1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 美肌への近道、ドライブラッシング。おすすめボディブラシ5選

美肌への近道、ドライブラッシング。おすすめボディブラシ5選

5,342

横山かおり

ミランダ・カーが火付け役となり、最近再び注目を集めている美容方法「ドライブラッシング」。乾いたボディブラシで入浴前に全身をブラッシングするものです。美肌や血行促進、代謝アップ、リラックスに繋がると言われており、まさにいいことばかり。

初心者にもおすすめのボディブラシ5選

20180405_body

image via Shutterstock

でも「ボディブラシって何?」「どんなものがあるの?」という人も多いはず。 今回はドライブラッシングにおすすめのボディブラシをご紹介します。

最高品質の天然馬毛ブラシ

毛先が繊細で柔らかく、肌に優しい天然の馬毛ブラシです。適度な刺激で血行が促進され、安眠へつながるとも言われています。握りやすく洗いやすいブラシは水にも強く、ドライだけでなく体を洗うときにももちろん使えます。 持ち手には天然の竹材が使用されているので、香りを楽しむことも。

コシやハリが強い。天然の豚毛ブラシ

こちらは天然の豚毛ブラシ。豚の毛は柔らかくて肌触りがいいのに、コシやハリがあり、静電気が起きにくいのも特徴です。 ドライはもちろん、ボディソープやシャワーでの使用もOK。柄とブラシの取り外しができるので、どんな部分でもマッサージしやすくなっています。

洗い残しを防ぐ、手のひらサイズのブラシ

「柄がついていると洗いにくい」という人も多いはず。手のひらに収めて洗えば、洗い残しがちな細かい部分もしっかり洗うことができます。 こちらは天然素材の馬毛を使用。ドライでもウェットでもOK。持ち手の部分に紐がついているので、落ちる心配もありません。かかとや足の甲などのブラッシングにもおすすめです。

女性でも持ちやすい大きさ&重さの天然馬毛ブラシ

大きすぎず重すぎず、女性が持ちやすいサイズを実現した、天然素材の馬毛ブラシ。持ち手の竹も天然で、抗菌・防水。滑りにくく乾きやすいので長く愛用することができます。ドライもウェットも使用可能。この品質でこの価格はかなりお手頃。

洗いやすく設計されたボディブラシ

長めの柄、 程よいカーブ 大きなブラシで背中の中心まで洗いやすいよう配慮された設計でラクにブラッシングができます。柄の部分にはくぼみがあり、手から滑りにくくなっています。ドライでもウェットでも使え、古い角質を取り除きツルツルの肌へ。

ボディブラシは毛の種類から柄の種類、長さまで幅広く選ぶことができます。 使いやすく、どんな品質を求めているかをよく考えてピッタリのブラシを選びたいところ。お気に入りのブラシがあれば、今年の夏はツルツルの肌見せが叶うかもしれません。

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた