1. Home
  2. EAT
  3. ワインオープナーいらず。リーズナブルに楽しめるオーガニックワイン

ワインオープナーいらず。リーズナブルに楽しめるオーガニックワイン

林 ゆり

今年は、お花見の期間はあっという間に過ぎてしまいましたが、お天気がいいので、ピクニック気分で手軽なアウトドアを楽しむのにいい気候です。お昼からワインを飲みたいけれど、オーガニックワインって高価なものが多いので気軽には......と、試していなかった人にもおすすめなのが、この春発売になった「ベル・フルール オーガニック」。

「ドメーヌ・カズ」監修のオーガニックワイン

20180406_mercian

メルシャンが、フランス最大級のビオディナミ実践ワイナリー「ドメーヌ・カズ」監修で共同開発したのが、「ベル・フルール オーガニック」です。

実践ワイナリーとは、化学肥料や農薬を使用せず、月の動きなど自然界のリズムに沿って、ぶどう栽培を行う農法を取り入れているワイナリーを指します。ヨーロッパの認証機関に加え、日本の有機認証機関「エコサート・ジャパン」でも認証を取得。メルシャン藤沢工場でボトリングすることで、良質なオーガニックワインでありながら、リーズナブルな価格を実現しています。

メルシャンが調査したところ、オーガニックワインに興味を持っている人は77%もいるのに、価格の高さや、オーガニックの基準がわからないことから選んでいなかったことがわかったそう。もっと気軽にと言う気持ちから、開発に至ったといいます。

休日のお昼やアウトドアにもおすすめ

20180406_mercian1

ベル・フルール オーガニック メルロー/ベル・フルール オーガニック シャルドネ 参考価格 970円(税別)

展開は、「ベル・フルール オーガニック メルロー」と、「ベル・フルール オーガニック シャルドネ」の2種類。赤は、チェリーやプラムのリッチな果実のアロマにスパイスを感じ、穏やかなタンニンでフローラルな飲みやすさ。白は、パイナップルやモモのアロマで、しっかりとした余韻も楽しめます。どちらも南仏の花畑を思い浮かべるような飲みやすいワインです。

「お花をあしらったエチケットになっているので、これからの季節は、休日のお昼やアウトドアでも楽しんでいただけるのでは」と、メルシャンの広報担当者さん。「ベル・フルール」とは、フランス語で、“美しい花”という意味。エチケットの愛らしいお花にもぴったりな名前ですね。また、スクリュータイプのキャップで、ワインオープナーがなくても大丈夫なところも、どこでも楽しめて便利!

飲みやすく、リーズナブルなオーガニックワインなら、デイリーのテーブルワインとして常備しておきたいですね。桜は散ってしまっても、プチアウトドアで新緑を愛でながら楽しみたくなりました。

ベル・フルール オーガニック

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由