1. Home
  2. SPORTS
  3. 1日に1万歩を達成する方法

1日に1万歩を達成する方法

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

3,273

今年は歩こうと、万歩計を買ってみたり、新しく目標を立ててみたりした人もいるのでは? それなら、まず一日の目標歩数を決めてみましょう。

具体的な歩数の目標を決めることが重要

640_shutterstock_491592463

image via shutterstock

スタンフォードの研究によると、万歩計をつけて歩いた人のうち、具体的な歩数の目標があった人の方が、そうでない人よりも歩いた歩数が4倍以上も多く、さらに1日の燃焼カロリーも100カロリーも多かったという。つまり、目標を設定すれば1年では約5.5キロ多く体重が減ることになります。

では、どれだけ歩けばいいのでしょうか?

「1日1万歩、約8キロ歩く」を目標にするのが一般的におすすめですが、これも全員に当てはまるわけではありません。できれば、現在の運動量や目標などの個人にあわせて目標を立てたほうがよいでしょう。

アメリカ人の多くは1日4,000歩から5,000歩くらいを歩いているとされています。もし、今そのくらい歩いているのであれば、1万歩にするだけでも健康状態がよくなり、体重も少し減らせるかもしれません。でも、すでに7,000歩から8,000歩くらい歩いているのであれば、結果を出すにはもう少し目標を高くしたほうがよいかもしれません。

まずは、今の活動量がどのくらいかを把握するために、万歩計を3日間つけて、朝起きてから寝るときまでどのくらい歩いているかをはかってみましょう。この間は、お昼の散歩をスタートするのは少し待って、いつもどおり過ごしてみてください。日によって活動量に差があるので、少なくとも1日は平日を入れます。

そして、3日間の歩数を合計してから3で割って平均を出しましょう

平均が6,000歩以下なら、目標は1万歩にして、すでに6,000歩以上なら、さらに5,000歩足したものを目標にしてみましょう。

体重を減らそうと思っているのなら、今出した目標に2,000歩から2,500歩を足してください

さらに、早く結果を出したいのなら、もう3,000歩以上歩きましょう。このときは10分で1,000歩くらいのペースがよいでしょう。最近の研究では健康上の効果を出すには最低でもこのくらいのペースで歩くことが必要だということがわかっています。

では、1日今よりも5,000歩多く歩きたい場合、どうすればいいか、シミュレーションしてみましょう。普段活動している中で約4,000歩は歩いているという前提のもと、どうやって歩数を増やせばいいか考えてみました。

1日に1万歩計画リスト(いつも4,000歩歩いている人の場合)

早朝:まずは、近所をぐるりと5分ほど歩いてから出勤してみましょう。あるいは、歩いて出勤してみても(合計500歩)

午前中:同僚か近所のママ友に声をかけて、歩きながらおしゃべりをしてみても。会社のまわりをぐるっと一周カジュアルなペースで10分ほど歩いて。(合計1,000歩)

昼休み:頭をすっきりさせるために、20分くらい歩くのがおすすめ。まずは5分ウォームアップして、10分ほど少しペースを上げて、そしてまた最後に5分ほどゆっくり歩くとよいでしょう。(合計2,300歩)

午後:ペンとノートを持って廊下や家のまわりを5分ほど歩きながら、今日の残りでやらなくてはいけないことを書き出してみて。(合計500歩)

夜:食後、おかわりをする前に15分ほど散歩の時間をとって近所を歩いてみましょう。あまりのんびりではなく、どこかに行くときくらいのペースで。(合計1,700歩)

合計10,000歩

Michele Stansten/How To Get To 10,000 Steps A Day

訳/ Noriko Yanagisawa

    specialbunner

    Ranking

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    3. 高栄養&腸内環境を整える「甘酒」の作り方。炊飯器で放置するだけ!

    4. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    5. 日本のスーパーフード「納豆」の知られざるパワー10

    6. 「おしっこのにおい」でわかる身体の異変。尿が臭い原因は?

    7. ひどい肩こり解消エクササイズ「チャイルドポーズ」

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 「感じのいい人」と「感じの悪い人」の違いは脳の使い方にあった!

    10. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    3. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    4. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    5. ひどい肩こりは鍛えてなおす! 肩こり解消ストレッチ&筋トレ5選

    6. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    7. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    8. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    9. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    10. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    5. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    6. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    10. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?