1. Home
  2. BODY
  3. ウンチが教える、急いで医者に行くときの6つのサイン

ウンチが教える、急いで医者に行くときの6つのサイン

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

12,018

人生の単純な真実──だれもがしているウンチ。そして、いくら親友同士でも自分の排便についてしょっちゅう話し合っているとは思えませんが、皆さんおそらく毎回それなりにウンチについては気にしているのかもしれません。

健康状態を知らせる手がかりを見逃さない

poop_main

ちっとも恥ずかしいことはありません。ウンチは健康全般を知る手がかりで、何かおかしい場合には教えてくれる、まさに先生。「排便は身体の中の様々なプロセスの結果」と、カリフォルニア州ファウンテンバレーにあるオレンジコースト記念医療センターの消化器専門医、アシュカン・ファルハーディーさん(メモリアルケア医療グループ消化器疾患プロジェクトディレクター)。ウンチはすべて知っている!

もちろん、何を食べたか、具合の悪さなどで、いつものウンチもさまざま。変な状態が続くようならば、医師に診てもらうのです。

下痢が続いている

poop1

「だれでも下痢をすることはありますが、数カ月にわたって週に3回以上下痢をしている場合は、どこかがおかしいというサイン」とファルハーディーさん。食べ物のせい、あるいはストレスのせいかもしれませんし、慢性の潰瘍性大腸炎といった深刻な事態も考えられます。

便が赤い

poop2

「最近ビーツを食べたのでなければ(やはり便が赤くなります)、大腸や肛門から血が出ている可能性。やはり急いで医師に診てもらいましょう」と語るのは、マサチューセッツ総合病院の消化器科専門医、カイル・ストーラーさん。

便がタール状で黒い

poop3

正常でも便の色は変化しますが、黒い便も腸からの出血をうかがわせる赤信号です、とストーラーさん(黒い便は過去の出血を意味し、赤い便はもっと最近の出血になります)。ストーラーさんによると、黒い便は潰瘍やガン、あるいは消化管の炎症である憩室炎などのサインです。 腸の調子がおかしかったら、ヨガの「猫と牛のポーズ」を。

便の色が白っぽいか粘土色(灰白色)

poop_6

便が黄色っぽくなるのは食べたもののせいと考えられますが、白っぽい、あるいは粘土色(灰白色)であれば、肝臓で作られた胆汁を腸まで運ぶ「胆管」が詰まっているサインの可能性とストーラーさん。胆汁は肝臓で作られて胆のうにたまり、腸に注ぎ込まれて脂肪を溶かす役に立ちます。ですから、正しく働いていないとすれば問題です。

排便のときに痛みがある

poop4

ストーラーさんによると、この原因はいわゆるいぼ痔、または肛門の皮膚が切れたための切れ痔など。「痔はとても痛くて、腸がガラスで傷つけられる感覚」(ストーラーさん)。便を軟らかくする薬を使ったり、お湯につかったりすると楽チンに。もちろん医師に相談する選択肢も忘れずに。

Korin Miller for Womenshealthmag.com/6 Signs You Should See A Poop Doctor ASAP

訳/STELLA MEDIX Ltd.

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. ヒントは「脳科学」にあった! 何も叶わない、変わらない現状を変える方法

    5. 幸せになれるのは一瞬だけ。本当は怖い「疲れたときには甘いもの」

    6. ひたすら「なぜ」を繰り返すだけ。ネガティブ思考を消し去る方法

    7. 地味だけど栄養豊富。チーズ欲も満たせるカリフラワーのマッシュポテト

    8. 納豆とヘルシー食材で夏バテ&冷え対策。管理栄養士おすすめレシピ3つ

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    1. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    5. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    ウンチが教える、急いで医者に行くときの6つのサイン

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More