機能が実証されたコラーゲンを配合した、美肌のためのドリンクです。さらに血流への機能が確認された柑橘由来成分「ヘスペリジン」も配合という、Wの機能表示を併せ持っています。

女性を対象にした試験結果では、末梢血流を整えることで、冷えによる皮膚表面温度の低下が軽減され、目の下の血行不良によるクマを改善することができたのだとか!

「肌の潤いを保つ」「冷えで低下した末梢血流を整える」という、2つの機能がセットになった機能性表示食品「ヘスペリジン&コラーゲン」。「健康と笑顔とおいしさ」をテーマに、食品や飲料を世に送り出しているグリコなので、ドリンク感覚でゴクゴク飲めるおいしさ。さっぱり爽やかなマンゴーオレンジ風味なので、これからの季節にもぴったりです。

製品名:ヘスペリジン&コラーゲン

種類別:清涼飲料水

内容量:100ml 価格:15本3,240円

小林純子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. ふたりの関係に刺激をプラス! カップルに試してほしいこと<後編>

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    6. 自分に合う仕事を探していませんか? | 禅僧のおことば 18

    7. ロマンスを進める準備はできてますか? カップルに試してほしいこと<前編>

    8. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    9. ヘルシーな血管に! 「食べる輸血」といわれるビーツのおいしい食べ方

    10. ほっこり体の芯から温まる。うま味引き立つ、具だくさん豚汁

    1. 太りやすい人、太りにくい人の違いって何? ドクターに聞きました

    2. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    5. 4人に3人は経験する膣カンジダ。自分で簡単に治せます!

    6. 便秘改善に効果的な8つの方法。まずは、おならを出そう

    7. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    10. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    7. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    8. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    9. ヘルシーそうでも意外とNG? 糖尿病なら避けたい食べ物7種(前編)

    10. おやつ代わりに! ヘルシー&空腹になりにくい低糖フルーツ9種

    季節の変わり目の、肌と身体のコンディショニング術

    FBからも最新情報をお届けします。