1. Home
  2. MIND
  3. 性欲が消えてしまう6つの意外な理由

性欲が消えてしまう6つの意外な理由

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

63,788

はじめに、「迷信」を追い払うこと──性的な欲求に「正常」はありません。

MAIN_GettyImages-643310710

性欲を高めるものや、逆に性欲を抑えるものが注目されがちな現代の文化的な風潮。まるで性欲が病気であるかのように扱われるのは、薬のメーカーがあおっているという研究者もいるくらいです。「承認前の薬」を宣伝することはできませんが、「病気そのもの」を宣伝に使うことができるのも、理由のひとつかもしれません。例えば、性欲の低下を指すために医療現場で使われる「性的欲求低下障害(HSDD)」という言葉自体が、薬業界の「発明」とも主張されています。これは、『ジャーナル・オブ・メディカル・エシックス』誌に報告された2016年のある研究論文の説明より。

性欲がなくなる6つの理由

ちょっと言い過ぎかもしれませんが、冒頭の通り、とかく性的な欲求の場合、何が「健康的」か医学的な定義はないのです。強い人もいるし、ライフスタイルや健康状態によって強まったり弱まったり。では性的な欲求にはどんなことが影響するのか? その6つをご紹介します。

薬を服用している

1gettyimages-183430520

国際性機能学会(ISSM)によると、血圧の薬からアスリートが足につける薬まで実にさまざまな医薬品に、テストステロンの量を減らす効果が認められるとのこと。テストステロンが減ると、男女いずれにとっても性欲が減ってしまうのです。テストステロンの量を下げる薬ですから、性欲も抑制。オーストラリアのモナシュ大学の教授で女性の健康を専門とするスーザン・デイビスさんは、性欲を下げる可能性がある薬として、抗うつ薬などの精神安定剤も挙げています。

体重を気にしていない

2gettyimages-592499197

太っていると性欲が下がるとする研究もあります」(デイビスさん)。『ジャーナル・オブ・セクシャル・メディシン』誌に報告された2011年のある研究論文では、体重が重すぎると血液に含まれるテストステロンの量が少なくなり、性的な欲求が下がる可能性があるとのこと。体重を5%減らすと、性欲が確かに強まるとわかりました。 次の秘訣にしたがって、ウォーキングのときにもっとカロリーを消費すれば、ダイエットに弾みがつきます。

子どもがいる

3gettyimages-726783363

ペンシルベニア大学の研究によると、子どもと一緒に暮らしている35歳から47歳(研究者が「生殖期後期」と呼ぶ期間)の女性は、性的な欲求の低下が判明。どうしてでしょう? この研究論文では、子育てのストレスのために性的な欲求が低下すると推定。男性でも(しかし、女性で特に)ストレスと性欲につながりがあると裏付けられています。

夜寝る前に運動している

4gettyimages-589960361

睡眠不足になると、身体の中でテストステロンが作られる量が減りますから、やはり性欲にはマイナス効果。「極端な睡眠不足は気分の落ち込みやうつ症状にもつながり、その影響によって一層、性欲は低下してしまいます」とデイビスさん。運動するとよく眠れるのですが、ベッドに入る前の4時間の間に運動すると、目がさえて逆に眠れないことがあります。そんなときには対策を。例えば、夕食を早めに摂る、アルコールを控えるなどです。

ビタミンDが足りない

5gettyimages-688953925

男性でも女性でも、うつ症状を抱えていると、性欲は低下してしまいます。うつ症状の原因はさまざまですが、なかでもビタミンD不足になると、うつ症状につながると証明済み(おそらくは気分を高めるホルモンを減らすのです)。ビタミンDのサプリメントを摂ると性欲が高まるという研究結果こそないのですが、オーストリアとドイツの研究によると、ビタミンDを多く摂る男性はテストステロン量が多いとわかりました 。繰り返しますと、テストステロン量が多いと性的な欲求は向上の効果が。

パートナーとうまくいっていない

6gettyimages-556454083

ちょっとした理由とはいきませんが、強い性欲をもたらす「最も重要な」2つの要素は、うまくいっている関係、または新しい関係。パートナーに不満がある、またはパートナーとの関係に満足していないのであれば、相手を求める感情が燃えあがることもなかなか難しくなります。

Markham Heid/6 Little Things That Are Killing Your Libido

訳/STELLA MEDIX Ltd.

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    3. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    8. お互いに縛りあっていない? 共依存の闇から抜け出すためには

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    7. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    10. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって