1. Home
  2. STYLE
  3. 水垢はデニムで消える。春の大掃除「スプリング・クリーニング」のすすめ

水垢はデニムで消える。春の大掃除「スプリング・クリーニング」のすすめ

1,305

20180421_spring_cleaning

「部屋の乱れは心の乱れ」とよくいわれます。年末の大掃除は新年を迎えるための行事ですが、4月からの年度初めに取り入れたいのが「スプリング・クリーニング」。欧米では春から初夏に大掃除をするのが一般的で、さまざまなメリットがあるそうです。

スプリング・クリーニングのメリット5つ

「ダスキン」によると、春は“掃除のプロ”もすすめる大掃除のベストシーズン。5つのメリットがこちらです。

1.高い気温と湿度で汚れが落ちやすい

気温や湿度が高いと、汚れが落ちやすくなるのだそう。考えてみれば、洗濯物も水よりお湯洗いのほうが汚れ落ちがいいですよね。スプリング・クリーニングの大きなメリットです。

2.梅雨前のカビ対策ができる

湿度が高まり、カビが繁殖しやすくなる梅雨前に掃除をすることで、カビの増殖を防ぐことができます。水回りの汚れや、残った洗剤はカビのエサですから、この時期に一掃しておくのが得策です。

3.花粉や黄砂を除去できる

ニュースで、“ハイブリッド花粉”という恐ろしい言葉を耳にしました。そろそろ花粉シーズンも終盤かと思いきや、花粉に黄砂やPM2.5が合わさり、アレルギー症状を長引かせる可能性があるのだとか。健康被害を防ぐためにも、窓や網戸こそスプリング・クリーニングです。

4.水を使う掃除がラク、水の乾きが早い

冷たい水で体を冷やさずに掃除ができ、乾きが早いため湿気もこもりにくいとメリットばかり。バスルーム、ベランダ、玄関先の大掃除は「春」と決めるのもいいかも。

5.部屋の整理と衣替えが一緒にできる

新生活や衣替えのタイミングに合わせることができる、という指摘に納得。気分を一新したい春は、大掃除のベストタイミングなのかもしれません。

身近なアイテムを使った掃除テクニック

身近なアイテムを使ったお掃除テクニックも、大掃除を始める前におぼえておくと便利です。「ダスキン」の“掃除のプロ”は、家に必ずある定番アイテムを活用していました。

1.洗剤の効果を高めるには「ラップ」

洗剤をスプレーした上からラップを貼り、10~20分程度放置するだけ。汚れやカビに洗剤を密着させることで、コンロの油汚れや風呂場の壁がすっきりきれいに。

2.ゴムパッキンやサッシの溝など狭い場所には「ティッシュペーパー」

ラップで覆いにくい狭い部分には、ティッシュペーパーやキッチンペーパーをこより状にして汚れに密着させるといいとのこと。

3.蛇口や浴室の鏡など水垢汚れには「デニム」

いらなくなったデニムは捨てないで。濡らしたデニム生地で磨くだけで、水垢がキレイに落とせるのです。密に織られた生地と表面の凹凸が拭き掃除に向いているそう。

4.ステンレスの磨き上げには「ストッキング」

ステンレスはストッキングで磨くとピカピカに。細くやわらかい繊維のおかげでステンレスに傷をつけず、きれいに拭き上げることができます。

掃除は嫌いでいい。上手になればいい」と、ドイツ式の掃除術にくわしい沖幸子さんは仰っていましたが、こんなふうに身近なアイテムを使いこなせれば、お掃除上手に近づけそうです。まずは天気予報を確認して、スプリング・クリーニングデーを確保しておこうと思います。

ダスキン

image via shutterstock

田邉愛理

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    5. 健康な食事の基本。食生活にプラスしたいこと、マイナスしたいこと

    6. レモン水をめぐる5つの迷信

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    9. 肌の疾患が心臓病のリスクをあげる? 意外な5つの原因

    10. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    7. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    8. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    水垢はデニムで消える。春の大掃除「スプリング・クリーニング」のすすめ

    FBからも最新情報をお届けします。