1. Home
  2. MIND
  3. 自信を失ったとき、自分らしさを取り戻すためにどうしたらいい?

自信を失ったとき、自分らしさを取り戻すためにどうしたらいい?

運命を変えるマインド革命

6,056

斎藤芳乃

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。そろそろ4月も終わり、GWも目前に迫ってきましたね。

この時期は、新しい会社に入社したばかりの方や新入社員の皆さんは、特に疲れたり、自信を失ったりしやすい時期かもしれません。

20180423_mind_top

けれど、そういった気持ちになっても大丈夫。もし、一時的に「大丈夫かな……」と不安になることがあったとしても、それはあなたが一生懸命、その仕事に向き合っている証拠です。誰もが初めての環境で、慣れないことをするには、自信を失うこともあるんですね。

そんなときこそ、マインドを変えるだけで、GW明けにまた新しいあなたとして自信を持って仕事に臨むことができます。

今回は、不安なとき、気持ちを一新して自分らしく仕事するための3つのポイントについてお伝えしていきたいと思います。

誰もがとおる道。できないという結果より、自分の在り方を認めて!

誰もが、初めてのことをするとき、どうしても「できるかな」「続けられるかな?」と不安になってしまうもの。でも、ここで結果にこだわると逆効果。なぜなら、「最初は結果が出せない、出ない」で当たり前だからです。そこにこだわり続けてしまうことで、ほんとうの自分の力も見失ってしまうのです。

こんなときこそ、大切なことは、結果よりも「在り方」でステップアップしていくこと。たとえば、仕事の成果がどうであれ、仕事を覚えようとして懸命に頑張った少しでも仕事を覚えて、貢献しようとしている。自分のこうした誠実な態度や懸命さは、やがて結果を生み出すための糧になります。こんなふうに本質で自分を捉えていくことで、自分の本当の価値を手に入れることができます。

目標はどこ?見失わないでほしいのは、あなたの未来

次に大切なことは、目の前のちょっとした成果によって、自分の本当の目的を見失わないで欲しいということです。

たとえば、少しのミス。はじめは誰もがあることにつまずいて、そこで「私には才能がない」なんて思ってしまったら、これから広がっていくあなたの才能がつぶされてしまいます。

目の前のことよりも、あなたが続けていった結果、1ヶ月先、半年、1年先にどのような素晴らしい未来が広がるかを想像してみてください。

それはきっと、あなたが会社や社会に貢献し、もっともっと出来ることも増え、自信を持っていきいきと暮らしている姿だと思います。このように、あなたには「今」だけではなく、「育てていくこれから」がある。そのことを実感してみてくださいね。

ほんの少しでも出来ていることが、才能と愛につながる。

大きな成果やたくさんのことができるようになること。これは、社会人として、一人前に仕事をしていく上で、とても憧れかも知れません。

でも、実は、あなたの「小さな出来ること」が、これからの武器になっていくのです。たとえば優しい笑顔や、ちょっとした心遣い、あなただからこそできる配慮、丁寧な書き方、メッセージの伝え方……

人はひとりとして同じ人は存在しません。あなたはあなたとして出来ることを積み重ねて、そしてそれが、未来のあなたの「ブランド」となります。

あなたはあなたとして、どんなブランドになりたい?

こう考えれば、必然的に、自分がどんなふうに成長したいのか、自分の出来るところをどう伸ばしていきたいのかが見えてきますよね。あなたには、今目の前のことだけではない、「明るい輝ける将来」があります。それを見据えて、あなたらしく生きてみてくださいね!

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析