1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. パワフルに光老化から守る、ナチュラル成分のUVケアコスメ5選

パワフルに光老化から守る、ナチュラル成分のUVケアコスメ5選

1,121

シミやシワなど肌へダメージを与える光老化の要因になるのは、波長が短い紫外線と、波長が長く肌の皮下組織まで届く近紫外線やブルーライトなど。太陽以外にもパソコンやスマホなど、光にさらされているライフスタイルは、肌への負担もさらに大きくなりそう。そこで、ノンケミカルでもしっかり光から肌を守ってくれる、オーガニックのUVケアコスメを5ブランドご紹介します。

オーガニックUVケアコスメ5選

1804_organic_uv_01

image via shutterstock

すべての光に対応して、やさしくしっかりブロック

1804_organic_uv_02

アムリターラ「オールライト サンスクリーン クリーム」SPF18 PA+(40g)/ 4,104円(税込)※4月23日発売

アムリターラ」から、UV-A、UV-B、ブルーライト、近赤外線のすべてに対応した日焼け止めクリームが4月23日に新発売。94.2%というという高いブルーライトカット率に優れたアイテムです。光をカットしているのは、天然ミネラルの紫外線散乱剤セリウム」。光活性がほぼない性質のセリウムをさらに植物由来成分でコーティングし、肌負担ゼロで肌への悪影響がないところも魅力。アマナツとローズマリーのエッセンシャルオイルがさわやかに香り、植物由来の美容成分で肌を保湿しながら、あらゆる光をやさしくブロックしてくれます。

手軽につけ直しできる和コスメパウダー

1804_organic_uv_03

まかないこすめ「しろさら保湿いつでもUVパウダー」SPF50 PA++++(10g)/ 3,024円(税込)※4月27日発売

まかないこすめ」からは、外出先の化粧直しや、こまめなつけ直しにも便利なUVパウダーが4月27日に発売されます。パフの中にUVパウダーが入っているという、一体型パフ。お化粧の上からでもぽんぽんと優しく肌にのせるだけで簡単にケアができるので、UVケアの理想となる2~3時間おきのつけ直しも可能です。天然由来成分のサラサラとした優しいつけ心地は、小さなお子さまにも安心。高い紫外線効果がありながら、クレンジングも不要で、石けんで手軽にオフできます。

美容液の役割も果たし、肌力を底上げする

1804_organic_uv_04

アンティアンティ「UVコントロールジェル」/ 5,250円(税込)

水と花にこだわったオーガニックコスメ「アンティアンティ」のUVコントロールジェルは、美容液としても使えるほどナチュラルな処方でハンドメイドされたもの。シルクパウダーが、紫外線を乱反射しダメージから守ってくれます。配合されたカモミールが紫外線などのストレスを緩和、ネロリが肌の再生をサポートしてくれます。肌が健康で本来のターンオーバーを繰り返していれば、光老化からの早い回復が期待できます。自然科学のプロセスでつくられたUVコントロールジェルは、心と体にも作用し肌を美しくしてくれそうです。

ワイルドクラフト原料で保湿とハリを与える

1804_organic_uv_05

QUON「クオン イミュナイザー UVセラム」/ 3,024円(税込

QUON(クオン)」は、植物の生命力が凝縮された「無農薬・自然農」栽培のワイルドクラフト原料の大和茶の茶葉や茶花、茶実が使われているのが特徴。大和茶の美容成分のカテキンやサポニン、オレイン酸は紫外線によるダメージから肌を守り、ふっくらとした潤いを与えてくれます。ワルドクラフト以外に使われている原料は、国産の自然原料、オーガニック認証原料など。このUVセラムには、静岡のアロエ畑で栽培されたアロエベラをたっぷりと配合。UVケアしながら、化粧水のようにみずみずしい潤い感と乳液のような角質層まで浸透する保湿力、美容液のようなハリを全身に与える贅沢なUVセラムです。

和漢植物エキス配合、オールシーズン対応

1804_organic_uv_06

Larネオナチュラル「UVホワイトプロ」SPF24 PA++ / 2,894円(税込)

Larネオナチュラル」のUVホワイトプロは、UVケア、保湿乳液、メイク下地とオールシーズン使えるタイプ。ネオナチュラルのアイテムのおもな原料は、自社有機農場で栽培されているオーガニックヘチマ。ヘチマには「ヘチマサポニン」という美容成分が含まれています。UVホワイトプロにもオーガニックヘチマ水がたっぷり配合され、肌にうるおいと透明感を与えてくれます。ストレスや紫外線の増加など、肌トラブルの原因になる変化が多い春にはピッタリ。首まわりや手足にも良さそう。月桃やローズ、フランキンセンスなど、和漢美容植物の香りでリラックス効果も。

もともと、肌は光を散乱する働きも備えています。太陽光は体をあたためたり殺菌効果もあり、肌が健康であれば心配しすぎる必要はないもの。オーガニックコスメに含まれる植物には、美容成分の働きだけでなく、肌トラブルの要因になる心身のバランスを整えてくれることも期待できます。パソコン仕事がメインの人は、スマホを見るのを控えめにしたり、ライフスタイルを少し見直しながら、美しい肌をキープしていきたいですね。

アムリターラ,まかないこすめ,アンティアンティ,QUON,Larネオナチュラル

奥田景子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    2. 20キロ以上やせた女性たちが紹介。ダイエットに効果的なヘルシーおやつ9つ

    3. 「幸せで当然の毎日」あなたがもっともっと愛を受け取るために必要なこと

    4. その背中の痛み、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 客室乗務員に聞く! 飛行機内でのスキンケアTIPS

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. 10分レシピ。鉄分の吸収率を高める、ほうれん草と豚肉のごまポン酢和え

    8. 寝る前に気をつけたい、髪にダメージを与える5つの原因

    9. “素肌美人”がしている3つのこと。そして気になるビューティスポットへ

    10. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    1. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    2. 関節のスペシャリストが「とにかく避けるべき」と話す4つのエクササイズ

    3. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    4. 「5大がん検診」って? 受けるべきがん検診は何だか知っていますか?

    5. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    8. 20キロ以上やせた女性たちが紹介。ダイエットに効果的なヘルシーおやつ9つ

    9. 1週間に7杯を超える飲酒が寿命を縮めるという研究結果

    10. その背中の痛み、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    1. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    2. 空腹感を満たしたいとき、各国のトップ栄養士が食べている12のおやつ

    3. 糖尿病のリスクを上げる意外な食習慣

    4. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    5. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. 関節のスペシャリストが「とにかく避けるべき」と話す4つのエクササイズ

    9. 「果物を食べると太る」は誤解。糖質が怖くなくなるズルイ食べ方

    10. 「コーヒーを飲むとがんになる」は本当?

    パワフルに光老化から守る、ナチュラル成分のUVケアコスメ5選

    FBからも最新情報をお届けします。