1. Home
  2. MIND
  3. 相手の怒りを鎮める謝罪のしかた [The New York Times]

相手の怒りを鎮める謝罪のしかた [The New York Times]

1,028

「すみません」という言葉は、誰もが1日に何度も気軽に口にしているだろう。人にぶつかった時など、ちょっとした時に出てきて、たいがいはすぐに「大丈夫。気にしないで」というような反応が返ってくる。

でも、誰かを深く傷つけてしまった時に謝罪をすることは難しい。申し訳ない気持ちを伝えたつもりでも、言い方ひとつでさらに事態をこじらせてしまうこともある。相手に根深い不信感を与え、大事な関係性を壊してしまうことだってある。

1804_nyt_anger

よけいな釈明はしない

自分が誤解されていると感じた時、また相手がささいなことに過剰反応していると思った時などは特にそうだ。だが謝る時は、自分の言い分は脇に置き、まずは相手の気持ちを考えなければならない。

誠意のこもった謝罪は、する方にも受ける側にも、大きな力となり得る。

先日こんなことがあった。近所に住む人から突然ひどい言葉を投げかけられたのだが、後からその理由は自分が気づかぬうちにその人に迷惑をかけていたからだと知った。私はお詫びの手紙を書くことにした。言い訳は一切せず、非礼をていねいに詫びた。さらに、許してくれることは叶わなくても、近所どうしの普通の関係性を取り戻せたら嬉しいと書いて、手作りのジャムと共に届けた。

返事は期待していなかったが、その人は私にお礼を言うために、わざわざ家に来てくれた。私は心からホッとした。敵がいなくなり、新しい友人ができたような気持ちだった。実際にその後の私たちの関係は非常に友好的なものに変化した。

許してもらえなくてもしかたない

心理学者のハリエット・ラーナー博士によると、この時の私の対応は「正解」だったようだ。最近出版された著書『Why Won't You Apologize?(なぜあなたは謝らないの?)』の中で博士は、謝罪の言葉を受け入れてもらうコツは簡潔さにあると書いている。「どうしようもない事情があった」などと、自分の立場を分かってもらおうとする釈明は、謝罪のメッセージを帳消しにしてしまう。誠意を疑われるだけで百害あって一利なしだと言う。

また、許しを乞うこともやめた方がいい。相手に謝罪の言葉を受け入れたい気持ちはあっても、許すのに時間がかかることだってある。二度と同じ過ちを繰り返さないということを、こちらが時間をかけて行動で示し続けるしかない。

「過ちを犯した側は、許してくれと頼む立場にはありません」とラーナー博士は言う。いつまでも人を許さず根に持つことは健康に悪いとよく言われるが、博士はこれには懐疑的だ。「心を癒すには様々な方法があります。たとえ自分を傷つけた相手を許さなくても、セラピーや瞑想、薬物療法、運動などで立ち直ることはできるのです」。

傷つけられた側にとって最も辛いのは、謝罪をしてもらえないことだ。私にもそうした経験がある。早くに亡くなった母親の代りに私を育ててくれた叔母は、私にとって非常に大切な人だ。その叔母は、ユダヤ人として育った私がキリスト教徒を結婚相手に選んだことを受け入れられず、結婚式に来てくれなかった。私は非常に傷ついたが、叔母は謝ってくれず、その後もその話をすることを避けた。もう半世紀以上も前のことだが、私はいまだに叔母を許せずにいる。

成熟した大人らしく、正面から非を認める

謝っているときに「あなたがそう感じているのなら、ごめんなさい」と言うのはもってのほかだ。これは「本当は全然悪いと思っていないんだけど」と言うのと変わらない。

ラーナー博士はこう述べている。「自己弁護は本能的なものです。誰だって自分は間違っていないと思いたい。その気持ちを抑え、人との関係性を優先させるには、成熟が必要です」。

謝罪とは、自分の非を認めることで、それは弱い立場に立つことを意味する。誠意をこめて謝っても、受け入れてもらえない可能性だってある。だからこそ難しい。

相手の怒りや痛みを受け止める

ひどいことをしてしまったのは、生い立ちや状況のせいだと言う人もいるが、これは言い訳にしか聞こえない。謝る側は、相手の怒りや痛みにしっかりと耳を傾ける必要がある。

言葉を遮ったり、反論したり、事実を正したりしないこと。相手にも非があり、それに比べたら自分のしたことは小さいと思う場合もあるだろう。そうした時も、批判をせず自分の悪かった点を素直に認めて謝罪した方がいい。

誠意のこもった謝罪は、受ける方にもする方にも良い影響を及ぼす。苦々しさや怒りの感情に振り回されていた人は、それをきっかけに気持ちを鎮めることができるだろう。また謝る方は、自らの中に誠実さや成熟を認めることができ、自分自信への敬意を失わずに済むのだ。

© 2017 The New York Times News Service

[原文:The Right Way to Say 'I'm Sorry'/執筆:Jane E. Brody](抄訳:Tom N.)

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. ヒントは「脳科学」にあった! 何も叶わない、変わらない現状を変える方法

    5. 幸せになれるのは一瞬だけ。本当は怖い「疲れたときには甘いもの」

    6. ひたすら「なぜ」を繰り返すだけ。ネガティブ思考を消し去る方法

    7. 地味だけど栄養豊富。チーズ欲も満たせるカリフラワーのマッシュポテト

    8. 納豆とヘルシー食材で夏バテ&冷え対策。管理栄養士おすすめレシピ3つ

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    1. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    5. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    相手の怒りを鎮める謝罪のしかた [The New York Times]

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More