1. Home
  2. BODY
  3. パワーナップ——パフォーマンスを上げる効果的な昼寝の方法とは?

パワーナップ——パフォーマンスを上げる効果的な昼寝の方法とは?

1,658

キュンメルめぐみ

短い仮眠をとることで、その後の仕事や勉強の効率があがるといわれる「パワーナップ」。パワーナップを推奨する企業や団体、学校が海外でも増えてきたのは非常に興味深いことです。

パワーナップの効果

20180410_sleep

image via Shutterstock

効果的な仮眠の取り方については多くの説がありますが、一般的に知られているのは、15分から20分の仮眠が一番効果的であるということ。横にならずに浅く眠るのがコツで、夕方遅くに仮眠をとらないのが大事だといわれます。

これを行う日本のある中学校、高校では生徒たちが勉強机にうつ伏せになり、10分ほどの仮眠タイムをとっています。頭がすっきりし、気分的なものだけでなく、実際に脳や運動機能もアップ、集中力、記憶力ともにアップすることがわかっています。

10代の子どもたちとは体内時計が異なる大人でも、効果的なパワーナップを取り入れると、これらの事実が確認されたそうです。

・20分間の仮眠はタイピングを習ったりピアノの練習をするなどの「動作学習」にいい。

・20分以上の仮眠は記憶力、想像力を高めてくれる。例えば30〜60分の仮眠(「遅波睡眠」)は単語の暗記や方向を思い出したりなどに役立つ。60〜90分の仮眠はレム睡眠と呼ばれ、脳が強く活発するために、問題解決をうまく行うのに役立つ。

(「Web MD」より抜粋引用)

個人的に、仮眠の前にカフェインをカップ一杯とる「ナップチーノ」も試しましたが、寝起きがよくありませんでした。やはり生活リズムも睡眠習慣もひとりひとり違うので、自分にあったものを見つけることが大事なのでしょう。

人はどこまで仮眠をコントロールできるのか?

また別のパワーナップの案として、カルフォルニア大学・心理学科の准教授であり、睡眠の専門家のサラ・メドリック博士の考え出した「お昼寝時計」があります。仮眠の長さだけでなく、仮眠スタートの時間も大切というのが博士の説。

起床時間に赤い針をセットし、青い円(レム睡眠)と黄色い円(スローウェーブ“遅波睡眠”)のクロスするところでお昼寝を開始するだけで、ひとりひとりにあった効果的な仮眠をカスタマイズできる方法です。

昼寝の仕方を真剣に考えることは、一日の生活リズムや夜の睡眠、しいては一日の有意義な時間の過ごし方のストラクチャーをもう一度見直す良い機会にもなります。毎日を有意義に過ごすために、今日からお昼寝時計を活用してみようと思います。

Web MD,DAILY BURN,Take a Nap

    regularbanner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    6. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    8. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    9. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?