1. Home
  2. BODY
  3. 乳がんリスクを下げるために気をつけたいこと

乳がんリスクを下げるために気をつけたいこと

The New York Times

2,602

201804_nyt_breastcancer

乳がんは、非常に多くの女性がかかる病気です。米国人女性では8人に1人が、生涯のどこかで乳がんにかかるといいます。アメリカがん協会は、米国で今年新たに25万2,710人が浸潤性乳がんと診断され、4万610人の女性が亡くなると予測しています。

定期検診は乳がんの早期発見に最も有効だとされていますが、乳がんリスクを下げるために女性が自分でできること、乳がんを遠ざける普段の生活習慣は意外と知られていません。そうした生活習慣は、心臓病や肥満による致命的な病気の予防にもまた有効だといいます。

たばこを吸わない

最も重要な行動の一つはあることをしないこと、つまり、たばこを吸わないことです。

ノルウェーとスウェーデンで10年間にわたって10万2,098人の女性を対象にした調査では、1日10本以上のたばこを20年以上吸っている女性は、非喫煙者に比べて浸潤性乳がんを発症するリスクが30%以上高かったそうです。

米国臨床腫瘍学会の機関誌には昨年、乳がんとの診断を受けた後でも喫煙をしている米国人女性が2万人もいるという論文が掲載されました。これを執筆したカリフォルニア大学サンディエゴ校の教授らは、乳がん患者が喫煙を止めた場合、手術後の化学治療と放射線治療の効果が大いに高まると述べています。

肥満は、とくに腰回りに注意

自分でコントロールできることでもう一つ重要なのは、体重です。肥満度の指標である体格指数(BMI)の数値が大きいほど、乳がんの発症リスクも高まります。なかでも腰回りの肥満は注意です。腹部脂肪は特に代謝的に活発で、増殖因子やホルモンを生成します。その中には、乳がん細胞を刺激し成長を促す女性ホルモン、エストロゲンも含まれているからです。

また、太り過ぎていると乳がんを克服して生き残る確率が減ります。増えすぎた体重を減量すれば、心臓病や糖尿病、他のがんのリスクも下げることができます。

閉経前でも後でも飲酒は影響

乳がんリスクと明らかな関連がある第3の要因は、飲酒です。1日に2〜5杯の飲酒をする女性は、飲酒をしない女性に比べて、乳がんにかかる確率が40%ほど高くなっています。1日に1杯だとしても、女性のがんリスクは約7%上がるといいます。閉経前、閉経後にかかわらず、飲酒は女性ホルモンのレベルに影響し、がんリスクを高めるのです。

すでに乳がん治療を終えた女性でも、週3〜4杯程度の飲酒によって再発リスクは高まります。特に閉経後の女性や、肥満や太り過ぎの女性ではそれが顕著です。

しかし、時々1杯程度飲む、というのは問題ではありません。この記事の著者も18年前に乳がんを経験していますが、今でも時々アルコールを飲む時があります。そうした時に飲む量は多くても週2杯までです。

野菜やフルーツをたくさん摂って

食事については一つ、いいヒントがあります。心臓病の予防にいいといわれている食事は、乳がんの予防にも最も効果があるということです。どんな食事かというと、繊維質の豊富な野菜、フルーツを中心に、パンならば全粒粉パンを選び、避けるものとしては、飽和脂肪が多い赤身の肉のようなタンパク質食品は最小限に。砂糖入りの飲料や食品も避けます。

最近15の研究結果を分析したところ、なかでも最も野菜とフルーツの摂取が多い女性たちが、乳がんリスクは最も低いことが分かりました。ただし、その関連性が最も強いのは、がんの診断後に食事を変えた女性ではなく、子どもの頃から野菜やフルーツをたくさん食べ、その食習慣を大人になっても続けている人たちでした。

野菜やフルーツに多く含まれる物質のうち、特にがんに予防効果があるのは、カロテノイドと呼ばれるオレンジ色の天然色素です。カロテノイドは体内でビタミンAに変換されます。これは、ニンジン、サツマイモ、冬カボチャ、トマト、カンタロープメロンなどだけではなく、ホウレンソウやケールといった緑色の濃い葉野菜にも含まれています。

大豆食品についてはまだはっきりとした研究結果がありません。大豆食品を多く食べているアジア人女性は世界でも乳がんの発症率がかなり低いのですが、予防効果があると想定されているイソフラボンは、西洋式の食事をしている女性では効果がみられていません。また専門家は、植物性のエストロゲンが濃縮されているイソフラボンのサプリメントについては警告しています。

飽和脂肪も避けるのがベストです。乳製品と乳がんリスクの全般的な関連性はありませんが、チーズやアイスクリーム、全乳といった高脂肪乳製品は、元からエストロゲンを含んでおり、乳がんサバイバーの生存期間を短くしてしまう可能性があります。

アメリカがん協会はたくさんの研究に基づき、女性たちに対し、赤身の肉(牛、豚、羊)を食べる回数を週2回に制限し、またベーコンやソーセージ、ホットドッグなど加工肉の摂取をかなり抑えるか、まったく食べないことを提唱しています。

1日1時間ウォーキングはやっぱり◎

最後に、著者自身のお気に入りの予防法でもある運動です。定期的な運動は乳がんの予防だけではなく、病後の回復も促進します。それに他の色々な慢性病の予防にもなり、標準的な体重維持にも役立ちます。米国以外も含めた50以上の研究で、運動をよくする女性は乳がんにかかるリスクが比較的低く、またかかったとしても死亡率がより低いという結果が出ています。

予防効果を得るためにアスリート並みの運動やマラソンをする必要はありません。早歩きのウォーキングような運動を、特に1日1時間やると効果があります。それができなくても、たとえ30分でも何もしないよりはましです。

© 2017 The New York Times News Service

[原文:How to Lower Breast Cancer Risk/執筆:Jane E. Brody](抄訳:Tomoko.A)

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    2. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    3. みんなが選んだ納豆ベスト5は? 読者1000人以上の「納豆事情」を調査

    4. ぽっこりお腹解消をサポート。しいたけのダイエット&健康パワー3つ

    5. 「魔法の15分」で夜が変わる? 習慣化のプロが教える、スマートな夜の過ごし方

    6. 一問一答で占う、2019年の運勢。あなたの恋愛運は?

    7. 「親知らず」はなぜ抜くの?【歯や歯医者さん基本のき Vol.8】

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 賞味期限を過ぎても大丈夫? 納豆をより効果的に食べる方法は?

    10. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    1. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    2. 「魔法の15分」で夜が変わる? 習慣化のプロが教える、スマートな夜の過ごし方

    3. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    4. 一問一答で占う、2019年の運勢。あなたの恋愛運は?

    5. 【2月の満月】今年最大の満月! スーパームーンがもたらす癒しと美のパワー

    6. 「糖質制限+筋トレ」でタンパク質不足に? タンパク質の正しい摂取法

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 空腹ホルモンを減少させる小さな習慣

    9. ダイエット中の食事を超簡単にするアイデア6つ

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. 糖質や脂質よりも要注意!? 太りやすい食品とは?

    2. 一問一答で占う、2019年の運勢。あなたの恋愛運は?

    3. 「魔法の15分」で夜が変わる? 習慣化のプロが教える、スマートな夜の過ごし方

    4. 体重が密かに増えている、寝る前にやってはいけない9つの行動

    5. 納豆マニアが厳選。スーパーで買えるおいしい納豆12選

    6. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも。見逃しやすい8つの症状

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン