1. Home
  2. SPORTS
  3. デンマークのウェルネスを感じて。「hummel women」初のヨガ&フィットネスウエア

デンマークのウェルネスを感じて。「hummel women」初のヨガ&フィットネスウエア

1,496

松崎桃子

hummel」と聞くと、本格的なスポーツ用品メーカーで、サッカー好きにはおなじみのブランドです。そんな「hummel」が、この春、新しい試みをスタートしました。

待望のウィメンズアパレルをローンチ

hummel_01

1923年創業、デンマークのスポーツブランド「hummel」は、1998年から、レトロトレンドに着目したスポーツファッションをスタート。北欧ブランドらしいシンプルで洗練されたデザインでヨーロッパを中心に世界45ヶ国以上で展開しています。

その 「hummel」が、2018年4月20日、日本橋COREDOに「hummel women」の直営店をオープンしました。スポーツアパレルのほか、一点もののヴィンテージの食器や花瓶をはじめとした雑貨も展開。美しいカラダと穏やかで健やかなこころをつくり、サポートするブランドを目指します。

hummel_04

そして、今回、この「hummel women」のブランディングとコンセプトメイキングを手がけたのがブランディングディレクターの行方 ひさこさん。汗をかくスポーツブランドのイメージをどのように変えていったのかお聞きしました。

「今回、お話いただいたときに、これまでのものを一切無視して、自分なりのコンセプトを立てさせていただき、いまの時代とヒュンメルのルーツとデンマークを掘り下げていきました。
デンマークに関する本をたくさん読んで、実際に行ってみたんですけど、陽があたらない時期も長く、自殺率も高いんです。だからこそ、ヒュッゲの考えのように、暗い時期をいかに楽しく過ごすのかが大事
内側に目を向けて自分がどうしたいのか、どうなったらハッピーかを考えると、それがヨガのマインドに似ているなと思って。ネガティブをポジティブにしていくことを頭におきながら作り上げました。」(行方さん)

自分らしくあり続けるスタイル

hummel_02

そんな思いで誕生した春夏コレクションは、FUNCTIONAL、URBAN、WELLNESSをキーワードに掲げ、見た目の美しさと機能のバランスがとれたヨガ&フィットネスウエアがランナップ

キーカラーのグレイッシュパープルを中心とし、ありのままの自分を優しく包んでくれるニュアンスカラーを展開。体のラインをよりスタイリッシュに美しく見せるパターンやディティールがたくさん詰め込まれています。
「がんばってエクササイズするよりもヨガをこれから始めてみたかったり、家の中でやってみたいという気分の人も多いと思います」と、行方さんも言うように、吸汗速乾などの機能性だけでなく、美しさやリラックスのバランスを考えて作られているため、デイリーウエアとしても活躍します

デンマークから家具や雑貨をセレクト!

hummel_05

さらに、お店にはロイヤルコペンハーゲンなどデンマークブランドの雑貨やアンティークもラインナップされ、デンマークの暮らしを身近に感じられます。椅子、ダイニングテーブルなどの家具も販売予定で一点もののアンティークは随時いいものがあれば入ってくるとのこと。これは、こまめにお店に立ち寄りたいですね。

「遊びに来てくれた方が、気づきやワクワクなど少しでも何か持って帰ってくれるようなお店にしていきたいです。また今後は、楽しく身体を動かすイベントや発酵教室などのワークショップもやっていきたいと思います。全部を含めてブランドとして提案していけたらと思います。」(行方さん)

hummel_03

ウェルネスなデンマークの価値観を軸にしながら温かくて居心地の良い生活そのものをデザインする「hummel women」。「hummel women」から、国民の幸福度が高いデンマークをダイレクトに感じ、そのエッセスンスをわたしたちの生活に取り入れてみてはいかがですか。

ヒュンメルウィメンズストア
住所:東京都中央区日本橋1-4-1 コレド日本橋3階
TEL. 03-6262-3388
定休日:コレド日本橋による

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた