1. Home
  2. BODY
  3. 口臭にさよなら、息をきれいにするシンプルな方法

口臭にさよなら、息をきれいにするシンプルな方法

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

19,821

息がくさい……たえられないその原因のほとんどは、「嫌気性細菌(生きるために酸素を必要としない細菌)」。唾液のなかに棲んでいて、腐ったようなにおいのもととなる「硫黄化合物」をつくっています。

1

食べたもののカスを栄養にしてにおいのもとをまき散らし。口、歯、舌の表面をおおう細菌たち…喉の方に流れた鼻みず、副鼻腔炎などから細菌が増えることもあって、手に負えないようにも見えてしまいます。

口の中が乾くと要注意。唾液が減ると、細菌のエサを洗い流せなくなって、暴走。湿気がなくなると、においをやわらげることすらできなくなって赤信号です。

息のにおいが気になったら手の甲をなめてみて。くんくんとかいでみて、いやなにおいがしたら残念。息も同じようににおっているはず。

次のような工夫で口臭に立ち向かいましょう。

予防のために

ブラッシングとフロッシング

shutterstock_530339332

少なくとも1日2回の歯磨きと1日1回のデンタルフロスはまず気をつけたいポイント。フロスは使い方にコツも。 「フロスはけちらないで。歯の間を、それぞれきれいにできるように長めの糸を使います。一方の端を指に巻きつけ、もう一方の端をもう片方の手の指に巻きつけて、歯と歯の間をきれいに。歯のすき間から取り出した細菌を別の歯のすき間に移動させないようご注意」とバーミンガム大学歯周病学のニコ・ゲウルスさん。

舌のクリーニング

shutterstock_280784474

舌のケアもなかなか侮れません。歯ブラシまたは舌クリーナーを使用して、歯を磨くときにいっしょに舌もこすってみること。特に舌の奥。表面がざらざらしていて、口の中でもこすれることが少ないため、細菌がたまりやすいんです。舌のクリーニングをすると、硫黄化合物の3分の1以上が減少したという研究もあるくらいです。

タマネギ、ニンニク、砂糖は控える

shutterstock_251460622

口臭を防ぐためにタマネギやニンニクを避け、さらに砂糖も控えること。「スイーツの間食は、砂糖を多く取り込んで、細菌が急激に増殖するんです」とイリノイ大学のサルバドール・ナレスさん。

家庭でできること

shutterstock_286774412

唾液でうまく細菌を洗い流すのは重要です。口の中が乾燥すると細菌がとどまってしまい、悪臭のもとになります。いやな化合物をまき散らすもとに。だから、唾液を増やすためにも水を少しずつ飲むようするんです。特に年とともに口内が乾きやすくなる中高年に近づくほど大事です。

新しい歯ブラシ

shutterstock_194646521

歯ブラシの毛はだんだん弱っていきます。だから新しい歯ブラシに替える目安は2~3カ月ほど。もちろん歯ブラシを誰かといっしょに使っちゃダメ。口臭のもとになる細菌を取り込んで、歯周病や歯のほかの病気になりやすくなっちゃいますよ。

マウスウォッシュ

shutterstock_657937936

マウスウォッシュを選ぶもの効果的。ドラッグストアで買えるドライマウス用リンスでは、「ヒドロキシエチルセルロース」や「グリセリン」といった成分が口内を潤して口臭をやっつけてくれます。一部のリンスは二酸化塩素や亜鉛塩などの薬剤を含有していてにおいを減らしてくれることも。「口内を乾燥させるアルコールを含有するリンスはさけること」と歯科医のシェリル・モーラさん。

Richard Laliberte/How To Get Rid of Bad Breath For Good

訳/STELLA MEDIX Ltd.

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    5. 健康な食事の基本。食生活にプラスしたいこと、マイナスしたいこと

    6. レモン水をめぐる5つの迷信

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    9. 肌の疾患が心臓病のリスクをあげる? 意外な5つの原因

    10. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    7. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    8. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    口臭にさよなら、息をきれいにするシンプルな方法

    FBからも最新情報をお届けします。