1. Home
  2. EAT
  3. ダイエットをサポート? チーズを味方にするコツ

ダイエットをサポート? チーズを味方にするコツ

強い骨を作る

1,400

チーズは牛乳と同じくカルシウムが豊富で、骨を強く保つために摂りたい食材です。実は、美肌ダイエット成功へと導く食材としても期待できるのだとか。

美肌に欠かせないビタミンB2

1804_cheese2_01

チーズには、ビタミンB2が豊富に含まれています。このビタミンB2は、肌の調子を整える成分として欠かせないもので、肌の新陳代謝を促進する効果が期待でき、肌トラブルの改善に繋がります。また、チーズにはセレンという成分も含まれています。このセレンという成分は、活性酸素を除去する効果が期待できるので老化防止の働きにも期待できます。さらに、ビタミンB2には脂肪燃焼疲労回復に役立つと言われています。

(「Diet Plus」より引用)

代謝アップに繋がるたんぱく質

さらに、豊富なたんぱく質は、美しい髪の毛や爪を作るだけじゃなく、年齢を重ねると気になる代謝不足のサポートにも。

たんぱく質は筋肉の発達に欠かせない栄養素なので、毎日の生活に運動を取り入れることによって筋肉量が増え、代謝アップに繋がる手伝いをしてくれることでしょう。

(「Diet Plus」より引用)

1804_cheese2_02

カロリーが気になって、ダイエットを意識するときは控えていましたが、むしろ適度に取り入れたい食材でした。牛乳をそのまま飲むのが苦手な人も、チーズなら振りかけたり、溶かしたり、毎食いろんなアレンジが楽しめそう。

フレッシュタイプやカビタイプ、ハードタイプなど、いろんな種類があって奥が深いので、自分の好みを探しながらチーズのある食卓を続けていきたいです。

Diet Plus

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 運はつくれる。“いいこと”をたぐり寄せる7つの感情習慣

    2. 暑さに負けない! 管理栄養士がすすめる「疲労回復食材」と成分リスト

    3. 糖尿病を予防する7つの方法と、血糖値を自然に下げる7つの食品とは?

    4. ケイト・スペードの死で浮上した自殺にまつわる謎──自殺がいちばん多いのはどの時期か

    5. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    6. 産婦人科医・宋美玄さん。セックス、生理...「悩みを打ち明けられることが多かった」

    7. 「心停止」と「心臓発作」の違い。知っていると、誰かの命を救えるかも

    8. 強く引き締まった足を目指す! 自宅でできる、ふくらはぎを鍛える5つのワークアウト

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 人生、ムダなことは何もない。30代で天職を見つけた蛯原英里さんの転機

    1. 正しい糖質制限って? 糖質が怖くなくなる6つの秘策

    2. 糖尿病を予防する7つの方法と、血糖値を自然に下げる7つの食品とは?

    3. 運はつくれる。“いいこと”をたぐり寄せる7つの感情習慣

    4. 「会話のクセ」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    5. 免疫治療で肺がんに勝利。アメリカの研究で明らかに

    6. 人生が変わる。「習慣」を味方につけると起こるいいことは?

    7. 夜中に目覚めて眠れない...。寝つけなくなる5つの理由

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 食べたい衝動に負けない5つの方法と、ヘルシーな食生活の最新情報6つ

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    1. 正しい糖質制限って? 糖質が怖くなくなる6つの秘策

    2. 糖尿病を予防する7つの方法と、血糖値を自然に下げる7つの食品とは?

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. 麺類を食べても太らない3つのコツ

    5. 人生が変わる。「習慣」を味方につけると起こるいいことは?

    6. 運はつくれる。“いいこと”をたぐり寄せる7つの感情習慣

    7. 「会話のクセ」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    8. 薄い色は栄養不足? 経血の色6パターンでわかる身体の変化

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 人間関係をスムーズにして、「敵」を作らないためのマインド術

    ダイエットをサポート? チーズを味方にするコツ

    FBからも最新情報をお届けします。