1. Home
  2. BODY
  3. ウンチが教える、急いで医者に行くときの6つのサイン

ウンチが教える、急いで医者に行くときの6つのサイン

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

15,113

人生の単純な真実──だれもがしているウンチ。そして、いくら親友同士でも自分の排便についてしょっちゅう話し合っているとは思えませんが、皆さんおそらく毎回それなりにウンチについては気にしているのかもしれません。

健康状態を知らせる手がかりを見逃さない

poop_main

ちっとも恥ずかしいことはありません。ウンチは健康全般を知る手がかりで、何かおかしい場合には教えてくれる、まさに先生。「排便は身体の中の様々なプロセスの結果」と、カリフォルニア州ファウンテンバレーにあるオレンジコースト記念医療センターの消化器専門医、アシュカン・ファルハーディーさん(メモリアルケア医療グループ消化器疾患プロジェクトディレクター)。ウンチはすべて知っている!

もちろん、何を食べたか、具合の悪さなどで、いつものウンチもさまざま。変な状態が続くようならば、医師に診てもらうのです。

下痢が続いている

poop1

「だれでも下痢をすることはありますが、数カ月にわたって週に3回以上下痢をしている場合は、どこかがおかしいというサイン」とファルハーディーさん。食べ物のせい、あるいはストレスのせいかもしれませんし、慢性の潰瘍性大腸炎といった深刻な事態も考えられます。

便が赤い

poop2

「最近ビーツを食べたのでなければ(やはり便が赤くなります)、大腸や肛門から血が出ている可能性。やはり急いで医師に診てもらいましょう」と語るのは、マサチューセッツ総合病院の消化器科専門医、カイル・ストーラーさん。

便がタール状で黒い

poop3

正常でも便の色は変化しますが、黒い便も腸からの出血をうかがわせる赤信号です、とストーラーさん(黒い便は過去の出血を意味し、赤い便はもっと最近の出血になります)。ストーラーさんによると、黒い便は潰瘍やガン、あるいは消化管の炎症である憩室炎などのサインです。 腸の調子がおかしかったら、ヨガの「猫と牛のポーズ」を。

便の色が白っぽいか粘土色(灰白色)

poop_6

便が黄色っぽくなるのは食べたもののせいと考えられますが、白っぽい、あるいは粘土色(灰白色)であれば、肝臓で作られた胆汁を腸まで運ぶ「胆管」が詰まっているサインの可能性とストーラーさん。胆汁は肝臓で作られて胆のうにたまり、腸に注ぎ込まれて脂肪を溶かす役に立ちます。ですから、正しく働いていないとすれば問題です。

排便のときに痛みがある

poop4

ストーラーさんによると、この原因はいわゆるいぼ痔、または肛門の皮膚が切れたための切れ痔など。「痔はとても痛くて、腸がガラスで傷つけられる感覚」(ストーラーさん)。便を軟らかくする薬を使ったり、お湯につかったりすると楽チンに。もちろん医師に相談する選択肢も忘れずに。

Korin Miller for Womenshealthmag.com/6 Signs You Should See A Poop Doctor ASAP

訳/STELLA MEDIX Ltd.

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    2. 一品200kcalが目安! 栄養士に習う「低カロリーなおかず」11選

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 自分を思いやっていますか? 禅僧が教える、5秒でできる心の筋トレ

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 糖質制限ダイエットの正しい方法。お腹いっぱい食べてもOK!

    10. お米を食べないと逆に太る? 糖質制限ダイエットの落とし穴

    1. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    2. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    3. お米を食べないと逆に太る? 糖質制限ダイエットの落とし穴

    4. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    5. 脂肪や糖の吸収をカットできる成分とは? 普段のドリンク選びのコツ

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    9. 体重ばかりにとらわれないで。実はダイエット効果が出ている10の兆候

    10. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    6. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    7. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    8. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    9. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン