1. Home
  2. MIND
  3. 毎日22分以上の運動でしあわせな気分を手に入れる

毎日22分以上の運動でしあわせな気分を手に入れる

2,546

心身の健康を扱う研究を目にするたび思うのは、心と身体と脳は、切っても切れない関係にあるのだということ。たとえば、脳の認知能力改良に役立つティップスは、たいてい健康にもよければ、メンタルヘルスにもいいものだったりするからです。

運動と幸福度の関係性

20180423_happy

image via Shutterstock

その印象を、さらに裏付けるような研究結果が、先月「Journal of Happiness Studies」に発表されました。これは、ミシガン大学の研究者たちが、過去数年の研究23点をメタ分析したものです。被験者は、年齢、国籍、バックグラウンドもまちまち。中には癌治療経験者を対象としたものもありました。

(23の研究のうち、18にあたる)観察研究は、すべて、運動と幸福感との間に関連があると報告しています。週に10分や、たった一度の運動で、幸福度を上げることができるのです。(中略) また、エアロビクス(有酸素運動)と、ストレッチ/バランス運動のいずれも幸福感を改善するのに効果があることが示されています。

(「Springer Link」より翻訳引用)

ピークは週150分の運動量

週にたった一度、10分の運動でも幸福感がアップするというのは、大変な朗報です。しかも、同報告によれば、ある一定のピークを過ぎると、満足度はほぼ同じということもわかりました。

週に150~300分の運動をしても、300分以上の運動をしても、満足度は同じであることを、明らかにしている研究もあります。

(「Top Santé」より翻訳引用)

週150分以上ということは、毎日するなら、一日平均22分の運動になる計算です。これは、ウォーキングやサイクリングだけでなく、ヨガなどインドアのスポーツでも、あっという間に過ぎる時間に思えます。

一日22分の運動で、幸せな気分になれるのなら、試す価値はあるというもの。私も、プランクとストレッチを日課にしていますが、今日からは時間を測り22分の壁を確実に越えるようにしてみようと思います。

Springer Link,Top Santé

冠ゆき

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 寒いと滅入るのは気のせいじゃない。季節性感情障害(SAD)の乗り越え方8

    3. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    4. 溜め込んだ疲れをスッキリ! 年末の疲労をすばやく回復する方法5つ

    5. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    6. ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

    7. SNSに写る横顔の印象はOK? どんな横顔でも凛とした顔でいる方法

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    5. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    8. ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. 消防士や警察官も実践! 16秒でできる、緊張感を和らげる方法

    1. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    5. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    毎日22分以上の運動でしあわせな気分を手に入れる

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More