1. Home
  2. EAT
  3. 「月経前症候群(PMS)」にいいと科学的に証明された6つの食品

「月経前症候群(PMS)」にいいと科学的に証明された6つの食品

Rodale’s Organic Life 地球と人に優しいオーガニックスタイル

28,012

数えきれないほどの女性が悩まされている月経前症候群(PMS)。生理の前に激しい腹痛や頭痛、気分の浮き沈み、不安感、抑うつ感などの症状が現れます。あまりにもPMSが激しいので、何もできなくなってしまう人さえいます。

腹痛やストレスにサヨナラできる食材は?

shutterstock_477533608

PMSになったら、薬に頼ろうとするかもしれませんが、多くの症状を軽くするために役立つ食品があるという研究結果がもたらされました。この6つの食品を次にご紹介します。

ピーナッツバター

PMSFood_peanutbutter_1000

生理の間、どうしても気分が落ち込んでしまう方には、ピーナッツとピーナッツバターが適した食品です。ピーナッツにはビタミンB6とマグネシウムが豊富に含まれています。 マグネシウムは、うつ症状と闘ってくれる天然の“気分安定薬”であるセロトニンを作り出すのを助けますから、気分をよくしてくれます。セロトニンに加えて、身体の睡眠機能の調整に関わっているホルモン、メラトニンの生成も、ビタミンB6がうながします。マグネシウム、カルシウム、ビタミンB6を多く取れば、腹痛を軽くしてくれるものです。

ポーク&ビーンズ

PMSFood_porkbeans_1000

豚肉&豆類は、PMSを防ぐ可能性が証明されているビタミンB群の「チアミン」と「リボフラビン」が豊富です。マサチューセッツ大学アマースト校の研究によると、毎日1.9ミリグラムのチアミンと2.5ミリグラムのリボフラビンを取った女性は、PMSになるリスクが低くなると分かりました。つらい腹痛を起こさないために、豚肉85グラムと調理した豆1カップを定期的に取ってみてください。

ホウレンソウ

PMSFood_spinach_1000

PMSによるニキビに悩まされている方は、ホウレンソウをもっと食べてみましょう。ホウレンソウには、ニキビや乾燥肌に有効で紫外線からも保護してくれるビタミンAが豊富に含まれています。また、同様に多く含まれているカルシウムは、ある大規模な研究によると頭痛や腹痛、気分の変わりやすさ、異常な食欲増加などのPMS症状を半減してくれるそうです。

サーモン

PMSFood_salmon_1000

これひとつでいろいろな症状に効く食品となれば、鮭もよい食材。元気が出なくて、ストレスに負けそうで頭がぼんやりしているならいいかもしれません。鮭はオメガ3脂肪酸が豊富ですから、気分と脳の働きの両方を助けてくれます。ビタミンB群もとても多く、元気回復にも効果的。さらに、ビタミンDもたっぷり含まれていますから、ストレスや緊張を軽くしてくれるものです。

ダークチョコレート

PMSFood_chocolate_1000

月経前にダークチョコレートが無性に欲しくなったらそれは納得。ダークチョコレートには、血液の循環を良くして血圧を下げる抗酸化物質がぎっしり詰まっています。疲労感やイライラに効果があるマグネシウムも豊富です。

バナナ

PMSFood_banana_1000

月経の2日も前から腹痛に悩まされることもあります。そのような場合には、食事にバナナを1、2本はどう? バナナはカリウムが豊富ですから、腹痛に効きます。

Rochaun Meadows Fernandez/6 Foods Scientifically Proven To Fight PMS Symptoms

訳/STELLA MEDIX Ltd.

    regularbanner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    6. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    8. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    9. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?