1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 肌老化に導く、9つのベッドタイムの悪習慣とは

肌老化に導く、9つのベッドタイムの悪習慣とは

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

3,261

shutterstock_124050577-wavebreakmedia-opener-1

美肌のためにルーチンを見直してみない?

メイクは寝る前に全部落としたほうがいいということはみんなわかっているはずです。化粧を落とさないと、その分肌が年を取ってしまうことは知っているけれど、気にしなくてはいけないのはそれだけではありません。かがやく肌のために今すぐやめたい寝る前の悪習慣をご紹介します。

1. 顔を洗わずに寝ること

shutterstock_145488505-not-washing-face-michael-kraus

みんな知っている常識ではあるけれど、なぜこれが大切なのかはあまり知られていないかもしれません。でも、大切な理由を聞いたらぎょっとしてしまうかも。

実は、たとえ化粧をしていなくても肌は一日を通じて思っている以上に有害物質や汚れにまみれているのだとか。そして、その汚れによって古い皮膚を処理できなくなってしまう、と女性皮膚科医協会のメンバー、モナ・ゴハラ博士は話します。取りのぞかれない死んだ細胞が顔に残り毛穴を詰まらせ、これがニキビになってしまうのです。

2. 化粧を落とすまでに時間がかかりすぎること

shutterstock_82896712-waiting-too-long-david-evison

家に帰ったら最初にすることはなんですか? 正しい答えは、顔を洗うことです。正確には、一番にすることでなくてもいいかもしれませんが、寝る直前より前に顔は洗っておきたいもの。「家に帰ってすぐ顔を洗わないと、肌を詰まらせる行為を4時間から8時間も余計にしているということ」とスタンフォードヘルスケアの臨床皮膚科の助教授でレーザーと美容整形のディレクターのタイラー・ホルミッグ医師は言います。

毛穴の詰まりに悩まされているなら、帰ってから顔を洗うまでのその余計な数時間が肌を悪化させている可能性があります。

3. お湯や冷水で洗い流すこと

shutterstock_223356295-hot-water-nikkytok

朝の目覚めや、気持ちよさの点では物足りないかもしれないけれど、肌のことを考えるならぬるま湯で洗うのがベストです。これはシャワーにも当てはまることで、冷たい水も熱いお湯も肌をほてらせて、刺激になってしまうとゴハラさんは説明します。

4. レチノールと保湿剤を使わないこと

shutterstock_289547507-using-moisturizer-rido

レチノールを使いはじめるべき年齢は40歳? それとも30歳? 実は20歳から使ったほうがよいそう。ゴハラさんによると「レチノール入りの製品はコラーゲンの生成を促し、コラーゲンが破壊されるのを抑えてくれるので、どの年代の人にもおすすめ」だとか。

おすすめの3ステップスキンケアは、「顔を洗い→レチノールをつけて→保湿する」という手順だそう。これならできそうですよね? レチノールが肌を治療してくれ、保湿剤がレチノールの刺激を抑えながら肌をみずみずしくキープしてくれます。

5. いろいろな製品を使いすぎること

shutterstock_377498167-piling-product-didecs

レチノールのうえに保湿剤を重ねるのはよいのですが、あまりいろいろな製品を使いすぎるのはよくないとホルミッグ医師はいいます。ホルミッグ医師の患者には強い角質除去剤を使ったうえに、肌を乾燥させるレチノイド、さらに他の製品を重ねるという人もいるそう。「これでは肌は乾燥してピリピリしてしまう」とホルミッグ医師。肌のためにはシンプルにしておくのがルールです。

6. コットンの枕カバーをつかうこと

shutterstock_103843172-cotton-pillow-brocreative

コットン好きの人はごめんなさい。肌によい素材ならシルクかサテンで、コットンなどごわつく素材は肌にも髪の毛にも荒すぎるそう。寝ている間に寝返りを打つことで、枕カバーの刺激がシワや刺激になってしまうのです。でも、アルカンザスの皮膚科医、サンドラ・ジョンソン博士はコットンが全部ダメというわけではないと話します。織りの目の細かいものを選べば、やわらかく肌へのあたりもやさしくなります

7. 香りつきの洗濯洗剤で洗うこと

shutterstock_275546471-laundry-detergent-chaythawin

枕カバーに関してはお気に入りの香りつき洗剤を使うのは見直したほうがよいかもしれません。香料に含まれる化学物質は寝ている間に肌を刺激したり、炎症させたりする可能性があります。ひどいときは、肌荒れの原因にもなってしまう、とジョンソン博士。ジョンソン博士は、枕カバーは香料なしの洗濯洗剤で、柔軟剤をつかわずに最低でも週1回洗うことをすすめています。

8. 寝る直前にフェイスブックをチェックすること

shutterstock_348276713-checking-facebook-vectorlifestylepic

ブルーライトがよくないということは知っているでしょう。携帯電話、パソコンやタブレットを寝る前につかうと睡眠を乱してしまい、ガンやうつ病などの多くの健康トラブルのリスクを高めてしまうと言われています。

それでもまだやめられないという人も、ブルーライトは肌にもよくないと聞いたらやめる気になるかもしれません。十分な睡眠をとることが、明るくてかがやく肌には欠かせないとホルミッグ医師は話します。「睡眠が足りないと疲れて水分が足りなくなってしまい、それをカバーするために理想よりも長い時間化粧をすることに。その結果、毛穴が詰まってニキビになってしまう」と警告します。しかも、携帯電話の見すぎは、睡眠の質を悪くして肌に影響を与えるだけでなく、目の周りのシワにもつながってしまいます。これは、暗いなかで顔に携帯電話を近づけて、目を細めながら画面を見ていると、それがシワになってしまうからだとゴハラさんは言います。

9. 顔しか保湿しないこと

shutterstock_387144091-moisturize-body-saranya-loisamutr

スキンケアといえば、多くの人は顔のことだと思って、顔以外の体の部分のことは忘れてしまいがちです。でもゴハラさんによると、夜寝る前は顔以外も保湿したほうがよいそう。「体全体は無理だとしても、ひざ、かかと、ひじやそれ以外にも特に乾燥しやすい部位は、普段より手をかけてあげて」。

Kasandra Brabaw / 9 Bedtime Mistakes That Are Ruining Your Skin

訳/Maya A. Kishida


    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析