1. Home
  2. EAT
  3. 98%殺菌! シンプルなフルーツ&野菜洗浄剤の作り方

98%殺菌! シンプルなフルーツ&野菜洗浄剤の作り方

Rodale’s Organic Life 地球と人に優しいオーガニックスタイル

4,348

年間9百万人以上もの人々が、不衛生な食品を食べて病気になっていますが、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)の最近の研究によれば、こうした病気のうち46%の疾患を引き起こす有害な細菌で、果物や野菜が汚染されているという報告があります。また、食材を洗う理由はそれだけではなく、従来の方法で育てられた野菜の多くには、かなりの残留農薬があるからです。

きれいに洗って、1日に5種類の果物や野菜を食べましょう

grapes-hilmar-1

しかし、こうしたデータをこわがって、食卓に彩りを添える農産物を避けることはありません。ただの水で20秒間洗うだけでも、いくらか細菌を取り除くことができるのです。もっと徹底的に殺菌・洗浄をするなら、簡単に手づくりできる野菜洗浄剤が、病気を引き起こす細菌を減らすのに役立ちます。

シンプルな野菜洗浄剤

  • レモンジュース 大さじ1
  • 蒸留酢(ホワイトビネガー) 大さじ2
  • スプレーボトルに入れた冷たい水道水 1カップ

すべての材料をボトルに入れて混ぜ、よくふって、野菜や果物にスプレーします。調理する前か、生で食べる場合はお皿に盛りつける前に、水道水ですすいでください。

葉物野菜向け洗浄剤

  • 蒸留酢(ホワイトビネガー) 1カップ
  • 水 3カップ

水と酢をボウルに入れて混ぜあわせます。その中に葉物野菜を2分間ほど浸したあと、水でよくすすぎます。

『Cook's Illustrated』誌のリサーチャーによって、この洗浄剤が食品についた細菌の98%を殺菌することがわかっています。CDCによれば、そのほかの農産物とくらべて葉物野菜は大腸菌に汚染されている可能性が高いとのことなので、この洗浄剤は葉物野菜によいでしょう。殺菌力をさらに高めたい場合は、大さじ1か2の塩を加えてください。『Journal of Food Protection』誌の研究では、お酢による大腸菌を殺菌する力は、塩が加わることでかなり向上するそうです。

Emily Main / 3 Simple Homemade Fruit + Veggie Washes

訳/Maya A. Kishida

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析