1. Home
  2. EAT
  3. 食べた栄養分をしっかり吸収するために、使い過ぎてはいけない食料品って?

食べた栄養分をしっかり吸収するために、使い過ぎてはいけない食料品って?

6,525

冠ゆき

レトルト、フリーズドライと保存食品のレパートリーも増えましたが、昔ながらの乾物や缶詰もいまだ健在です。なかでも缶詰は、水戻しの必要もなく、開ければすぐに使える食品として常備する家庭も多いことでしょう。

1805_cannedfood

image via shutterstock

推奨摂取量の100倍の亜鉛が含まれる缶詰食品

そんな便利な缶詰ですが、使いすぎるのは考え物と分かる研究結果Royal Society of Chemistry(英国王立化学会)の機関誌『Food and Function(2018年3月号)』に発表されました。研究したのは、ニューヨーク州立大学ビンガムトン校バイオメディカル工学科のメンバーです。

缶詰には、ナノ粒子の形で酸化亜鉛が含まれます。これは、抗菌目的、あるいは食品の変色を防ぐために用いられています。

(「Top Santé」から翻訳引用)

けれども、その亜鉛ナノ粒子の健康への影響はこれまで研究されたことがありませんでした。そこでビンガムトン校の研究者たちは、まず、もともと亜鉛の含有量が少ない食品であるツナ、コーン、アスパラガスの缶詰を分析しました。

(すると、)これらの食品は、一日の推奨摂取量の100倍にも及ぶ亜鉛を含むことが分かりました。

Royal Society of Chemistryから翻訳引用)

亜鉛は、どちらかというと現代人に不足がちという印象の栄養素ですが、缶詰を食べることで過剰摂取もありえることが分かります。

過剰な亜鉛により栄養の吸収効率を下げる可能性

続いて、小腸細胞の栄養吸収機能を、亜鉛ナノ粒子に接触させる前と後で測定し比較したところ、次のことが分かりました。

亜鉛ナノ粒子に接触したあとの細胞は、鉄分の吸収は75%、グルコースの吸収は30%減少しました。

Royal Society of Chemistryから翻訳引用)

また、腸の形状自体にも影響を及ぼす可能性があることが分かりました。

亜鉛ナノ粒子は、小腸細胞の絨毛にも影響を与えることがわかりました。それにより、栄養分を吸収する表面積が減少するのです。

Royal Society of Chemistryから翻訳引用)

絨毛は、腸内にある細かなひだのこと。これがあるために、栄養吸収の機能をもつ腸内部の表面積がずっと大きくなっているのです。その絨毛が減ったり形が変わったりしてしまえば、栄養の吸収率も悪くなってしまいます。

何事も過ぎたるは及ばざるがごとし。缶詰を食卓から追放する必要はないでしょうが、毎日ではなく、時々、それも副菜に活用するなど、補助的な使い方にとどめるようにしたいものです。

Royal Society of Chemistry,Top Santé

    specialbunner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?