1. Home
  2. EAT
  3. ワインオープナーいらず。リーズナブルに楽しめるオーガニックワイン

ワインオープナーいらず。リーズナブルに楽しめるオーガニックワイン

今年は、お花見の期間はあっという間に過ぎてしまいましたが、お天気がいいので、ピクニック気分で手軽なアウトドアを楽しむのにいい気候です。お昼からワインを飲みたいけれど、オーガニックワインって高価なものが多いので気軽には......と、試していなかった人にもおすすめなのが、この春発売になった「ベル・フルール オーガニック」。

「ドメーヌ・カズ」監修のオーガニックワイン

20180406_mercian

メルシャンが、フランス最大級のビオディナミ実践ワイナリー「ドメーヌ・カズ」監修で共同開発したのが、「ベル・フルール オーガニック」です。

実践ワイナリーとは、化学肥料や農薬を使用せず、月の動きなど自然界のリズムに沿って、ぶどう栽培を行う農法を取り入れているワイナリーを指します。ヨーロッパの認証機関に加え、日本の有機認証機関「エコサート・ジャパン」でも認証を取得。メルシャン藤沢工場でボトリングすることで、良質なオーガニックワインでありながら、リーズナブルな価格を実現しています。

メルシャンが調査したところ、オーガニックワインに興味を持っている人は77%もいるのに、価格の高さや、オーガニックの基準がわからないことから選んでいなかったことがわかったそう。もっと気軽にと言う気持ちから、開発に至ったといいます。

休日のお昼やアウトドアにもおすすめ

20180406_mercian1

ベル・フルール オーガニック メルロー/ベル・フルール オーガニック シャルドネ 参考価格 970円(税別)

展開は、「ベル・フルール オーガニック メルロー」と、「ベル・フルール オーガニック シャルドネ」の2種類。赤は、チェリーやプラムのリッチな果実のアロマにスパイスを感じ、穏やかなタンニンでフローラルな飲みやすさ。白は、パイナップルやモモのアロマで、しっかりとした余韻も楽しめます。どちらも南仏の花畑を思い浮かべるような飲みやすいワインです。

「お花をあしらったエチケットになっているので、これからの季節は、休日のお昼やアウトドアでも楽しんでいただけるのでは」と、メルシャンの広報担当者さん。「ベル・フルール」とは、フランス語で、“美しい花”という意味。エチケットの愛らしいお花にもぴったりな名前ですね。また、スクリュータイプのキャップで、ワインオープナーがなくても大丈夫なところも、どこでも楽しめて便利!

飲みやすく、リーズナブルなオーガニックワインなら、デイリーのテーブルワインとして常備しておきたいですね。桜は散ってしまっても、プチアウトドアで新緑を愛でながら楽しみたくなりました。

ベル・フルール オーガニック

林 ゆり

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    2. 一品200kcalが目安! 栄養士に習う「低カロリーなおかず」11選

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 自分を思いやっていますか? 禅僧が教える、5秒でできる心の筋トレ

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 糖質制限ダイエットの正しい方法。お腹いっぱい食べてもOK!

    10. お米を食べないと逆に太る? 糖質制限ダイエットの落とし穴

    1. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    2. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    3. お米を食べないと逆に太る? 糖質制限ダイエットの落とし穴

    4. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    5. 脂肪や糖の吸収をカットできる成分とは? 普段のドリンク選びのコツ

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    9. 体重ばかりにとらわれないで。実はダイエット効果が出ている10の兆候

    10. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    6. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    7. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    8. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    9. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン