1. Home
  2. EAT
  3. 30日間のスーパーフード Vol.24 ナスを食べて消化を助ける

30日間のスーパーフード Vol.24 ナスを食べて消化を助ける

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

「30日間のスーパーフード」にようこそ!Vol.24では、なぜナスか?食生活にどう取り入れるか?をご紹介。早速今日から!

炎症を和らげ、おなかもハッピー

640_GettyImages-544545793__1_

メリットで野菜を選ぶならナスはピカイチ。誰もが野菜と見なしていますが、果菜類といって果物に近い食材です。色や形はさまざま。濃い紫から白、涙のような形、球形などバリエーションが。

ナスは低カロリーで、食物繊維も素晴らしく豊富。アメリカ食品医薬品局(FDA)によると消化を促してくれ、コレステロールも抑えてくれます。また抗酸化物質も高くて炎症をしずめるような効果も。

ナスをどう食べるか

ナスが苦い原因となる成分を減らすため、ナスを切り分けてから、塩を振って、水分を出します。約30分おいて、水でさっと洗い、水分をふき取ります。ナスを柔らかくしてくれ、料理の間、油を吸収しすぎるのを防ぎます。それからクッキング。グリル、オーブン焼き、揚げる、ローストが考えられます。

<ナスのやみつきレシピ >

ナスとパルメザンチーズのポッパー

640_eggplant-parmesan-poppers

料理サイトの『ライブ・イート・ラーン(Live Eat Learn)』より、ナスをキューブ型に切って、カリカリにフライパンで焼いたヘルシーバージョンのポッパー。じっくり油で揚げたみたいな一口料理。パーティーにピッタリです。

ナスのベーコン

640_eggplant-bacon

料理サイトの『シンプル・ヴィーガン・ブログ(Simple Vegan Blog)』より、加工されたお肉のかわりに、燻製の “ナスベーコン”はいかがでしょう。朝食、サンドイッチ、サラダ、ピザ、パスタのかわりにもなるヘルシーなスナックに。

ナスのグリル

640_grilled-eggplant

食材をグリルするとき、手速く、カンタンに、おいしくナスを加えられます。

材料

  • ナス4個(各約450グラム)。皮ごと縦切りに。厚さ約2.5センチで。
  • コーシャソルト小さじ2(分けて使用)
  • エクストラバージンオリーブオイル大さじ4
  • 挽きたての黒コショウ小さじ1/2

作り方

  1. オーブンの天板にペーパータオルを重ねていきます。ナスの半分を1枚目のペーパーの上に。塩小さじ1を振りかけ、ペーパータオルで覆います。その上はナスを置いて、残りの塩を振って、上からペーパータオルを。
  2. ナスを30分置き、その後洗って、水分をふいてから乾かします。
  3. ナスの薄切りの両側に油を塗ってコーティング。大きめのボウルに移します。残りの薄切りにも同じように。コショウで味付けします。
  4. オーブンの温度は中火で。フタを閉じてナスを焼きます。16分から20分、一度裏返し、焼き色がつき、やわらかくなるまで。残ったら冷蔵庫で1、2日保存できます。

The Editors of Prevention/30 Days Of Superfoods: Eggplant For Better Digestion

訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析