1. Home
  2. BODY
  3. 老化とともに減少するカルシウム。生活習慣で補う3つの方法

老化とともに減少するカルシウム。生活習慣で補う3つの方法

強い骨を作る

1,644

年齢を重ねるにつれて骨密度が低下し、将来、骨粗しょう症を引き起こす可能性があるということはよく耳にします。では具体的に、どうしたら防ぐことができるのでしょうか? 管理栄養士さんによると、3つの生活習慣のポイントがあるようです。

管理栄養士が教える、カルシウム不足克服方法

1804_calcium_01

骨を強くする食べ物を摂る

骨を作るのに必要なカルシウム。これを補う食品としては、牛乳チーズなどの乳製品や小魚などがすぐ思い浮かびます。ほかに、こんな食材にもカルシウムが豊富に含まれているそう。

豆腐油揚げ小松菜ほうれん草などにも多く含まれています。意外に多いのは海藻類大豆製品です。また、骨を作る際にはカルシウムの吸収を助ける働きをするビタミンDが必要となります。ビタミンDはきのこ類魚類全般に多く含まれます。

(「Diet Plus」より引用)

ほうれん草、油揚げ、きのこの炒め物をつくれば、カルシウムとその吸収を助けるビタミンDも一緒に摂れることに。豆腐とわかめ、なめこの入ったお味噌汁もよさそう。食材を覚えておくと、いろいろな組み合わせでカルシウム強化メニューができます。

日光を浴びる

骨を作る際に必要なビタミンDは体内でつくることができます。その方法とは日光を浴びることです。

(「Diet Plus」より引用)

美容の観点から紫外線を気にしすぎている人は、ビタミンDが不足している可能性も。適度な日光は、健康のために必要だと再認識したほうがいいようです。

運動をする

買い物に行くときは車ではなく自転車徒歩で行くなど、少しずつの積み重ねが骨の強化に繋がります。

(「Diet Plus」より引用)

運動して刺激を与えることでも骨は強くなるようです。運動といっても、ランニングやジムでの筋トレなど激しいものじゃなく、日常生活のなかでの動きで充分とのこと。これなら意識するだけで続けられそうです。

1804_calcium_02

痛みがないかぎり普段あまり意識することがないけれど、体を支える土台となっている大事な「」。強く保つことで健康寿命も大きく変わってきます。食事、日光浴、運動を意識して、はつらつとした老後に備えたいです。

Diet Plus

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がんの4つのステージ(病期)を正しく知ろう

    2. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    3. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 12星座別のボディケア。本当にぴったりなアロマの選び方

    6. がんになりやすくなる8つの要素と、自分でできる改善策

    7. ダイエットを成功させる食事法って? 脳神経外科医が教えます

    8. 便秘の人は死亡率が高い? 便秘薬の選び方と6つのポイント

    9. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    3. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    4. がんの4つのステージ(病期)を正しく知ろう

    5. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    6. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    7. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    8. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    9. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    10. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    7. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    8. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    9. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    10. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    老化とともに減少するカルシウム。生活習慣で補う3つの方法

    FBからも最新情報をお届けします。