1. Home
  2. BODY
  3. 持久力向上の隠れキーワードは鉄。チャージのための秘密兵器

持久力向上の隠れキーワードは鉄。チャージのための秘密兵器

ポジティブ栄養学

2,215

吉川圭美

20180418_tetu

image via Shutterstock

身体を動かすのは気持ちいいもの。終わったあとのスッキリ感もいいですよね。でも一方でぜいぜいして疲れやすかったり、持久力が続かない、なんてことも。それはもしかしたら、鉄が足りていないサインかもしれません。意外なようですが、スポーツと鉄とは切っても切り離せない深い関係にあるんです。

「赤血球の量産」で持久力も上向きに

私たちの身体の細胞は、今日も酸素を使ってエネルギーを作り出しています。そのエネルギーのおかげで私たちは、歩いたり走ったり、笑ったり泣いたり、といろんなことができています。

エネルギー作りに欠かせないのが酸素。その酸素を全身のすみずみにまでデリバリーしているトラック役が赤血球です。真ん中がぽこんとへこんだ形をしていて、とてもやわらかく、自身よりも細い毛細血管にもスルリと入ることができます。

赤血球を作る材料のひとつが鉄。これが不足するとどうなるか。当然、全身の細胞に酸素を送り届ける量も減ってしまうことになります。そのため、筋肉の細胞でもエネルギー作りがうまくいかず、息切れしやすくなったり、疲れやすくなったり......。

また、赤血球は細胞の一種。細胞には核があり、ミトコンドリアがある、と生物の授業で習った人も多いと思いますが、実は赤血球はこれらをもっていません。これは赤血球自体が、他の細胞のように酸素を使って自らのエネルギーを作ることができないことを意味します。それは酸素を運ぶトラック自身が、積み荷を自ら使ってしまうことのないように、とも推測されているのだとか。また寿命も約120日と比較的短めです。それだけに、体内で赤血球が量産できるよう、材料を入れることが必要となってきます。運動をしているならなおさらです。

ちなみに、ランニングやバスケット、バレーなど、足をバーンと強く地面につける運動をする人も積極的な鉄チャージを。というのも、足を地面につける衝撃で赤血球が壊れてしまうため、貧血になりやすいのです。

鉄チャージの秘密兵器、鉄玉子

最近、日々の鉄チャージに便利なアイテムを見つけました。それは南部鉄器で作られた鉄玉子。お湯をわかすとき、やかんに入れることで鉄分が溶け出し、少しずつ鉄がチャージできるというものです。味噌汁作りなど調理に使うのもいいかもしれませんね。

ちなみに食事は野菜中心、かつ、身体を動かすことが大好き、という人はちょっと気がかり。そもそも鉄にはタンパク質にくるまれたヘム鉄と、そうでない非ヘム鉄の二種類がありますが、ヘム鉄は肉や魚など動物性食品に多く、ほうれん草やプルーンなど植物性のものに多いのが非ヘム鉄です。人間の身体と親和性が高く、吸収率も高いのはヘム鉄。非ヘム鉄は吸収率は2〜5%と低く、食物繊維やコーヒーのタンニン、玄米のフィチン酸が鉄の吸収をさまたげてしまうため、一緒にとることでさらに吸収率が低くなってしまうことに。

たとえば「今日は玄米ごはんと葉物たっぷり味噌汁にしようかな」というときは、ぜひ卵焼きをプラスするのがおすすめ。卵のタンパク質がほうれん草など、野菜に含まれる鉄の吸収を助けてくれます。

最後のふんばりがきくようになった、いつもより長く走れるようになった、など、変化が少しずつあらわれてきたらしめたもの。栄養の力を借りることで、トレーニングがもっと楽しくなっていきます。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

    specialbunner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?