1. Home
  2. EAT
  3. 30日間のスーパーフード Vol.25 キャベツを食べてがんを防ぐ

30日間のスーパーフード Vol.25 キャベツを食べてがんを防ぐ

30日間のスーパーフード

「30日間のスーパーフード」にようこそ!今回は食事にキャベツを取り入れるとよいワケ、そして調理法もご紹介します。さっそく今日から!

身体の細胞を“悪者”から守ってくれるキャベツ

kyabetsu

生でも、調理しても、発酵させても、キャベツはがんから守ってくれる一番のボディガード。それは「グルコシノレート」という成分のおかげ。「この成分は、新陳代謝に働きかけてくれるために、がんになりづらい身体づくりにつながるのです」と、ミネソタ大学の食品科学・栄養学教授、ダニエル・ギャラハーさん。

キャベツには、食物繊維、ビタミンC、それからベータカロテンやスルフォラファンなどのがんに抵抗してくれるほかの植物栄養素もぎっしり。よく見かけるキャベツといえば、淡い緑色の大玉ですが、もっと濃い緑色や、紫色、ロメインレタスのように葉が広がったタイプも。同じ「アブラナ科」の白菜やチンゲン菜もグルコシノレートを含みます。

キャベツをどう食べる?

細切りにしてサラダに、発酵させてザワークラウトに、シンプルに蒸すかローストしても。パンやトルティーヤの代わりにキャベツの葉を使えば、サンドイッチやラップサンドもヘルシーに。オリーブオイルを垂らして、少しグリル焼きすると、甘みが出ます

<キャベツのやみつきレシピ >

キュウリロール寿司

1cucumber-sushi-rolls-3-680

料理サイト「リブ・イート・ラーン(Live Eat Learn)」より、道具を使わず手軽に巻き寿司が楽しめて、しかもヘルシーなレシピ。キャベツをたっぷり入れればシャキシャキ感アップ。

紫キャベツのザワークラウト風

2rotkohl1

料理サイト「ワン・ラブリー・ライフ(One Lovely Life)」より、甘酸っぱいドイツの伝統料理を簡単に。テーブルに置いたときの見栄えも華やかです。

ターキーのひき肉とキャベツの「スキレット」炒め煮

3ground-turkey-cabbage-skillet

料理サイト「プリマベーラ・キッチン(Primavera Kitchen)」より、シンプルな組み合わせで、30分もかからずにササッとできるレシピ。そのまま食卓に出せる厚手のフライパン「スキレット」を使って、ウィークデイの夕食にぴったり。

The Editors of Prevention/30 Days Of Superfoods: Cabbage To Fight Cancer

訳/STELLA MEDIX Ltd.

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がんの4つのステージ(病期)を正しく知ろう

    2. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    3. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 12星座別のボディケア。本当にぴったりなアロマの選び方

    6. がんになりやすくなる8つの要素と、自分でできる改善策

    7. ダイエットを成功させる食事法って? 脳神経外科医が教えます

    8. 便秘の人は死亡率が高い? 便秘薬の選び方と6つのポイント

    9. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    3. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    4. がんの4つのステージ(病期)を正しく知ろう

    5. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    6. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    7. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    8. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    9. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    10. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    7. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    8. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    9. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    10. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    30日間のスーパーフード Vol.25 キャベツを食べてがんを防ぐ

    FBからも最新情報をお届けします。