1. Home
  2. BODY
  3. 不足しがちなビタミンD、上手に取るための方法15

不足しがちなビタミンD、上手に取るための方法15

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

8,594

ビタミンDは日光に当たると体内で作られることから“日光ビタミン”として知られます。

でも、Preventionとサプリメント会社セントラムの調査によると、「日光浴でビタミンDを増やそう」と考えている人は少数派。事実、「日光浴から」と考えるのは大きな間違いに。

「5月から10月の間、日光では十分なビタミンDを作り出せません。(米国では)特にアトランタ以北では」とアメリカ栄養協会の広報で管理栄養士のアリシア・ザネコスキーさん。

メーン大学の研究によれば、冬の終わりに検査した半数近くの人にビタミンDが不足。おそらく日光不足が理由なんです。

ビタミンDのいくつものメリット

shutterstock_600651830

日焼け止めを用心深く使うことも問題を厄介に。SPF15の日焼け止めは、身体がビタミンDを作り出すのに使う、紫外線B波を93%ブロック。皮膚も年齢とともにビタミンDを生成するのが難しくなってくるんですが、ビタミンDが身体にとってよいというエビデンスが増えているだけに問題です。長年、骨の健康と関連があるとされていましたが、免疫を整え、血圧を下げ、うつから守り、2型糖尿病、高血圧、数種類のがんのリスクを下げているのです。

カルフォルニア州立大学サンディエゴ校医学部の2014年の研究によるとビタミンDの数値が低い人々は早死にする可能性が2倍になるとされています。

ビタミンDを取れていますか?

では、ビタミンDを十分に取れていますか? 70歳以下の人のビタミンDの栄養所要量は600IU(国際単位)。70歳以上は800IUです。専門家によると、この水準は低すぎ。「栄養所要量が増やされるかもしれないという話も。多くの医師は血中濃度の低い人は1日2000ミリグラム摂取することを推奨しています」(ザネコスキーさん)

Preventionとセントラム社が実施した最近の栄養事情調査では、当然多くの回答者がビタミンD不足を心配。22%はビタミンDを取れる食べ物に強い関心を抱いています。

しかしサーモンからよく取れると知っていたのは9%、栄養強化豆腐ではわずか5%。

ビタミンDを取る15の方法

1-3

天然物の魚 (85gの鮭に425IU 85gのサバに547IU)

2

牛肉または子牛の肝臓 (85gで42IU イワシ99gで270IU)

3

卵黄 (卵1個で41IU)

4

缶詰の魚 (マグロ85gで154IU)

5

シイタケ (1カップで40IU)

6

牛乳(全乳、ノンファット、低脂肪乳) (226gで100IU)

7

ヨーグルト (160gで80~100IU)

8

アーモンド (226gで100IU)

9

ミルク製プディング (2分の1カップで49~60IU)

10

オレンジジュース (1カップで137IU)

11

朝食用シリアル (0.75~1カップで50~100IU)

12

栄養強化豆腐 (85gで80IU)

13

オートミール (1袋で150IU)

14

チーズ (1スライスで40IU)

15

エッグノッグ (226gで123IU)

Aviva Patz/15 Surprising Ways To Get More Vitamin D

訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 乳液とクリームって何が違うの? 両方使った方がいい?

    4. 季節の変わり目の「風邪」対策。こじらせる前にすべき簡単5つ

    5. 防水なのに蒸れない。ザ・ノース・フェイスが開発したウエアが革新的!

    6. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. 「自分は大丈夫」と思わないで。がんを克服した9人のアドバイス

    9. アウトドアグッズの収納力をアップする、便利アイテム2選

    10. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ