1. Home
  2. EAT
  3. パンとオリーブオイルのおいしい関係【TOKYO VEGAN】

パンとオリーブオイルのおいしい関係【TOKYO VEGAN】

TOKYO VEGAN

5,114

大皿彩子 Saiko Ohsara

1

パンにバター。おいしいですよね! 自他ともに認めるパン好きで、バタ子(バター好きでどうしようもない子)の私ですが、最近、パンのおともとしてバターと並んで手放せない存在になっているのが「オリーブオイル」です。 オリーブオイルは、とくにヨーロッパでは、味の決め手として選ばれるほど旨み、コク、香りが豊かな植物性食品。野菜との相性も最高なのでVeganの料理に大活躍です。

今回は、「いやいや、パンにはバターでしょう? オリーブオイルはバターの代わりにはならないでしょう!?」と、不思議に思う方にこそ試していただきたい、“パンとオリーブオイルのおいしい関係”についてご紹介します。

バゲット×オリーブオイル

2

3

パン屋さんを取材させていただく機会が多いのですが、そのなかで、バゲットはパン職人さんが魂を込める1本であることを知りました。香り、味、食感、繊細な差異に気を配り、作り上げられているものなのです。

間違いなく、何もつけずにそのまま食べておいしい。しかし、バターなどのアクセントがあったほうがたくさん食べられる方が多いはず。例外なくわたしも、バゲットにバターをたっぷり乗せていただくのが大好きです。

しかし、おいしいオリーブオイルに出会い、バゲットにかけて食べたときの衝撃は忘れられません。ひとくちめで鼻に抜けるオリーブオイルの香りと、ピリっとポリフェノールの辛味のあと、 噛むたびにひろがる、バゲットの香りと、甘み、うまみ。そしてそれが、長く続く。

バターと一緒に食べたときよりも、 バゲットそのものの甘みや、隠された塩味が際立つ気がします。 たくさん食べてももたれにくいのも、オリーブオイルのVeganマジックでしょうか。

バゲットはぜひ、水平にスライスするようにカットしてください。 気泡にオリーブオイルが染み込み、最高のバランスでいただけます。

トースト×オリーブオイル

4

カリッと焼いたトーストに、オリーブオイルをたっぷりと。温かいパンの上でオリーブオイルの香りがひらき、適度に染み込みます。

この食べ方も、トーストの生地(食パンそのもの)の甘さをよりシンプルに感じられます。上質なオリーブオイルだと、口に入れたとき主張しすぎずパンの味を際立たせる……甘いのがお好きなら、上からさらにメープルシロップをたらり。

柔らかな食パン生地にからむオリーブオイルとメープルシロップ。バターのことを忘れてしまう……? おかわり!と言いたくなること間違いなし、の TOKYO VEGAN的アレンジトーストです。

あんパン×オリーブオイル

5

そして、最後にオススメしたいのが、あんパンとの相性。パンにあんことバターをはさんだ「あんバター」なるサンドイッチが好きでよく食べては、あんことバターの相思相愛っぷりにちょっと嫉妬します(笑)。バゲットやトーストですっかり、パン×オリーブオイルにはまっていたので、あんパンでも試したところ……大正解でした。

半分に割った、またはかみついた断面にあらわれるあんこと生地の間、その空洞に、オリーブオイルをたらたら。オイルごとかぶり、とかじりついてわかる、気づいていなかったあんパン本来の味あんこの味わい。パンに秘められた小麦の風味と甘み。オリーブオイルはあくまで引き立て役

ひとくち食べるとあとをひく、あんパン好きに、一度はためしてほしいおいしさです。小豆(あん)も小麦(パン)も植物性食材だから 植物性の油脂と仲良しなのかもしれません。

ぜひ、オリーブオイルは、新鮮でおいしいものを! 今回は、バター大好きな私が、つかの間バターを忘れてしまう、パンとオリーブオイルのVeganな食べ方をご紹介しました。Veganでもパン食は豊かだから、パンを食べる楽しみは、100年先も変わらずにあると信じています。まずは一度、お試しください。

(パンのご協力:BEAVER BREAD/ 東日本橋)

Photo by 柳詰有香 Yuka Yanazume

Vegan(ヴィーガン)とは、完全菜食。 動物性のものを一切使わないライフスタイルや、そのような食事のことをさす言葉。 本連載『TOKYO VEGAN』では、おうちでつくれるVeganレシピのほか、おいしい野菜や調味料、世界のVegan事情についてなどをゆるゆると綴っています。

次回は、インドネシアのバリ島で出会った、魔法のようなVeganスイーツについてお届けします。お楽しみに!

Profile:大皿彩子 Saiko Ohsara

profile

Alaska zwei 店主 / 株式会社さいころ食堂代表、"おいしい企画"専門のフードプランナー。Veganカフェ『Alaska zwei』の運営のほか、食に関わるブランドプロデュース、レシピ開発、空間コーディネート、イベントのトータルコーディネート等を行う。saikolo.jp

    Ranking

    1. 二の腕を伸ばすだけで、気持ちよく姿勢改善。巻き肩さんのストレッチ

    2. 野菜は「茹で過ぎ」こそおいしい。飛田和緒さんの新しい野菜料理

    3. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    4. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    5. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    6. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    7. ふるふる、しゅわしゅわの食感に癒やされる「台湾カステラ」

    8. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    1. 洋風アレンジも自在。万能「白菜」の絶品スープレシピ4選

    2. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    3. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. 野菜は「茹で過ぎ」こそおいしい。飛田和緒さんの新しい野菜料理

    6. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    7. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    8. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    9. 二の腕を伸ばすだけで、気持ちよく姿勢改善。巻き肩さんのストレッチ

    10. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    1. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    2. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    3. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    4. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    5. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    6. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    7. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    8. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    9. 月に一度「ノープランの日」を予定しておくべき理由。休暇を「本物の休暇」として使うコツ

    10. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら