1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 乳酸菌は肌にもいいって本当? 最新研究が明かす美肌との関係

乳酸菌は肌にもいいって本当? 最新研究が明かす美肌との関係

かしこい食の方程式

1,867

美肌のために欠かせないのは、紫外線対策や日々のお手入れ、そして規則正しい生活と体に良い食事。

20180524_imuse_top

さらに最近「プラズマ乳酸菌」という乳酸菌に、美肌をサポートする働きがあることがわかってきました。乳酸菌といえば腸の働きを整えるイメージですが、肌とはどんな関係があるのでしょうか。

美肌には「免疫力」が必要だった !

肌の健康には「炎症を抑え」「免疫機能を保つ」ことが大事と教えてくれたのは、昭和大学藤が丘病院形成外科医の松宮敏恵先生です。不規則な生活や間違った肌のセルフケア、排気ガスなど環境によるダメージの他に、肌トラブルの主な原因となるのが、炎症や免疫力の低下なのだとか。

免疫には病原体から体を守ってくれる自己防衛機能があり、たんぱく・脂質が酸化したり、細胞が劣化したりすると異常部位として排出されます。ところが、加齢などで免疫力が低下すると、増加してくる異常細胞の排除が間に合わず老化が進むというのです。

20180524_imuse_top2

免疫力が低下した体と美肌は結びつきませんが、免疫には細菌やウイルスから体を守るばかりではなく、アンチエイジングの効果もあったのです。

免疫の根本を強くする最先端の乳酸菌

そんな免疫をコントロールする「プラズマ乳酸菌」の働きについて、キリン株式会社事業創造部の藤原大介さんより最新の研究結果が発表されました。2018年3月16日日本農芸化学会で発表されたのは「プラズマ乳酸菌」が人の肌の免疫力に働きかける3つの機能です。

①皮膚のタイトジャンクション(密着結合)における機能
②抗菌ペプチドにおける機能
③肌フローラ(皮膚常在菌)における機能

皮膚にはタイトジャンクションという細胞と細胞を結び、異物を侵入させない機能があります。タイトジャンクションは、しっとり肌に欠かせない水分の蒸散を防ぐ役目もあります。

プラズマ乳酸菌を8週間摂取した結果、バリアや保湿機能があるタイトジャンクション遺伝子の発現が増加したそうです。さらに抗菌ペプチドという、皮膚や粘膜から入ってきた悪玉菌を排除する物質の遺伝子増加も確認されました。

また腸内細菌が知られているように、肌にも微生物群が生息しています。美肌になる善玉菌やニキビの原因となるアクネ菌のような菌を合わせた数は、なんと15万種類。これは肌フローラと呼ばれ、良好なバランスがとれていれば肌の健康が保たれます。

研究では、プラズマ乳酸菌を摂取していないグループでは肌のバリア機能を保つ善玉菌が減少したのに、プラズマ乳酸菌を摂取したグループでは悪玉菌を抑制する善玉菌が増加したというから驚きです。

研究結果から、プラズマ乳酸菌は免疫の司令塔を活性化して、体のバリア機能を向上させたと考えられるそうです。お肌のケアと言えば、外側からのアプローチやサプリメント服用だったのが、免疫力のコントロールという新しいアプローチが考えられるようになりました。

プラズマ乳酸菌が含まれている製品

そんな最新の乳酸菌を日々の生活で摂取することはできないか調べたところ「iMUSE」というキリングループが共同で立ち上げたブランド製品を見つけました。

一般的な乳酸菌は大腸で働きますが、プラズマ乳酸菌は小腸で直接免疫細胞が取り込むのが特徴。乳酸菌と言えばヨーグルトを思い出しますが、プラズマ乳酸菌は生菌である必要がないのでサプリメントや飲料など幅広い製品から摂取できるそうです。

20180524_imuse_01

「iMUSE professional プラズマ乳酸菌+バリアビタミンC」1,543円(税込)

医療機関流通サプリメントの「iMUSE professional プラズマ乳酸菌+バリアビタミンC」は、1日当たりの摂取目安量である2粒あたりプラズマ乳酸菌を約1,000億個配合したヨーグルト風味の栄養機能食品(ビタミンC)です。水なしで噛んで摂取できるチュアブルタブレットで、持ち運びにも適しています。

20180524_imuse_02

「iMUSE レモンと乳酸菌」500ml 140円(税抜)

また「iMUSE レモンと乳酸菌」は、水分補給の際にプラズマ乳酸菌が摂れる乳酸菌ニアウォーターです。低カロリー(※)で甘さがすっきりとしているため、カロリーが気になる時も継続的に飲むことができます。 ※ 100ml当たり17kcal

「iMUSE」とは「i(私)」の中にあるチカラを「MUSE(女神)」が呼び覚まし、いつまでも強く輝いた人生をサポートするという意味があります。自分の体の免疫をコントロールすることで、エイジングリスクを低下させる。最新の研究が明らかにした乳酸菌と免疫力の関係。美肌ケアの新方法として興味深いですね !

[iMUSE]

小林純子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. ふたりの関係に刺激をプラス! カップルに試してほしいこと<後編>

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    6. 自分に合う仕事を探していませんか? | 禅僧のおことば 18

    7. ロマンスを進める準備はできてますか? カップルに試してほしいこと<前編>

    8. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    9. ヘルシーな血管に! 「食べる輸血」といわれるビーツのおいしい食べ方

    10. ほっこり体の芯から温まる。うま味引き立つ、具だくさん豚汁

    1. 太りやすい人、太りにくい人の違いって何? ドクターに聞きました

    2. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    5. 4人に3人は経験する膣カンジダ。自分で簡単に治せます!

    6. 便秘改善に効果的な8つの方法。まずは、おならを出そう

    7. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    10. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    7. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    8. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    9. ヘルシーそうでも意外とNG? 糖尿病なら避けたい食べ物7種(前編)

    10. おやつ代わりに! ヘルシー&空腹になりにくい低糖フルーツ9種

    乳酸菌は肌にもいいって本当? 最新研究が明かす美肌との関係

    FBからも最新情報をお届けします。