1. Home
  2. BODY
  3. 老化とともに減少するカルシウム。生活習慣で補う3つの方法

老化とともに減少するカルシウム。生活習慣で補う3つの方法

強い骨を作る

1,765

年齢を重ねるにつれて骨密度が低下し、将来、骨粗しょう症を引き起こす可能性があるということはよく耳にします。では具体的に、どうしたら防ぐことができるのでしょうか? 管理栄養士さんによると、3つの生活習慣のポイントがあるようです。

管理栄養士が教える、カルシウム不足克服方法

1804_calcium_01

骨を強くする食べ物を摂る

骨を作るのに必要なカルシウム。これを補う食品としては、牛乳チーズなどの乳製品や小魚などがすぐ思い浮かびます。ほかに、こんな食材にもカルシウムが豊富に含まれているそう。

豆腐油揚げ小松菜ほうれん草などにも多く含まれています。意外に多いのは海藻類大豆製品です。また、骨を作る際にはカルシウムの吸収を助ける働きをするビタミンDが必要となります。ビタミンDはきのこ類魚類全般に多く含まれます。

(「Diet Plus」より引用)

ほうれん草、油揚げ、きのこの炒め物をつくれば、カルシウムとその吸収を助けるビタミンDも一緒に摂れることに。豆腐とわかめ、なめこの入ったお味噌汁もよさそう。食材を覚えておくと、いろいろな組み合わせでカルシウム強化メニューができます。

日光を浴びる

骨を作る際に必要なビタミンDは体内でつくることができます。その方法とは日光を浴びることです。

(「Diet Plus」より引用)

美容の観点から紫外線を気にしすぎている人は、ビタミンDが不足している可能性も。適度な日光は、健康のために必要だと再認識したほうがいいようです。

運動をする

買い物に行くときは車ではなく自転車徒歩で行くなど、少しずつの積み重ねが骨の強化に繋がります。

(「Diet Plus」より引用)

運動して刺激を与えることでも骨は強くなるようです。運動といっても、ランニングやジムでの筋トレなど激しいものじゃなく、日常生活のなかでの動きで充分とのこと。これなら意識するだけで続けられそうです。

1804_calcium_02

痛みがないかぎり普段あまり意識することがないけれど、体を支える土台となっている大事な「」。強く保つことで健康寿命も大きく変わってきます。食事、日光浴、運動を意識して、はつらつとした老後に備えたいです。

Diet Plus

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    2. 【お悩み】マンネリ化してしまったパートナーをその気にさせる方法は?

    3. 医師に聞く、性欲のメカニズムとは? よい人間関係とセックスは関係ない

    4. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    5. 将来病気になりにくい人は、腕立て伏せを何回できる?

    6. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    7. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    8. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    3. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 「納豆キムチ」の健康パワーとは? この組み合わせがおすすめな理由

    7. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    3. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    4. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    8. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは