1. Home
  2. MIND
  3. キャラメルマキアートは座って飲んだほうが良い理由

キャラメルマキアートは座って飲んだほうが良い理由

2,080

冠ゆき

コーヒーや紅茶の飲み方のバリエーションがぐんと増えた現代。タンブラーの種類も充実し、移動の合間がドリンクタイムというケースも増えました。

ながら飲みをやめて、小さな楽しみを享受する

1804_macchiato_01

image via shutterstock

けれども、精神分析医トラン教授によれば、「ながら飲み」はあまり薦められるものではないそうです。

複数のことを同時におこなっていると、小さな楽しみを台無しにしかねず、ひいては、ストレスを引き起こす可能性すらあるのです。トランス教授談「歩きながら飲むというのは、他のことを考えながら、自分自身の身体が何をしているのか意識することもなく、飲み物を機械的に口の中に流し込むことと同じです。いわば、自動操縦されているようなものです」

(「Le Parisien」より翻訳引用)

リッチな味ほど意識して味わうべき

1804_macchiato_02

image via shutterstock

栄養学士のマリー・タンドネ氏もトラン教授と同意見です。水分補給という観点からは「ながら飲み」に問題はないそうですが、香りやクリームがプラスされたものについては、ダイエットの観点からもできれば避けたほうが良いとしています。

(ながら飲みだと)意識せぬまま、多くのカロリーを摂取する恐れがあります。

(「Le Parisien」より翻訳引用)

味や香りに意識がいきにくいため、飲んだ気がしないまま、甘味料や脂肪分を摂取してしまうということでしょう。

「また、飲むことだけに集中すれば、その幸せをより享受することができます」とタンドネ氏は説明します。

(「Le Parisien」より翻訳引用)

たしかに、コーヒーにせよお茶にせよ、じっくりと味わいながら飲むことで得られる満足感は馬鹿になりません。考えてみれば、心の平安を得る方法の1つとしてよく挙げられるマインドフルネスも、ひとつのことだけに集中するエクササイズです。やはりこの辺りに、身の回りのしあわせを取りこぼさないヒントが隠れているのでしょう。

これからは、移動時の飲み物はブラック。ちょっとリッチな味のコーヒーは、座ってじっくり味わう。と使い分けるのが良さそうです。

Le Parisien

    Ranking

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    3. 愛用の「箸置き&カトラリーレスト」たち。献立や器を考えるのとは別の楽しみがある

    4. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    5. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    8. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    9. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    10. 「ベアーズ式」テクニックで、掃除はもっと楽しくラクになる

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    3. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    4. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    5. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    6. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    7. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    8. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    9. 「ベアーズ式」テクニックで、掃除はもっと楽しくラクになる

    10. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    3. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    4. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    5. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    6. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    7. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら