1. Home
  2. BODY
  3. 骨を丈夫にする強力なワークアウト3つ

骨を丈夫にする強力なワークアウト3つ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

20180514_mind_01

始めてみると実感するかもしれません。今回紹介する3つのワークアウトは「身体に強い衝撃がかかる動き」で、骨を作り、結合組織(上皮、筋肉、神経以外の組織)と筋肉を強くするのです。そうして速く歩くのがずっと楽に。

ジャンピング(跳び上がること)も、着地の練習になるので、反射神経がよくなって、転びにくくなります。それぞれの運動を15〜30秒間、最大1分まで。ただし、関節に問題がある人にはおすすめできません。

ストレートジャンプ(真上に跳ぶ)

20180510_comp2

Hilmar Hilmar

A.足をそろえて立ち、おしりが少し下がるくらいに膝を曲げます。背中はまっすぐ伸ばして、腕はまっすぐ下に垂らします。

B.腕で弾みをつけて、上に高く跳び上がります。腕を下ろし、膝を曲げて着地し、このジャンプを続けます。

サイドホップ(片足横跳び)

20180510_comp3

Hilmar Hilmar

A.立った姿勢で、肘が90度になるように腕を曲げ、拳を作ります。少し腰を下げて、体重を右足に移し、左足を床から30cmほど持ち上げます。腕を押し上げながら(拳が耳のあたりに来るまで)、左側にホップ(片足跳び)します。

B.跳び上がっている間に、上げている脚を換え、左足で着地します(降りるときには左膝が曲がっています)。左右交互にホップを続けます。

ジャンピングランジ

20180510_comp4

Hilmar Hilmar

左脚を前に出して立ち、左脚の太ももが床と平行になるように膝を曲げ(左膝がつま先より前に出ないように気をつけて)、右足は後ろに引いてつま先で支えます(ウエイトトレーニングの一種「ランジ」の姿勢)。腕は走るときのように肘を曲げて。そのまま上に跳び上がって、前後の脚と腕を換え、右足を前、左足を後ろにして着地します。このジャンプとランジを繰り返します。

Denise Austin/3 High-Impact Moves Your Bones Want You To Do

訳/STELLA MEDIX Ltd.

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    3. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    4. 知らない間にストレスを蓄積させている行動習慣とは

    5. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 夜のお出かけ前はこれだけやればOK!「お疲れ顔」がよみがえるメイク直しテク

    8. ちょっとくらい掃除をさぼっても大丈夫! 半永久的に抗菌できる加湿器

    9. オバマ夫妻も取りくんだ不妊治療、IVF(体外受精)について知りたい

    10. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    5. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    6. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    7. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 肺がんにならないために、今日からできること10

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    骨を丈夫にする強力なワークアウト3つ

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More