1. Home
  2. MIND
  3. 幸せにまつわる5つの迷信──逃さない人の知恵とは?

幸せにまつわる5つの迷信──逃さない人の知恵とは?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

4,000

幸せはつかまえがたいものですよね。自己啓発本やインフルエンサーの言葉がぐっとくることもありますが、そんな確実ならば苦労しません。

幸せにまつわる迷信がたくさん

shutterstock_373832692

「幸せはすぐに逃げていきがち。だれかが幸せになると、別のだれかが不幸になったりもします」と、ジョンズホプキンス大学医学部、神経科学の教授で、『手触り~手・感情・精神の科学~(Touch: The Science of Hand, Heart, and Mind)』の著者、デイビッド・リンデンさん。 幸せにまつわる深イイ話は星の数ほどありますが、常識と思われているなかにも迷信があります。科学的な研究成果に基づいて斬ってみましょう。

迷信1 : 幸せはお金で買えない

1-gettyimages-84429678

お金がたんまりあるからといって必ずしも幸せは約束されないのですが、宝くじに当たったら別。まずは時間を節約する目的で使えば、ある意味、幸せはお金で買えます。「衣食住などの基本的なものが満たされた後は、家政婦や庭師のような時間を節約できることにお金を使えれば、より幸せになれるんですよ」とハーバード大学ビジネススクール准教授のアシュレー・ウィリアムズさん。

アシュレーさんが手がけた研究によると、4000円を衣類につかったときと、家政婦のような時間を節約できるサービスにつかったときを比べると、時間節約につながるサービスを買った方が精神的な安定につながって、時間に関連したストレスが解消されるとわかったとのこと。

迷信 2 : 幸せな人は長生きする

2-gettyimages-867077094

ハッピーだからといって長生きできるわけではありません。「健康だけど不幸だと話している人、幸せだと言っている人。比べても死亡リスクは同じ」と、医学雑誌『ランセット』掲載の研究は結論を出しています。もっともハッピーと思っている人が悪いわけではありません。ポジティブだと糖尿病のような病気の治療がスムーズにいくということも研究でわかっているからです。

迷信3 : 幸せを追うともっとハッピーに

3-gettyimages-690697431

そうとは限らないのがやはり難しいところ。「ハッピーを追求すると、むしろブルーになる」というが医学雑誌『エモーション』の最新研究の結論。「ハッピーに感じることは究極的な大切なこと」という考え方にどれくらい同意できるかを質問したうえで、ストレスを感じた出来事を日記につけてもらい、そのときにうれしかったか、悲しかったかなど感情も記録してもらいました。「ハッピーに感じるのはとても大事」と答えた人の方がストレスを感じたときに孤独を感じやすかったのです。

「幸せも限度があるってこと。ハッピーでなければ……とか思っていると逆に負担になってしまうのです」(ジョンズホプキンス大学のリンデンさん)。2012年のオーストラリアの研究によると、ポジティブな姿勢をもてはやす風潮はかえって人々をネガティブにしてしまうという報告も。

迷信4 : 選択肢が増えることでより幸せになる

4gettyimages-816997612

アマゾンで商品の多さに圧倒されて選べない。そう感じたならば、「選択肢の過多」(研究者バリー・シュワルツさん)の問題がわかるはず。かえって疲れてしまって、楽しくなくなってしまうんです。

たとえば、いろいろな種類の「確定拠出型年金の401Kファンド」を提示された従業員の行動を調べた研究があります。選択肢が一番多いものを選んだ人が、一番少ないという結果に。逆に好まれたのは、選択肢の限られたもの。憂鬱から陽気に変える数字とは? 「3~5の選択肢ぐらいがハッピーの目安」とリンデンさん。

迷信5 : ソーシャルメディアで“友達”の多い人は幸せ

5gettyimages-866052426

「フェイスブックで生活が充実している人を見ると、ちっぽけな自分と比べてしまい落ち込む?」とデンマークのコペンハーゲン大学の研究者モルテン・トロムホルトさん。

トロムホルトさんは、フェイスブックを利用するふたつのグループを分析しました。ひとつ目のグループはSNSを1週間休んでもらって、もうひとつのグループは自由に投稿をチェック。結果として、「フェイスブックを控えたグループの方が、普通に使っていたグループよりもよりハッピーで、ストレスも少なく感じていました」(トロムホルトさん)

Blake Miller/5 Myths About Happiness

訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    3. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 洗ってないシーツはカビやダニの温床! ベストな洗濯頻度は月◯回?

    6. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    7. ストレスでゆらぐ肌をケア。ナチュラルスキンケアブランド【プレゼント】

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. 寒いのに、ひどく汗をかくのはなぜ? 医師が教える発汗の抑え方

    10. サプリメントを摂る必要は本当にあるの? 医師に聞きました

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    8. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    9. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    10. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?