1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 目の下「クマ」マネジメント術を米専門医が答えます!

目の下「クマ」マネジメント術を米専門医が答えます!

The New York Times

3,195

顔全体の印象アップに直結する目の周り。しかし、寝不足やストレス、加齢による影響が「クマ」となって表れやすい場所でもあります。目の下にクマができていると、不健康そうで疲れたイメージを相手に与えてしまいます。クマのマネジメントについて、米国の専門医たちのアドバイスを聞いてみましょう。(以下、ニューヨーク・タイムズ記事の翻訳)

20180320_nyt_eye_1

image via shutterstock

Q. 目の下のクマを消すよい方法はありませんか?

クマを消す方法はクマができた原因によります、と答えるのはエール大学医学部皮膚科のリサ・ドノフリオ臨床准教授。目の下のクマは、アレルギーが原因のアザや、血液の流れに障害が起こり、うっ血している場合など様々です。寝不足でも、もちろんクマが出ます。

冷やした布やティーバッグで血流促進

ジョージタウン大学医療センターの美容整形外科医マイケル・ライリー博士いわく、目の周りが腫れぼったい場合には、アレルギーを治療する、十分に睡眠をとる、メイクでカバーするの3つがベストな対処法ですが、目の下が黒ずむクマの場合はメイクでのカバーがまずオススメ。

さらに冷やした布を当てる、または冷たい紅茶のティーバッグを当てるのも効果があるそう。目の下の血管の収縮が促され、その部分の色味が明るくなるからです。紅茶を使えばさらにタンニン酸の収歛(しゅうれん)作用が加わります。これは目の下の部分の皮膚が特に薄く、筋肉の赤紫色が透けて見えてしまっている人にも効果があります。

ステロイド系クリームは逆効果

一方、ステロイド系のクリームを使うのは良くない、とライリー博士は言います。皮膚がよけいに薄くなってしまい、クマがいっそうできやすくなってしまうからです。ドノフリオ準教授は、皮膚が薄い人には話題のレチノイド製剤を使った治療が役立つかもしれないけれど、皮膚が薄いこと自体を「原因ごと治療するのは一般的に難しい」と言います。

色素沈着にはブライトニングクリームやビタミンクリーム

まれなケースで、皮膚の自然な色素沈着、あるいは毛細血管から漏れ出た血液によって、目の下の皮膚にシミが出る場合があります。ドノフリオ準教授いわくこの場合、話題のブライトニングクリームやビタミンクリームが効果的。さらに色素斑をターゲットにしたレーザー治療は高い効果が見込めます。

脂肪やたるみには、美容整形術の選択肢も

20180320_nyt_eye_2

image via shutterstock

目の下のクマは、下まぶたにたまった余分な脂肪が原因のこともあります。この脂肪沈着は「眼瞼形成術」という手術で取り除くことができます。

逆に加齢によってよく起こることですが、脂肪が少なすぎると今度は目の下にたるみができてしまいます。ニューヨーク大学ランゴンメディカルセンター美顔整形術センター所長のアレクシス・ヘイゼン博士は、加齢による目の下のたるみはレスチレンやジュビダーム、パーレーンといったヒアルロン酸注入術で治療できるものの、1回の施術に700~800ドル(7万5000~8万5000円)ほどかかることに加え、効果は1年ともたないと言います。もっと半永久的な解決法としては、数千ドルかかる施術ですが、腹部の脂肪を少量、目の下のたるみ部分に移植する方法もあります。

米形成外科学会のスコット・グラスバーグ会長いわく、肌のハリを保つためにとにかく大事なのはスキンケアをちゃんとして、加齢によって生じるクマを最小限にとどめること。喫煙しない、十分な睡眠をとる、ストレスを減らす、日焼けによるダメージを制限するなど「正しいことを早く始めれば始めるほど、長期的により良い状態が望めます」。

© 2015 The New York Times News Service

[原文:Ask Well: Fighting Bags Under the Eyes/執筆:Tara Parker Pope](抄訳:Tomoko.A)

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン