1. Home
  2. BODY
  3. 心身の健康に役立つ、適度な運動量ってどのくらい?

心身の健康に役立つ、適度な運動量ってどのくらい?

運動不足だとわかっている!

6,003

片岡理森

心身を健康的に保つためには、バランスのとれた食事と質の良い睡眠、そして適度な運動が必要だとよくいわれています。でも、「適度な運動」って具体的に何をどれくらいやればいいのでしょうか?

理想の運動量は、1週間に30分程度を複数回

180507_exercise

image via shutterstock

この「何をすればいいのか具体的にわからない」という状況が、日常的な運動不足につながっているようにも思えます。そんななか、世界保健機関米国疾病予防センター米国心臓協会の3機関による「適度な運動」についてのガイドラインを発見。

・ウォーキングなど、中程度の運動を週150分。できれば1回30分を5回に分けるのが理想。
・ランニングなど、激しい運動を週に75分25分を3回が理想。
・10分未満の運動は1回にカウントせず、できるだけ1週間のうちにまんべんなく分散させる(つまり、1回で90分やっても十分ではない)。
(中略)ここで紹介している運動量の基準は、65歳までの人向け。

(「ライフハッカー[日本版]」より引用)

時間や体力に余裕がある人は、中程度の運動と激しい運動を組み合わせてもよさそうですが、どちらかだけでもいいそうです。

私はてっきり運動不足だと思い込んでいたのですが、毎日30分以上は歩いているので、中程度の運動はクリアしていたのだと知って安心しました。そしてさらに意外だったのは、体にいいからといって1日に長時間やり過ぎるのはよくないということ。アスリートは別にして、一般人がハードなトレーニングを長時間やることは、体にダメージを与えて逆効果になるようです。

少し運動が足りないなと思ったら、あまり難しく考えず、例えばエスカレーターじゃなくて階段を使ったり、移動のときに1駅分歩いたりするだけでもよさそう。生活のなかに気軽に運動を組み入れられるよに、日ごろから歩きやすい靴を履くように心がけたいと思います。

ライフハッカー[日本版]

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由