1. Home
  2. BODY
  3. 快便ヨガから骨ストレッチまで、体をほぐして伸ばす記事まとめ

快便ヨガから骨ストレッチまで、体をほぐして伸ばす記事まとめ

3,609

クリハラチナツ

20180419_stretch

image via Shutterstock

新生活は良くも悪くも気を遣うもの。心を張り詰めて生活しているとついついリラックスを忘れてしまい体まで力が入りっぱなしに。そんな時は体をグーンと伸ばしてストレッチ。心身共にゆるめてあげましょう。体の緊張をほぐすのにぴったりな記事をピックアップしました。

快便を促す超簡単ヨガポーズ

intestine_yoga_eyecatch

体を気持ちよく緩めていくにはヨガがベスト。体の内側から整えられるのも魅力です。ここでは女性が悩みがちな「便秘」解消に効果的なポースが紹介されています。便秘は万病の元と言われるように、血行不良による肩こりや肌荒れを引き起こします。溜め込みモードになっている体をじっくり伸ばしてお腹からスッキリしたいですね。 >>快便を促す超簡単ヨガポーズ〜自宅編&オフィス編

ゆがみを整えて姿勢美人になるアイテム

1803_distortion_free_top

いつもバックを持つ手、決まっていませんか? 普段何気なくしている動作に偏りがあるときは、骨盤の歪みが出ているのかも。そんな時は肩こりやむくみの原因になる骨盤の歪みを整えてくれるアイテムがあると便利。座るだけ、つけるだけ、なら簡単に毎日使うことができますね。>>ゆがみを整えて姿勢美人になるアイテム10選

骨ストレッチで体をゆるめて整える

20161219_bone

肩こり腰痛が辛い! でもなかなか忙しくてマッサージに行けない......。ならばおうちでストレッチ。メディアでも話題になった骨ストレッチなら特別なマシンや道具が一切不要。いかに頑張らないか、がポイントのゆるめるストレッチでしなやかな体に近づきましょう。 >>骨ストレッチで体をゆるめて整える方法

余計な力が入って固まってしまった体にお疲れ様の気持ちを込めてゆっくりストレッチ。しっかり休むからこそ、テキパキ働くことができるもの。いつもの生活にストレッチを組み込んでメリハリのある暮らしをしていきたいですね。

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析