1. Home
  2. STYLE
  3. 多肉植物の育て方と初心者におすすめの3種類

多肉植物の育て方と初心者におすすめの3種類

Rodale’s Organic Life 地球と人に優しいオーガニックスタイル

3,230

大学時代、ある日曜の午後に友人からセダム・ブリットの茎を1本もらいました。

セダム・ブリットは、ぷっくりとした丸いシルバーグリーンの葉が茎にたくさんついている多肉植物で、もらったのは短い茎でしたが、やがてゆっくりと新しい芽が出てきて、植木鉢のふちからはみ出すように伸びていきました。たまに丸い葉が土の上に落ちると、葉っぱから小さな新しい根が!

こうして最初の小さな枝がどんどん増えていき、今ではすっかり私の部屋は緑でいっぱいに。

shutterstock_375630910

多肉植物は単純で育てるのも難しくありません。いったん根付いてしまえば、手間入らず。簡単に増やせる種類も多く、適応性にも富んでいるので、コーヒー豆の空き缶から貝殻まで、何にでも植えることができるし、インテリアにもうまく溶けこみます。ここでは簡単に、多肉植物の育て方を紹介します。

多肉植物の育て方

水はけのよい土を用意し、テラコッタのような多孔性の素焼きの鉢に植える。市販の専用土を使ってもよいし、あるいは自分で配合しても。葉がふくらんでいるタイプの多肉植物には、溶岩/火山岩と有機培養土を1対1で混ぜて用います。葉が薄いタイプは、軽石に同量の培養土を混ぜた土を用いてください。

多肉植物は、朝の太陽の光と日中の明るい日陰を好みます。置く場所は南向きか東向きの窓辺に。窓は薄いカーテンでおおって、葉が焼けないように保護しましょう。

植木鉢の下に受け皿を置き、水やりをしたら受け皿にたまった水を捨てること。次の水やりは、ほとんど完全に土が乾いてから。肉厚の植物ほど、水やりの頻度は少なくてすみます。

温度

春に花を咲かせたいなら、冬には多肉植物を暖房から遠ざけること。植物が休眠状態になり、涼しい環境で(理想は7度から12度)蕾がつきます。

肥料

春に、半分に希釈した有機肥料を与えます。

初心者におすすめの3種類

shutterstock_1058010644

『Succulents Simplified』の著者デブラ・リー・ボールドウィンは「植物にやりたいことがひとつあるとしたら、それは繁殖すること」と書いています。多肉植物もうまく増やしていきたいですね。次の3種類がおすすめです。

クラッスラ

増やすのがもっとも簡単な多肉植物。挿し木や葉挿しで増やせますが、親株が光合成をして再生できるように、もとの茎にも何枚か葉を残しておくこと。

グラプトペタルム

ロゼットで育ち、たくさんの色がある多肉植物。肉厚の葉には、新しい葉が育つのに必要な栄養がすべて含まれています。日焼けには敏感なので、直射日光は避けるようにします。

セダム

放っておけばぷくぷくとふくらんだ葉が母株の下に落ちて、何もしなくても新しい株が育っていきます。

Larell Scardelli/How To Grow Succulents

訳/Maya A. Kishida

    specialbunner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?