1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 揺らぎがちな肌にも安心。紫外線対策ベースメイクアイテム4選

揺らぎがちな肌にも安心。紫外線対策ベースメイクアイテム4選

1,286

4月からだんだん強まる紫外線。しっかり肌を守れるベースメイクアイテムを、マイロハスの記事のなかから集めました。

1803_uvbase_top

image via shutterstock

日焼けしにくい肌を目指すローション

1803_uvbase_01

shiro」から発売された「サンケアローション」は、まるで化粧下地のような乳液タイプ。日光に当たり続けても、皮をむけば中は真っ白なたまねぎの日焼け止め効果に着目して作られました。肌に潤いを与えながら、植物成分がフィルターのように作用し紫外線からのダメージを受けにくい素肌を育ててくれます。ガードするだけじゃなく、使うほどに肌が強くなっていくような感覚が新しい。>>日焼けしにくい肌に。新発想のUVケアアイテム「shiro」から登場

敏感肌でも使えるトーンアップUV

1803_uvbase_02

ラ ロッシュ ポゼ」から発売された「UVイデア XL プロテクショントーンアップ」は、乾燥などによるダメージから肌を守る働きのある、深海微生物由来の抗酸化成分ヴェニュセアンを配合。さらにシアバター由来の整肌成分であるデトキシルや、製品の抗酸化剤としてビタミンE、ブライトニング成分のボタンエキスといったスキンケア成分が配合されているので、紫外線の影響を受けた肌をすこやかに整えてくれます。皮膚科医も採用する安心できるブランドです。>>そろそろ紫外線対策。敏感肌に使いたいラ ロッシュ ポゼの化粧下地

大人の敏感肌に使える国産オーガニックコスメ

1803_uvbase_03

パッケージも価格もリニューアルした「24h cosme」。低価格でも質は落とさず、やさしく肌荒れをカバーしながらメイクアップが楽しめるラインナップ。「ミネラルパウダーファンデ」はSPF45/PA+++、コンシーラーとしても使える「ミネラルスティックファンデ」はSPF50+/PA++++と、真夏の日差しにも充分耐えられるUVカット効果がうれしい。>>ファンデもベースもプチプラに。リニューアルした「24h cosme」

ストレスのない美しい肌が続くファンデーション

1803_uvbase_04

ニールズヤード レメディーズ」の「ミネラルファンデーション」は、アルガン・ホホバオイルといった定番の植物オイルだけでなく、シャクヤク根エキスやユキノシタエキスといった和の植物エキスも配合。紫外線ダメージから肌を守り、乾燥知らずで、使い続けるほど透明感のある肌へと導いてくれます。同ブランドのオーガニックの日焼け止めを下地にすれば、肌にはやさしく、紫外線はパワフルにブロックしてくれそう。>>肌にいいことだらけ。新生「ミネラルファンデーション」は他とどう違う?

UVカット&ケアはもちろん、揺らぎがちな春の肌にも安心して使えそうなアイテムばかり。さっそくベースメイクを見直したくなりました。

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 抜いても大丈夫? 医師に聞く「炭水化物」のかしこい摂り方

    2. ボトル330万本削減。洗い心地抜群な固形シャンプーが人気な理由

    3. 管理栄養士が教える、イチゴが心臓や脳、免疫にもよい理由

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. 手だけをつかって、簡単に幸福感を得られる方法

    9. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    8. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン