1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 口コミで人気集中!ふっくらバーム誕生の秘密とは……

口コミで人気集中!ふっくらバーム誕生の秘密とは……

1,181

1年中気にかけたいのが肌の保湿。保湿力を求めるならば“バーム“がイチオシですが、暖かな季節になると出番が少なくなってしまうアイテムでもあります。

そんななか、ふわっとしたテクスチャーとサラサラした仕上がりが心地いいと話題を集めているバームがあります。

20180330_ec_01

保湿だけでなく、ハリ・弾力の低下といったさまざまな肌悩みにも働きかけるという、知る人ぞ知るバームの開発者にお話を聞き、そのよさの秘密を探りました!

沖縄に古くから伝わる薬草「月桃」のパワーとは?

「万能」の呼び声が高い話題のバームとは、「ムーンピーチ タマスアビバーム」です。ムーンピーチというブランドの名のとおり、すべてのアイテムに「月桃」を使用。この月桃とは沖縄に古くから生息するショウガ科の薬草で、高い抗菌作用や血行促進作用をもつことから沖縄では長く人々の暮らしのなかで利用されていたそうです。

20180412_moon_001

ブランドの誕生は、開発者であるうすき友美さんのお父様が仕事先でたまたま月桃の精油をもらったことから。 この月桃製油を使って化粧品を作り知り合いに配ったところ、あちこちでリピートの声が。そこで、「どうしても製品化したい!」というお父様の強い思いを託されたのが、娘のうすきさんでした

20180410_moon_002

薬品メーカーに勤めていたものの、月桃のことも製品づくりのこともまったく知識がなかったうすきさんが、会社を辞めて奔走を始めたのは2000年のこと。月桃について書かれた資料を探して歩いたり、なんとか力を貸してくれる製造元を自分の足でまわったりして、2002年に初の製品化にこぎつけました。以降、材料や製法に工夫を重ね、現在はローションとオイルとバームを作っています。

「生きた植物のパワーを肌に届けたい」という思いを追求して

肌について調べるうちに、湧いてきたのは「生命力をまとう」というコンセプト

「食事と同じ考え方です。サプリメントではなく、旬のとれたての食材で栄養を摂るように、肌にも生きた自然のパワーを届けたいと考えました。だから、ムーンピーチの製品はすべて、植物の成分を生かす作り方にこだわっているんです」(うすきさん)

沖縄から月桃が届いたら、洗浄剤は使わずにひたすら水で丁寧に洗います。そして、熱を一切かけず、月桃をホホバオイルに漬け込む“冷浸法”という方法で時間をかけてエキスを抽出。季節や植物の状態によっては抽出に4週間ほど要することもあるそう。月桃の葉1kgから抽出される月桃精油はたったの1mL。月桃の生命力を残すために、これほどの時間と手間をかけています。

20180410_moon_003

こうして作られた“タマスアビオイル”を蜜蝋(みつろう)に混ぜてバームに仕上げるのですが、この蜜蝋にもこだわりが。 養蜂家から蜂の巣を直接仕入れ、蜜蝋を自社製造しています。季節によって蜂が羽を休める花も変わるので、蜜蝋の色や香りも少しずつ違うとのこと。

かたい蜜蝋を伸ばすのは大変な作業で、熱を加えれば簡単ですが、低い温度でゆっくりゆっくり溶かすのがムーンピーチのこだわり。そこへオイルを少しずつ手作業で混ぜていきます。蜜蝋にあわせるオイルは50%以上。なんとも贅沢なバームです。たっぷりとオイルを混ぜることで、このバームの特徴であるやわらかくふっくらしたテクスチャーが実現するそうです。もちろん、防腐剤は一切使っていません。

このバームが”万能”と言われる理由

次に気になるのが”万能“と言われる理由です。それは、月桃が持つチカラが多岐にわたるということ。

「月桃には、抗菌作用や血行促進作用以外にも、女性にうれしいさまざまな作用が認められています。皮膚のコラーゲン産生促進、コラーゲン分解抑制の働きのほか、抗酸化作用のあるポリフェノールや活性酸素を除去するとされるフラボノイドなども含みます。

また、これから紫外線ダメージが気になる季節ですが、紫外線A波によって肌のハリ・弾力に大きく関わるエラスチンなどを生成する“線維芽細胞”は壊されてしまいます。月桃には線維芽細胞を活性化する働きがあるとされています」(うすきさん)

紫外線ダメージを受けた肌のハリ・弾力のケアはもちろん、抗炎症作用もあるので日焼けした肌のケアにも最適。保湿だけではなく、エイジングケア(※)やブライトニングケアにもチカラを発揮してくれるのが月桃なのです。

20180330_ec_03c

そして、万能といわれるもうひとつの理由が、さまざまなシーンで使えるということ。バームというと、乾いた肌に部分的に使うというイメージがありますが……。

「私が気に入っているのは、パック。少し厚めに塗ってお風呂に入ったりスチームタオルをあてるなどしてあたためると、肌がふっくらして肌表面が整う感じ。これはハマります(笑)。

私の場合は、花粉症などで炎症を起こした肌や目もとのケアもしていますし、ニキビや吹き出物にもいいですよ。私はどこへ行くにも、バームだけは必ず持ち歩いています」 (うすきさん)

クレンジングやマッサージ、そして唇や髪、ネイルといったパーツケアお化粧直しのときに薄く塗って軽くオフしてメイク直しをするときれいに仕上がるとのこと。デイリーケアもスペシャルケアも、出先でのケアも、全方位で使えるなら”万能“と言ってもいいですよね。

※年齢に応じた肌ケアのこと

万能バームがお得に買える、スペシャルBOXを販売中

ぜひ手に入れたい「ムーンピーチ タマスアビバーム」を購入するなら、オーガニックコスメを扱う「ビューティーライブラリー」とマイロハスがコラボをして作ったスペシャルBOXがおすすめ。

20180319_whitening_06

今の季節にいそしみたい“美白”をサポートしてくれるアイテムを集めた数量限定セットとして発売中最大3,000円相当の特典付きとお得です。今からしっかりケアして、本格的な夏の紫外線ダメージを受けにくい肌を手に入れてみませんか?

ブライトニングBOXをチェック!

お話をうかがった方は、うすき友美さん

20180410_moon_004

ムーンピーチ開発者、素肌美容家。1999年に出会った「月桃」のチカラに魅せられ、2002年に「ムーンピーチ」誕生。素材や製法にこだわったスキンケア製品を開発するほか、 自然の概念に基づいた健康的な美肌について研究を続け、独自の美容理論を確立している。


大森りえ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン