1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 日本初上陸。たっぷり使える、死海の塩を使ったバスソルト

日本初上陸。たっぷり使える、死海の塩を使ったバスソルト

1,917

小竹美沙

「シャワーよりも湯船につかるのがいい」と、頭では分かっているものの、毎日実行するのはなかなか難しい。そんなとき、バスタイムのモチベーションになるのがバスソルトです。

お気に入りがいくつかありますが、最近はドイツ生まれの「Frühmesner®(フリューメスナー)」が好きです。質のよさはもちろん、たっぷり入っているのに良心的な価格なのも魅力。

死海の塩をベースに使ったハーブバスソルト

1804_fruhmesner_01

ドイツ・モーゼル川沿いの街Tarben-Trabach(トラーベン・トラーバッハ)。ここにフリューメスナー社と関わりの深い修道院があります。13世紀半ば、修道僧たちは、朝の礼拝をするために大変な道のりを経て城へと向かっていました。毎朝の礼拝に向かう修道僧たちの心の寄りどころとなっていたのが、中庭のハーブガーデン。

1931年頃には、中庭のハーブを使って治療用のバスオイルが作られたといわれています。ブランド名であるフリューメスナーは、ドイツ語で朝の礼拝を意味する「Fruhmesse(フリューメッセ)」に由来しているというのも納得。現在、フリューメスナー社では、ハーブへの深い知見を活かし、人々の体の悩みやニーズに合わせたハーブを使って、バスソルトやシャワージェルなどのプロダクトを作っています

フリューメスナーのバスソルトのベースとなっているのは、死海の塩。死海の塩には、天然のミネラル・塩化マグネシウムが豊富に含まれています。また、海水塩に比べてピリピリした刺激を感じにくいと言われています。

気分や体調に合わせて揃えたくなるラインナップ

1804_fruhmesner_02

フリューメスナー バスソルト / 各1,200円(税別)、使い切りタイプ / 各270円(税別)※2018年5月9日からBiople by CosmeKitchenにて先行発売

バスソルトのラインナップは4種類。すべてのバスソルトに、サフランが配合されていて、肌のターンオーバーを整える働きが期待できるそう。

  • グッドナイト…ラベンダー&バジルのほのかな香りが感じられるブレンドです。
  • ディープブレス…エルダーベリー&ローズマリーは、思わず大きく深呼吸したくなるような香り。
  • アフタースポーツ…一般的に、疲労回復にいいといわれているジュニパーを配合しています。スポーツの後はもちろん、立ち仕事の方にもオススメです。
  • ラブウーマン…ジンジャー&ミントを使ったラブウーマン。ドイツでも、生姜は美しさの秘訣として親しまれているそう。

キャップで計量できて、1度に1杯を入れるなら8回から10回ほど使うことができます。使い切りタイプはプレゼントにはもちろん、まずは少量で香りを試してみたいときにぴったり。実際にアフタースポーツを入れてみると、しっかりと汗をかき、体の芯から温まりました。また、お風呂から出た後もポカポカした心地が長く続くなと感じます。ちょっと贅沢ですが、4種類すべてを揃えて、その日の気分で選ぶのも楽しそう。

Biople by CosmeKitchen

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析