1. Home
  2. EAT
  3. キヌアを買うときに知っておきたい6つのこと

キヌアを買うときに知っておきたい6つのこと

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,832

以前から毎週キヌアを買っている方も、これから初めて買うという方も、ちょっと待って! ちょっと変わった名前だけれど、おいしい小さな雑穀「キヌア」。買う前に知っておきたい重要な情報をご紹介します。

1

色は好きなものを選ぶ

白、赤、黒? 何色のキヌアを選べばいいの? 「どれも栄養的にはほとんど同じです。なので、自分が好きなものを選んで」と有限会社Nutrition Starring Youのオーナーで、登録栄養士のローレン・ハリス・ピンカスさん。白いキヌアは一番苦味が少なめ。赤いキヌアと黒いキヌアは噛みごたえがあるので、サラダなどの冷たい料理におすすめです。

洗浄済みのキヌアを買えば、手間いらず

shutterstock_594151964

生のキヌアの表面は、天然防虫剤の役割を果たすサポニンで覆われています(自然の摂理ってすごい!)。サポニンは食べても害はありませんが、とても苦いので、せっかく用意したキヌアを丸ごと捨てることになってしまうかも。もちろん、食べる前にキヌアを水で洗えば、サポニンを除去できます。でも、細かいキヌアをこぼさず洗えるザルは少ないかも。手間を考えると、洗浄済みのキヌアを買うのがよさそう。簡単に手に入り(ラベルに洗浄済みと記載されています)、価格もほとんど変わりません。

グルテンフリーを選ぶなら、ラベルをダブルチェック

キヌアはグルテンフリーの雑穀といわれ、ほとんどの場合そうです。でも、『アメリカン・ジャーナル・オブ・クリニカル・ニュートリション』誌によれば、ある研究で15種類のキヌアを調べたところ、うち2種類にグルテンが含まれていたとのこと。スーパーにあるキヌアはだいたいグルテンフリーですが、セリアック病やグルテン不耐性の方は、念のためダブルチェックした方がよさそう。買う前に、そのキヌアがグルテンフリー認証されているかしっかり確認して。

オーガニックや非遺伝子組み換えにこだわりすぎない

お金を使うなら、オーガニックアップルや草のみを食べて育った牛に。キヌアにはもともと、嫌な味のサポニンが含まれるため、農家で殺虫剤をたくさんまく必要はありません。「完全なオーガニックフードにこだわっているのでなければ、オーガニックフードのための予算をキヌアに使う必要はないかも」とハリス・ピンカスさん。また、キヌアは遺伝子操作をしていない雑穀のため、生のキヌアはどれも非遺伝子組み換えです。

南アメリカ産だからといって気にしないで

数年前、アメリカでキヌアが大流行となり、南アメリカの農家では生産が追いつかず、自分たちが食べる分まで不足している、というニュースがありました(世界のキヌアの多くがペルーとボリビアで生産されています)。幸いにも、実際は違うよう。NPRによれば、キヌア農家は主食のキヌアを食べ続けていて、キヌアを売ることで大金を得ているんだとか(さらに、アメリカ中でレストランもオープンしているよう)。

自由に他のものと混ぜてみて

shutterstock_201536141

キヌアは身体にとてもよいということは、ご存知の通り。だから毎日キヌアを食べるのはもちろんいいんですが、他の複合炭水化物も摂ってみて。「私は、さまざまな全粒穀物を食事に取り入れるのがいいと考えます。それぞれ栄養的側面が異なるからです」とハリス・ピンカスさん(一方、ヴィーガンはキヌアを主食にするのもおすすめ。完全タンパク質の全粒穀物はキヌアだけ)。ぜひ玄米&キビボウルも試してみては?

最高品質のキヌアをご紹介。まだどんなキヌアを選べばいいか迷っている? おすすめのブランドは、「エンシェントハーベスト(Ancient Harvest) 」、「ボブズレッドミル(Bob's Red Mill)」、「アローヘッドミルズ(Arrowhead Mills)。

Marygrace Taylor/6 Things You Need to Know before Buying Quinoa

訳/Seina Ozawa

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. ヒントは「脳科学」にあった! 何も叶わない、変わらない現状を変える方法

    5. 幸せになれるのは一瞬だけ。本当は怖い「疲れたときには甘いもの」

    6. ひたすら「なぜ」を繰り返すだけ。ネガティブ思考を消し去る方法

    7. 地味だけど栄養豊富。チーズ欲も満たせるカリフラワーのマッシュポテト

    8. 納豆とヘルシー食材で夏バテ&冷え対策。管理栄養士おすすめレシピ3つ

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    1. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    5. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    キヌアを買うときに知っておきたい6つのこと

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More