1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 夏までに魅せる生脚へ。今から間に合う1か月集中プラン

夏までに魅せる生脚へ。今から間に合う1か月集中プラン

20180509_skincare_may_1

夏はもうすぐそこ。風の抜けるテラスやビーチサイドでバカンスを楽しむなら、美しくヘルシーな生脚がないとはじまりません。

ところが久しぶりに鏡を見ると、気づいていなかった黒ずみや青あざ、ポツポツ毛穴を発見することも……。「もういいや、これで」とあきらめるのはまだ早い。「本気で向き合う魅せ脚プラン」を、美容皮膚科医の三宅真紀先生と考えてみました

夏までに「魅せ脚」をつくる3つのプラン

お話をうかがった三宅先生は、エイジングケアのエキスパート。表参道美容皮膚科原宿本院でさまざまな女性の肌の悩みに向き合っています。

「ターンオーバーは、一般的には年齢と同じくらい(35歳なら35日周期)といわれます。顔は平均28日間ですが、脚のターンオーバーは約2倍顔よりすこし時間がかかると覚悟して、じっくり向き合うことが大切です。それでも1か月間、集中的に取り組めば、かなりの変化が期待できます」と三宅先生。気になるお悩み別のプランがこちらです。

20180509_skincare_may_2

1.輝くひざに。黒ずみと闘う1か月プラン

黒ずみができるメカニズム

皮膚が黒ずむのは、メラニンによる色素沈着が大きな原因。メラニン色素は、通常なら肌のターンオーバーとともに剥がれ落ちますが、増えすぎるとシミや黒ずみとして肌にとどまってしまいます。また、ひざは骨に近く外部からの刺激を受けやすいため、圧迫や摩擦により角質が厚く硬くなりがち。これも黒ずみの原因に。

黒ずみの種は「習慣」にあり! 対策法

  • 体を洗うときは泡と手だけで優しく洗って。カミソリを使った頻繁なムダ毛処理は刺激が強いので、除毛クリームや永久脱毛など別の処理方法を検討しましょう。
  • ひざをつくポーズは圧迫や摩擦が黒ずみの原因になるので控えて。
  • 食事はビタミンCを積極的に取り入れ、美白系のローションなどでたっぷり保湿を。
  • 週1回のピーリングを取り入れるのもよし。スクラブよりピーリング作用のある石けんなどがおすすめ。
  • ターンオーバーを促進する医薬品のケアも検討してみて。

2.あきらめないで。ポツポツ毛穴を癒す1か月プラン

ポツポツ毛穴ができるメカニズム

ポツポツ毛穴は、黒ずんだ毛穴周りの炎症です。カミソリや毛抜きなどの脱毛処理によって毛穴周りが炎症を起こし、色素沈着することで黒ずんだ毛穴が目立つようになります。

まずはムダ毛処理を見直して。対策法

  • ポツポツ毛穴の対策法は、基本的には「黒ずみ」と同じ。まずはムダ毛処理の方法を見直しましょう。カミソリを使う場合は、毛の流れに沿ってやさしく処理を。
  • 食事ではビタミンCの摂取を。美白・保湿ケアで脚全体のスキンケアをしっかり行って。
  • 週1回ほどピーリング石けんを使うと、毛穴周りの色素沈着を早くきれいにできます。脚のターンオーバーを考えると2か月はケアを続ける必要がありますが、1か月でもかなり変化が見られるはず。
  • 毛穴周りの炎症を鎮めてくれる医薬品を使ってみても。

20180509_skincare_may_4

3.目指せ2週間。青あざスピード解消プラン

青あざができるメカニズム

硬いものに脚をぶつけると、その衝撃で血管に傷がついて内出血が起き、青あざができます。

最初が肝心。青あざ対策法

  • ぶつけたら氷のうなどで素早く冷やすこと。血が内部で広がるのを防ぐことができます。ぶつけてから48時間くらいが目安。
  • 痛みが治まるまで同じところを圧迫しないように。マッサージすると内出血が広がってしまいます。
  • うっ血(血が滞ること)をとり、血行を促進する成分を含む医薬品でのケアもおすすめ。青あざの完治には2~4週間かかりますが、期間短縮が期待できます。

makimiyake_profile

三宅真紀先生

表参道美容皮膚科 原宿本院に勤務。レーザー治療・アンチエイジング治療のエキスパート。4万例以上の美容皮膚科治療実績を持ち、医師の指導・教育も多数行う。美容・スキンケア全般の豊富な知識から、数多くの有名化粧品開発にも携わる。


「脚ダメージ」をケアする医薬品をチェック

「魅せ脚」で夏を楽しみたい。そんな気持ちを阻む「脚ダメージ」の対処には、医薬品を使うのもひとつの手。おすすめのアイテムを集めてみました。

女子度チェック診断でわかる! ひじ・ひざが「黒い女」から脱却する方法

kuro_01

日頃からボディケアには気を遣っているつもりでも、見落としがちなのがひじやひざの黒ずみ。ゴワゴワ、ザラザラ……気になりませんか? そんなあなたは「黒ずみ女子度」がわかる診断をチェック。皮膚科医に聞いた、黒ずみ予防と対策もあわせてどうぞ。記事はこちら

クロキュアでひじ、ひざの黒ずみ対策を

20180509_kurocure

黒ずんでザラザラしたひじ、ひざのための治療薬クロキュア。黒ずんだ角質を除去しながら、過剰角化やメラニン形成の原因となる炎症を抑え、新しい肌への生まれ変わりを促進することで、ひじやひざなどの黒ずんでザラザラした角質を改善していきます。

ケアノキュアでポツポツ毛穴にアプローチ

20180509_keanocure

ケアノキュアは黒ずんだ毛穴が目立つポツポツ肌を改善し、キレイな素肌にしてくれるクリームタイプの治療薬。ムダ毛処理などで黒ずんだ毛穴周りの炎症を鎮め、湿疹・皮膚炎を治します。

アオキュアで青あざをケアして血行促進

20180509_aocure

アオキュアは打ち身などによってできた、青あざを伴う内出血、腫れを治療する塗り薬。血行を促進しながら滞った血を流し、目立って気になる症状を改善します。肌に密着しやすく、患部にとどまるこだわりのクリームです。

シンプルな水着もサンドレスも、きれいな素脚だとグッと素敵に着こなせるはず。医薬品の力を借りて、夏に向けて「魅せる脚」をつくっていきましょう。

小林製薬 スキンケア医薬品

取材・文/田邉愛理、photo by Shutterstock

Sponsored by 小林製薬株式会社

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 寒いと滅入るのは気のせいじゃない。季節性感情障害(SAD)の乗り越え方8

    3. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    4. 溜め込んだ疲れをスッキリ! 年末の疲労をすばやく回復する方法5つ

    5. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    6. ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

    7. SNSに写る横顔の印象はOK? どんな横顔でも凛とした顔でいる方法

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    5. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    8. ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. 消防士や警察官も実践! 16秒でできる、緊張感を和らげる方法

    1. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    5. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    夏までに魅せる生脚へ。今から間に合う1か月集中プラン

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More