1. Home
  2. SPORTS
  3. 1日に1万歩を達成する方法

1日に1万歩を達成する方法

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

3,192

今年は歩こうと、万歩計を買ってみたり、新しく目標を立ててみたりした人もいるのでは? それなら、まず一日の目標歩数を決めてみましょう。

具体的な歩数の目標を決めることが重要

640_shutterstock_491592463

image via shutterstock

スタンフォードの研究によると、万歩計をつけて歩いた人のうち、具体的な歩数の目標があった人の方が、そうでない人よりも歩いた歩数が4倍以上も多く、さらに1日の燃焼カロリーも100カロリーも多かったという。つまり、目標を設定すれば1年では約5.5キロ多く体重が減ることになります。

では、どれだけ歩けばいいのでしょうか?

「1日1万歩、約8キロ歩く」を目標にするのが一般的におすすめですが、これも全員に当てはまるわけではありません。できれば、現在の運動量や目標などの個人にあわせて目標を立てたほうがよいでしょう。

アメリカ人の多くは1日4,000歩から5,000歩くらいを歩いているとされています。もし、今そのくらい歩いているのであれば、1万歩にするだけでも健康状態がよくなり、体重も少し減らせるかもしれません。でも、すでに7,000歩から8,000歩くらい歩いているのであれば、結果を出すにはもう少し目標を高くしたほうがよいかもしれません。

まずは、今の活動量がどのくらいかを把握するために、万歩計を3日間つけて、朝起きてから寝るときまでどのくらい歩いているかをはかってみましょう。この間は、お昼の散歩をスタートするのは少し待って、いつもどおり過ごしてみてください。日によって活動量に差があるので、少なくとも1日は平日を入れます。

そして、3日間の歩数を合計してから3で割って平均を出しましょう

平均が6,000歩以下なら、目標は1万歩にして、すでに6,000歩以上なら、さらに5,000歩足したものを目標にしてみましょう。

体重を減らそうと思っているのなら、今出した目標に2,000歩から2,500歩を足してください

さらに、早く結果を出したいのなら、もう3,000歩以上歩きましょう。このときは10分で1,000歩くらいのペースがよいでしょう。最近の研究では健康上の効果を出すには最低でもこのくらいのペースで歩くことが必要だということがわかっています。

では、1日今よりも5,000歩多く歩きたい場合、どうすればいいか、シミュレーションしてみましょう。普段活動している中で約4,000歩は歩いているという前提のもと、どうやって歩数を増やせばいいか考えてみました。

1日に1万歩計画リスト(いつも4,000歩歩いている人の場合)

早朝:まずは、近所をぐるりと5分ほど歩いてから出勤してみましょう。あるいは、歩いて出勤してみても(合計500歩)

午前中:同僚か近所のママ友に声をかけて、歩きながらおしゃべりをしてみても。会社のまわりをぐるっと一周カジュアルなペースで10分ほど歩いて。(合計1,000歩)

昼休み:頭をすっきりさせるために、20分くらい歩くのがおすすめ。まずは5分ウォームアップして、10分ほど少しペースを上げて、そしてまた最後に5分ほどゆっくり歩くとよいでしょう。(合計2,300歩)

午後:ペンとノートを持って廊下や家のまわりを5分ほど歩きながら、今日の残りでやらなくてはいけないことを書き出してみて。(合計500歩)

夜:食後、おかわりをする前に15分ほど散歩の時間をとって近所を歩いてみましょう。あまりのんびりではなく、どこかに行くときくらいのペースで。(合計1,700歩)

合計10,000歩

Michele Stansten/How To Get To 10,000 Steps A Day

訳/ Noriko Yanagisawa

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 放っておくと薄くなる!? 抜け毛の深刻化を防ぐ、医師おすすめの解決策

    4. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    5. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 【クイズ】すぐやせる糖質制限ダイエット。何が落ちてる?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. カヒミ・カリィさんの、おいしく楽しい、栄養豊かな毎日を送るヒント

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    7. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    8. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?