1. Home
  2. MIND
  3. 「ネガティブな引力」から抜け出す3つのヒント

「ネガティブな引力」から抜け出す3つのヒント

運命を変えるマインド革命

8,486

斎藤芳乃

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。新緑の季節、ゆっくりとGWを過ごしながら、鋭気を養って疲れを癒し、輝く自分を取り戻したいものですね!

けれど、せっかくの休日も、ただ「疲れた」といって過ごすだけではリフレッシュすることはできません。では、どうしたらリフレッシュして輝きを取り戻せるのか? そのためには、マインドのコツがあるのです。

20180430_MIND_TIP

今回は、こうしてマインドを変えて自分をリフレッシュさせ、輝きを取り戻すための3ステップをお伝えさせていただきますね。

あなたがくすんでしまった本当の理由は?

まず、輝く私になるということは、今まで自分に対してひどい扱いをしてきた人達のネガティブな評価ではなく、自分の素晴らしさに目を向けるということ。これは決して慰めなどではなく、自分の美=魂から湧き出る本質を感じるということなんです。

その美はもともと私たちの中に眠っていて、ただ「その美しさを教えてもらえなかっただけ」。ネガティブさしか与えられない環境にい続け、その人たちの言うことを聞き続けてしまうことで、私たちは自分の価値を忘れてしまっていたり、そこに意識を向けられなかったりしているだけなのです。

このように、輝く自分になるということは単に集中の問題。だからこそ、自分がどの意見に集中をするか、自分が誰に集中をすればいいかを考えるで、ただマインドを変えるだけで、輝く自分に変わってきます。

あなたの周囲の人は大丈夫? 輝きキラーを避けて

ではここで、あなたの周囲を見回してみましょう。実は、私たちが「ダメな自分」から「輝く自分」に戻る時、「お前はダメだよ」と接していた人は、あなたのことをダメなままで居て欲しいという想いを抱いていることが多いんですね。

その人たちは、

自分より下のままのあなたでいて欲しい。

関係性を変えたくない。

そうやって、あなたの存在を引っ張ろうとしています。とてもネガティブな引力ですね。こんな時こそ、こうした引力に引っ張られるのではなく、「もうその人たちと同じ場所にはいない、その人達が認識しているのとは違う自分」を、強く強く感じてみてください。

その人たちの言うことをもう聞く必要はないし、もう美しい私は、その人たちがいる世界にいなくていい。この時、その人たちに対する罪悪感や差別意識を感じることはありません。

本来、誰もが、自分の住む世界を選ぶことができます。愛や誠実さにあふれた世界に住み、そうした人と関わることもできますし、誰かを小馬鹿にしながら人を見下しながら生きることもできます。

どちらを生きるのかを、すべての人が選ぶことができる。ただ、その人たちは、ネガティブな世界に住んでいることを選択しているんですね。その選択を尊重するということ。そして、「その人達とは違う生き方をする」と決めたあなた自身の選択も尊重してあげてください。

自問自答しながら、あなたらしく生きる選択を

そして、さらに大切なことは、自分に対してネガティブなことを言う人の意見を、自ら再度聞かない、つまり、ネガティブな人物の支配を受けいれないということです。

ここで大切なことは、選択し直すということ。本来の私は、誠実に生きていた。それなら、自分と同じように誠実に生きて輝いている人と一緒にいるべきだ。

なら、なぜ今、誠実ではない人と一緒にいる必要があるのだろうか? こんなふうに、きちんと自問自答しながら、はっきりとあなたを輝かせてくれる人の存在を選び直すということです。

あなたをきちんと評価してくれる人。

あなたに依存せずに、あなたを助けてくれる人。

あなたが助けた分だけ、あなたを助けてくれる人。

そういった人を周囲に起きながら、あなた自身をより輝かせる。その人達の意見を採用し、その人達のいる世界で生きると選択し直すのです。

こうして過去にとらわれない、過去に引きずられない、過去に苦しめられない、過去を忘れることができる感覚を持てるようになると、変化は定着していきます。

世界の棲み分けを選択すること。

そして、自分と違う相手を尊重し、線を引くということ。

こうしてあなたが今まで思いもよらなかったような、そんな美しい世界に住みながら……美しいあなたとして、美しい人生を歩んでいってくださいね。

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

    regularbanner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    6. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    8. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    9. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?