1. Home
  2. MIND
  3. 五月病にならないヒントと、なっても乗り切るポイント3つ

五月病にならないヒントと、なっても乗り切るポイント3つ

キャメレオン竹田からのラブレター

5,377

キャメレオン竹田

20180508_loveletter

こんにちは、キャメレオン竹田です。五月病にならないヒントは? なっても抜け出すにはどうしたらいいのでしょう? そもそも新しい環境に無理に合わせようとするから、自分がブレて不安定になってしまうのです。だからと言って、周りの人や環境を変えることは難しいですね。

というわけで、3つのポイントをあげてみましたので、参考にしてみてください。

1. 変に気を遣い過ぎない

周りに気を遣い過ぎると、逆に周りも気を使ってしまいうので悪循環です。心地よい環境を望むならば、まずは自分の心の緊張を解きぼぐしてリラックスする時間を増やすことが先決。ホッとする時間を出社前につくるなどして、心を緩める練習をしていきましょう。

あとですね、みんなと同じでなくてもいいということを知っておきましょう。日本人は子どものころからの学校教育で「みんな同じにならないといけない!」といった洗脳があります。みんながこうだから、普通はこうだから……などに捉われない練習もしていくといいでしょう。

みんながこうでも、わたしはこう! 普通はこうでも、わたしはこう! 周りを尊重することも大事ですが、それと同じくらい、自分自身を尊重することも忘れてはなりません。ここをないがしろにしてしまっている人が多いです。あなたはロボットでもないし、奴隷でもありません。一人の大切な人間です。奴隷反対~~~!!!

2. 自分の気持ちを自分で認めてあげる

ここだけのはなし……立場、年齢関係なく、変な人ってたくさんいます! 逆に言うと、完璧な人間は存在しません

理不尽なことを言われることもあるかもしれません。そんなとき、私たちはついつい自分を責めてしまい、罪悪感というものを植え付けられそうになります。すると、自分で自分を追い込むかたちとなり、精神的にキツくなります。

ですが、ちょっと待ってください。もしかして、その上司は自分の身の上にムカつくことがあって、ただあなたに当たっていることがあるかもしれません。よく考えて「なんか変だぞ!」と思ったときは、ちゃんと自分に対して自分が味方になってあげましょう

3. いい仕事をすることに関して遠慮はしなくていい

説明されても意味が分からないことや、「何度も聞いたら怒られるかも?」と思って聞けない……とかあるかもしれません。そうやって変に遠慮をしていると、ミスにつながって余計に迷惑です。説明する人は、わかりやすく説明する義務がありますし、先輩は、後輩にきちんと教えてあげる役割もあります。というわけで、遠慮せずガツガツ学びましょう!

最後にひとつだけ付け加えるとすると、あなたは誰が何と言おうと価値がある人間です。仕事ができるとかできないとかと、人間としての価値はまったく関係ありません。これらを同じと思ってしまうから、精神的に支障をきたしてしまうのかもしれません。

恋愛も同じですね。相手に拒絶されると、人間としての価値を否定された気分になるでしょう。でも、それは単なる相性とか縁ですからね! 仕事もそんなもんです。

もっとお気楽に生きましょう! 人生は楽しむためにあるのですから。

「キャメレオン竹田からのラブレター」をもっと読む

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 腹痛や急にトイレに行きたくなる。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    2. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    5. いまこそ知っておきたい、「生理」と「ピル」の基礎知識

    6. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    7. 「自分は大丈夫」と思わないで。がんを克服した9人のアドバイス

    8. 防水なのに蒸れない。ザ・ノース・フェイスが開発したウエアが革新的!

    9. 同僚へのミスの指摘。「敵」と見なされないために気をつけたいこと

    10. トレーナーに聞いた! 結果が出る筋トレとは?

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. 腹痛や急にトイレに行きたくなる。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    8. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    9. 何十年も熟睡できなかった男性が行き着いた、究極の快眠方法とは?

    10. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験