1. Home
  2. MIND
  3. 立夏の日からの過ごし方:初夏は森林浴でリフレッシュ! 端午の節句は菖蒲湯で心身を健やかに

立夏の日からの過ごし方:初夏は森林浴でリフレッシュ! 端午の節句は菖蒲湯で心身を健やかに

暮らしに活かす二十四節気

1,736

花々が咲き誇る春から、新緑がまぶしい季節になりました。そよそよと吹く風が、初夏の清々しさをはこんできます。

暮らしに活かす二十四節気「立夏」の過ごし方

rikka_001

立夏(りっか)
・毎年5月6日頃
・太陽と地球の関係:45度

今日(2018年5月5日)は、二十四節気の「立夏」です。

暦のうえでは夏のはじまりを意味します。新緑が目立つようになり、爽やかな陽気が続くせいか、「どこかへ出かけたい」「散歩でもしてみようかな」といった気分になりませんか? だとしたら、それは心身が自然のリズムと調和している証拠。日ごとに木々の緑が濃くなり、万物が成長する立夏の頃は、私たちの体と心にもエネルギーが満ち溢れ、活動的になるからです。

自然のリズムにあわせた養生法において、立夏の時季は心身ともにのびのびと、気持ちよく体を動かし、汗を流して発散することをよしとします。

そこでおすすめしたいのが森林浴です。森や緑豊かな公園の中を、積極的に歩いてみましょう。キラキラと降り注ぐ木洩れ日、フレッシュな緑の香り、ひんやりとした新鮮な空気。想像するだけで、気持ちがいいですよね。

実際、樹木が発散している揮発性の化学物質・フィトンチッドは、リラックス効果や免疫細胞を活性化させるなどの働きがあるといわれています。森の中を歩くだけで、活力が与えられ、気力を回復させる効果があるというわけです。

アロマを使って森林浴気分を自宅で楽しむ

とはいえ、仕事や日々の暮らしがあると、緑豊かな場所まで出かけるのが難しいこともあるかもしれません。また、屋外だと紫外線も気になります。そんなときは、アロマを活用しましょう。

ヒノキやスギ、パイン(松)、サイプレスなどは、室内で森林浴気分が味わえる代表的なアロマ。ディフューザーで拡散すれば、爽やかですっきりとした香りが部屋いっぱいに広がって、気分は森の中。短時間でリフレッシュできますよ。

また、ハンカチに精油を1~2滴たらしておくと、そのハンカチを使うたびにほんのりと森の香りが漂い、化粧室でも気分転換できます。

菖蒲湯に入って邪気や厄を払う

立夏の頃の行事といえば、「端午の節句」が有名です。「端」には「初め」という意味があり、端午とは月初めの「午(うま)の日(五日)」をさします。本来は5月に限りませんが、5月5日は奇数が重なって縁起がいいとして、節句の日になりました。

鯉のぼりや武者人形を飾って、男の子の健やかな成長を願う日として知られていますが、もともとは体を清めて邪気を払う日。香り高い菖蒲(しょうぶ)や蓬(よもぎ)の束で軒先や屋根を飾り、邪気を払って病気を遠ざけようとしたのだそう。5月5日に「菖蒲湯」に入る習わしも邪気や災厄払いからきていて、入浴すると1年間健康でいられるといわれています。

ところで、菖蒲と聞くと、紫色の花を咲かせた「花菖蒲」や「アヤメ」を思い浮かべる人が多いと思います。ですが、花菖蒲やアヤメはアヤメ科の植物。湯船の入れるのはサトイモ科の菖蒲で、まったくの別物です。立夏の頃にお花屋さんをのぞくと、細長い剣のような形をした葉っぱの束が売られているのを見かけます。それが、サトイモ科の菖蒲で、湯船に入れる植物です。ご自宅で菖蒲湯を楽しみたいときには、間違えないようにご注意を。

次に巡ってくる二十四節気は、「小満(2018年5月21日)」です。


イラスト・カイフチエリ

景山えりか

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン