1. Home
  2. MIND
  3. うつ病の症状が睡眠不足で軽くなると、アメリカで発表

うつ病の症状が睡眠不足で軽くなると、アメリカで発表

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

8,165

MYLOHAS編集部

まさかと思われるかも知れませんが、ペンシルべニア大学の研究グループは、睡眠時間を削ることでうつの症状を軽くできると報告しました。しかも半分も。

専門家の指導と管理の結果、抗うつ薬のような効果も

20180507_sleep

image via Shutterstock

米国の精神医学の雑誌で発表されたのですが、世界の66の研究を分析した結果です。うつ病と気分についてさまざまな基準から症状の改善を調べたものや、症状が軽くなった人の割合を調べたものを調べたのです。

1日3時間睡眠(20〜21時間は起きていて、残りの3〜4時間で眠る)の人と、まったく眠らない人(36時間連続して目がさめている)のうつの症状が、同じくらい軽くなったと判明。薬物療法でうつ病を治そうとすると、症状の改善までにかなりの時間がかかるのですが、あえて睡眠不足になるというアプローチによりわずか1日でそれと同じくらいの効果がかなえられました

もっとも、ブルーな気分だといってやみくもに眠らないのは安易。研究は、きちんと管理されたなかで、入院したうえで行われたもの。無理に目を閉じないでいるとうつ病の症状はかえって悪化することも考えられます。不眠症の人については、正常に眠れる人より不安症とうつ病の両方になりやすくなるという研究もあります。

睡眠時間を削るのは、自分だけでやるようなものでなく、専門家の指導と管理のもとで行うもので、魔法の治療でもありません。確かに睡眠不足の状態になると抗うつ薬のような効果がすぐに現れましたが、半分の人では効果は続かなかったのです」とペンシルベニア大学のエレイン・ボーランドさん。

一部の人では効果的

20180507_sleep1

image via Shutterstock

ネバダ大学のダスティン・ハインズさんも、睡眠不足を起こす治療が、だれにとっても理想的であるわけではないという意見。ただし、一般的な薬よりも、一部の患者さんにはよい効果がありそうだとも見ています。薬では何週間もかかるのに、睡眠不足を引き起こすと効果が速やかに出てきたのですから。その点はこの研究のポジティブなところ。速くて、効果的。さらに副作用があっても、睡眠を元に戻せばよいのです」

うすうす知られていた 考え方

うつ病の治療に対する睡眠不足の効果は何も新しい考え方ではなく、過去30年間の研究成果をデータ分析したものです。うすうすその奇妙な治療は可能性があると気づかれていたのです。でもなぜ効いていて、診療でどう位置づけるのかという判断根拠はありませんでした。

「うつ病のときに睡眠不足になると脳でどんなことが起きているかわかれば、同じような反応を起こす治療も有望と考えられます。うまくいけばその反応を強くする方法まで見つかるかもしれません」とボーランドさんは言います。

なぜ効くのか、追加調査が必要

いったい何が今回のような効果を引き出したのか。抗うつ薬よりも効いて、多かれ少なかれうつ病の人に効果が出たのです。

抗うつ薬と同じように、睡眠不足になれば副作用も要注意。物事を判断したり、反応したりしにくくなります。眠いとジャンクフードに手を伸ばしやすくなることもわかっています。「うつ病の人に、症状を軽くするために夜起きていて、と言ったりするようなことはしません。さらに医師や精神医療の関係者で追加の調査をするのが一番です」とボーランドさんは考えています。

Kristen Fischer/Depressed? Sleep Deprivation Might Help (Yes, Seriously)

訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    4. ぽっこりお腹を撃退! ついでに「姿勢もよくなる」動きって?

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. ベッドに溶け込むバターのようになって、10分で寝落ちする方法

    7. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    8. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    9. 運動不足になりがちな冬こそ、コレですっきり! フォームローラー5選

    10. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    6. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    7. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    8. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?