1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 自然なフェイク眉が作れる、韓国発の塗る「眉毛エクステ」

自然なフェイク眉が作れる、韓国発の塗る「眉毛エクステ」

1,798

人相学では眉毛はその人間の性格を表すとされ、顔の印象をつかさどる上でも非常に大きな役割を果たします。そして多くの女性の悩みは、年齢を重ねるごとに、残念ながら眉毛が薄くなってしまうこと。地毛の眉毛がなくなってしまうということは、ナチュラルメイクをする上で眉山がとりづらくなることを意味し、メイクもちぐはぐ、老けて見えてしまう可能性があります。

近年、眉毛専用のサロンが増えてきたことを考えると、印象的な眉毛でもっと若く見られたい! そんな女ごころが見え隠れします。

ファイバーの入った「眉毛エクステ」で美眉が叶う

1804_reallyyy

image via shutterstock

まったく眉毛がなくなってしまったのならば、アートメイクも1つの案という人もいるでしょう。朝起きたばかりでも眉毛がきちんと「ある」し、洗顔しても落ちることはないのでスッピンも大丈夫。しかし、まだ地毛の眉毛があるので何とかそれらをうまく活かしたいという女性や、薄目のナチュラルな眉毛が好き! という人には、眉毛のセルフエクステReallyyy(リアリー)」がおすすめです。

韓国コスメで、つい最近ドイツでも話題になってきたばかり。昨年公開された動画は3万回クリックにもなりました。

ファイバーの入ったアイブロウジェルなので、眉の形に合わせてペイントするだけ。塗った後にコームで毛を整えれば、まるで本当の眉のような仕上がりに。乾くのも比較的早くて落ちにくく、これから汗をかき始める季節にも最適です。

フサフサ感あり、見た目も自然なフェイク眉に

眉毛の形を整えるために抜きすぎて、あれよあれよという間に細くなってしまったり、左右の高さが違ってしまったり、形が思っていたのと違ってしまうことはよくある話です。ジェルタイプはペンシルタイプと違い、微妙なカーブも調整できるのが優れたところ。メイクに合わせて眉の形や角度を調整し、昔ながらの「太眉」を楽しむのもおもしろいかもしれません。

ただ唯一の難点といえば、ファイバーの「毛」の方向性を整えるために、やや時間と手間がかかること。少しの慣れが必要ですが、案外夢中になって眉毛をいじっていると、時間がたつのも忘れてしまうほどです。ある程度のフサフサ眉毛は若い印象を与え、活発なイメージをもたらします。仕上げにアイブロウパウダーを使うと、よりナチュラルに見えます

日本ではロフトやアマゾンなどで購入できるようです。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

Reallyyy

キュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 抜いても大丈夫? 医師に聞く「炭水化物」のかしこい摂り方

    2. ボトル330万本削減。洗い心地抜群な固形シャンプーが人気な理由

    3. 管理栄養士が教える、イチゴが心臓や脳、免疫にもよい理由

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. 手だけをつかって、簡単に幸福感を得られる方法

    9. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    8. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン