1. Home
  2. MIND
  3. 立夏の日からの過ごし方:初夏は森林浴でリフレッシュ! 端午の節句は菖蒲湯で心身を健やかに

立夏の日からの過ごし方:初夏は森林浴でリフレッシュ! 端午の節句は菖蒲湯で心身を健やかに

暮らしに活かす二十四節気

1,873

景山えりか

花々が咲き誇る春から、新緑がまぶしい季節になりました。そよそよと吹く風が、初夏の清々しさをはこんできます。

暮らしに活かす二十四節気「立夏」の過ごし方

rikka_001

立夏(りっか)
・毎年5月6日頃
・太陽と地球の関係:45度

今日(2018年5月5日)は、二十四節気の「立夏」です。

暦のうえでは夏のはじまりを意味します。新緑が目立つようになり、爽やかな陽気が続くせいか、「どこかへ出かけたい」「散歩でもしてみようかな」といった気分になりませんか? だとしたら、それは心身が自然のリズムと調和している証拠。日ごとに木々の緑が濃くなり、万物が成長する立夏の頃は、私たちの体と心にもエネルギーが満ち溢れ、活動的になるからです。

自然のリズムにあわせた養生法において、立夏の時季は心身ともにのびのびと、気持ちよく体を動かし、汗を流して発散することをよしとします。

そこでおすすめしたいのが森林浴です。森や緑豊かな公園の中を、積極的に歩いてみましょう。キラキラと降り注ぐ木洩れ日、フレッシュな緑の香り、ひんやりとした新鮮な空気。想像するだけで、気持ちがいいですよね。

実際、樹木が発散している揮発性の化学物質・フィトンチッドは、リラックス効果や免疫細胞を活性化させるなどの働きがあるといわれています。森の中を歩くだけで、活力が与えられ、気力を回復させる効果があるというわけです。

アロマを使って森林浴気分を自宅で楽しむ

とはいえ、仕事や日々の暮らしがあると、緑豊かな場所まで出かけるのが難しいこともあるかもしれません。また、屋外だと紫外線も気になります。そんなときは、アロマを活用しましょう。

ヒノキやスギ、パイン(松)、サイプレスなどは、室内で森林浴気分が味わえる代表的なアロマ。ディフューザーで拡散すれば、爽やかですっきりとした香りが部屋いっぱいに広がって、気分は森の中。短時間でリフレッシュできますよ。

また、ハンカチに精油を1~2滴たらしておくと、そのハンカチを使うたびにほんのりと森の香りが漂い、化粧室でも気分転換できます。

菖蒲湯に入って邪気や厄を払う

立夏の頃の行事といえば、「端午の節句」が有名です。「端」には「初め」という意味があり、端午とは月初めの「午(うま)の日(五日)」をさします。本来は5月に限りませんが、5月5日は奇数が重なって縁起がいいとして、節句の日になりました。

鯉のぼりや武者人形を飾って、男の子の健やかな成長を願う日として知られていますが、もともとは体を清めて邪気を払う日。香り高い菖蒲(しょうぶ)や蓬(よもぎ)の束で軒先や屋根を飾り、邪気を払って病気を遠ざけようとしたのだそう。5月5日に「菖蒲湯」に入る習わしも邪気や災厄払いからきていて、入浴すると1年間健康でいられるといわれています。

ところで、菖蒲と聞くと、紫色の花を咲かせた「花菖蒲」や「アヤメ」を思い浮かべる人が多いと思います。ですが、花菖蒲やアヤメはアヤメ科の植物。湯船の入れるのはサトイモ科の菖蒲で、まったくの別物です。立夏の頃にお花屋さんをのぞくと、細長い剣のような形をした葉っぱの束が売られているのを見かけます。それが、サトイモ科の菖蒲で、湯船に入れる植物です。ご自宅で菖蒲湯を楽しみたいときには、間違えないようにご注意を。

次に巡ってくる二十四節気は、「小満(2018年5月21日)」です。


イラスト・カイフチエリ

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析