1. Home
  2. EAT
  3. ダイエットをサポート? チーズを味方にするコツ

ダイエットをサポート? チーズを味方にするコツ

強い骨を作る

1,733

片岡理森

チーズは牛乳と同じくカルシウムが豊富で、骨を強く保つために摂りたい食材です。実は、美肌ダイエット成功へと導く食材としても期待できるのだとか。

美肌に欠かせないビタミンB2

1804_cheese2_01

チーズには、ビタミンB2が豊富に含まれています。このビタミンB2は、肌の調子を整える成分として欠かせないもので、肌の新陳代謝を促進する効果が期待でき、肌トラブルの改善に繋がります。また、チーズにはセレンという成分も含まれています。このセレンという成分は、活性酸素を除去する効果が期待できるので老化防止の働きにも期待できます。さらに、ビタミンB2には脂肪燃焼疲労回復に役立つと言われています。

(「Diet Plus」より引用)

代謝アップに繋がるたんぱく質

さらに、豊富なたんぱく質は、美しい髪の毛や爪を作るだけじゃなく、年齢を重ねると気になる代謝不足のサポートにも。

たんぱく質は筋肉の発達に欠かせない栄養素なので、毎日の生活に運動を取り入れることによって筋肉量が増え、代謝アップに繋がる手伝いをしてくれることでしょう。

(「Diet Plus」より引用)

1804_cheese2_02

カロリーが気になって、ダイエットを意識するときは控えていましたが、むしろ適度に取り入れたい食材でした。牛乳をそのまま飲むのが苦手な人も、チーズなら振りかけたり、溶かしたり、毎食いろんなアレンジが楽しめそう。

フレッシュタイプやカビタイプ、ハードタイプなど、いろんな種類があって奥が深いので、自分の好みを探しながらチーズのある食卓を続けていきたいです。

Diet Plus

    specialbunner

    Ranking

    1. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. ベッドに溶け込むバターのようになって、10分で寝落ちする方法

    4. ぽっこりお腹を撃退! ついでに「姿勢もよくなる」動きって?

    5. 「糖質制限なんてする必要ありません」食事制限ダイエットの落とし穴

    6. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    7. 寒いのに、ひどく汗をかくのはなぜ? 医師が教える発汗の抑え方

    8. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    9. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    10. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    8. とかすだけで簡単ストレートヘア。SALONIAの新ヒートブラシ【プレゼント】

    9. 性生活は大事。シングルマザーの彼女が愛に目覚めたきっかけは?

    10. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    5. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    6. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    7. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    8. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    9. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?