1. Home
  2. SPORTS
  3. 東京の名所を巡るウォーキング大会「TOKYOウオーク2018」

東京の名所を巡るウォーキング大会「TOKYOウオーク2018」

1,489

知恵子

運動不足を解消しようと急にハードなワークアウトをすると体を痛めることも。おすすめは気楽にはじめられるウォーキングです。なかでも、楽しく歩きながら東京の名所を巡るウォーキング大会TOKYOウオーク2018」なら、年齢問わずに家族や大切な人と一緒に楽しめます。

バラエティーに富んだ5コース

20180426_tokyowalk_1

image via shutterstock

ウォーキングの醍醐味は、爽快感、解放感、歩き通した後の達成感を、こどもからお年寄りまで全世代一緒に楽しめるところ。働き盛りの世代はストレス解消に、パートナーと一緒なら、週末のレジャー感覚で。家族で参加すれば思い出作りにも。そして、どの世代も健康的なスポーツをはじめるきっかけにもなりますね。

「TOKYOウオーク2018」の目的は、東京の名所を巡り、東京の魅力を体験しながら歩く機会を設けることで、普段スポーツに触れる機会の少ない都民の健康づくりとスポーツへの興味、関心を喚起することにより、スポーツの普及・振興を図ることです。

20180426_tokyo4

そして10年目になる今年、2018年大会ではコース周辺にある自然を観察しながら歩く、ガイド付き「ネイチャーウォーク」コースが新設されました。ほかにも1大会ごとに、リバーサイドや丘陵、下町、自然公園、歴史街道......と、バラエティーに富んだコースを設定し、全部で5コース×5大会となります。なんと5大会完歩の参加者も少なくないとか。

リバーサイドウォークで風を感じる

第1回は2018年6月9日(土)開催の、世田谷・狛江エリア。約20kmのAコースでは、川を渡る風が気持ちいい、多摩川に近いリバーサイドエリアも歩きます。そのほか、約12kmのBコース、約8kmのCコース、約4~5kmのガイド付き「ネイチャーウォークコース」及び「ガイドウォークコース」、そして「こどもとウォークコース」があります。第2回以降の開催日や会場、見どころについては、下記を参照してください。

ちなみに「こどもとウォークコース」は第1回・3回・5回のみ開催となりますので、ご注意を。またこの大会で各コースを完歩すれば、ゴール時に大会完歩証が贈呈されます。そして第5回大会では、完歩した大会の数に応じた記念品の贈呈もあり、モチベーションもアップします。

大会の申し込みは、インターネット、電話、Famiポート、郵便振込による事前申し込みのほか、実施会場での当日申し込みも。詳細は公式サイトをご覧ください。

TOKYOウオーク2018 (全5大会)

【開催日・会場】
第1回大会 6月9日(土)開催 <世田谷・狛江エリア> 駒沢オリンピック公園(世田谷区)
スポーツを楽しむ多摩川リバーサイドウォーク

第2回大会 7月7日(土)開催 <瑞穂・武蔵村山エリア> みずほエコパーク(瑞穂町)
狭山丘陵と瑞穂の街歩きを楽しむウォーク

第3回大会 9月15日(土)開催 <江東・臨海エリア> 東京臨海広域防災公園(江東区)
レインボーブリッジと下街を歩く絶景ウォーク

第4回大会 10月27日(土)開催 <国分寺・立川エリア> 武蔵国分寺公園(国分寺市)
武蔵国分寺の自然豊かな歴史ウォーク

第5回大会 12月8日(土)開催 <練馬・中野エリア> 光が丘公園(練馬区)
哲学道と銀杏並木を抜ける晩秋ウォーク

【参加料と申込方法(全5大会共通)】
一般参加
事前申込 大人:1,000円 中高生・75歳以上:500円
当日申込 大人:1,500円 中高生・75歳以上:1,000円 小学生以下無料

企業参加
健康推進を図る企業など、団体参加の受付あり(参加料は一般参加と同額)

【主催】 東京都、公益財団法人東京都スポーツ文化事業団、一般社団法人日本ウオーキン協会

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた