1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 季節の変わり目の、肌と身体のコンディショニング術

季節の変わり目の、肌と身体のコンディショニング術

かしこい食の方程式

季節の変わり目は、肌や身体のコンディションを崩しがち。暖かくなってきたのに、身体は冷えていたり、肌荒れをくりかえしたり……揺らぎやすいこの季節に改めて肌と身体の「健康美容」について考えてみました。

20180514_SKINTOP

肌のためにコラーゲンをとるといい理由

コラーゲンとはタンパク質の一種で、体をつくる構成要素。私たちの体は20%がタンパク質でできていて、そのうち30%をコラーゲンが占めています。例えば体重50kgの人だと、3kgがコラーゲンということになります。かなりの量になりますね。そして皮膚の40%はコラーゲンからできているのだとか。そう考えると、みずみずしいお肌づくりにコラーゲンが欠かせないのがわかります。

そんな大事なコラーゲンは日々減少、劣化していることを知っていましたか? これはなんとかしてコラーゲンを補いたいという気持ちになってきますね。それでは沢山のコラーゲンを摂取すればよいかと言うと、そうではありません。重要なのはコラーゲンの量より質

コラーゲンの中には、美肌になる信号を出す役割を担い、保湿に欠かせないヒアルロン酸の産生を促進し、お肌のコラーゲン量を増加させる特別なペプチドを含むものがあるそうです。

身体のコンディションを整えるには“冷え対策”

この時期に意外と多い冷えの悩み。「血管は寿命を決定する」と、血流とエイジングの関係について教えてくださったのは、大阪市立大学医学部の井上正康名誉教授。血管を手当することは万病から開放され、若さを保つことにつながるのだとか。血管や血流について、あまり意識したことはありませんでしたが、酸素や栄養素を体中に行きわたらせ、老廃物を運び出す血流と老化は、確かに関係がありそうです。そして、末梢血流が低下すると体温が下がり、冷えの悩みになります。井上教授によると「仕事柄、毎日無意識に血管マッサージをやっている、指揮者やピアニストの平均寿命が長いことはよく知られた事実」だそうです。冷え悩みを改善して身体を整えるために、血流を軽視するわけにはいきませんね。

美味しく飲めるコラーゲンドリンク

コラーゲンに興味はあっても、効果に対する不信や飲みにくそうなイメージがありトライできずにいました。そんなイメージを払拭するコラーゲンドリンク「ヘスペリジン&コラーゲン」が、4月25日に江崎グリコ株式会社から発売されました。

20180514_02

日本で初めて肌への機能が実証されたコラーゲンを配合した、美肌のためのドリンクです。さらに血流への機能が確認された柑橘由来成分「ヘスペリジン」も配合という、Wの機能表示を併せ持っています。

女性を対象にした試験結果では、末梢血流を整えることで、冷えによる皮膚表面温度の低下が軽減され、目の下の血行不良によるクマを改善することができたのだとか!

「肌の潤いを保つ」「冷えで低下した末梢血流を整える」という、2つの機能がセットになった機能性表示食品「ヘスペリジン&コラーゲン」。「健康と笑顔とおいしさ」をテーマに、食品や飲料を世に送り出しているグリコなので、ドリンク感覚でゴクゴク飲めるおいしさ。さっぱり爽やかなマンゴーオレンジ風味なので、これからの季節にもぴったりです。

製品名:ヘスペリジン&コラーゲン

種類別:清涼飲料水

内容量:100ml 価格:15本3,240円

小林純子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    2. 一品200kcalが目安! 栄養士に習う「低カロリーなおかず」11選

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 自分を思いやっていますか? 禅僧が教える、5秒でできる心の筋トレ

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 糖質制限ダイエットの正しい方法。お腹いっぱい食べてもOK!

    10. お米を食べないと逆に太る? 糖質制限ダイエットの落とし穴

    1. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    2. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    3. お米を食べないと逆に太る? 糖質制限ダイエットの落とし穴

    4. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    5. 脂肪や糖の吸収をカットできる成分とは? 普段のドリンク選びのコツ

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    9. 体重ばかりにとらわれないで。実はダイエット効果が出ている10の兆候

    10. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    6. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    7. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    8. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    9. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン