1. Home
  2. EAT
  3. プロの味を再現できる低温調理器が新登場。真空パックもボタン1つで

プロの味を再現できる低温調理器が新登場。真空パックもボタン1つで

2,899

知恵子

食材の栄養素を逃さず、旨味が最大限に引き出され、レストランの味や食感をおうちでも楽しめるとあって、いま大注目の低温真空調理器。なかでも貝印より新発売された『Kai House aio The Sousvide Machine(低温調理器)』なら、面倒な温度や時間管理も真空パックもボタン1つでOKです。

低温調理器で失敗知らず、家庭でプロの味が楽しめる

180309_kai_top

理想のカラダをつくるために欠かせないのが食事です。脂肪やぜい肉はスッキリと落として適度な筋肉をつけるためにも、高タンパク質で低カロリーな食材をいただきたいもの。なかでも9種類の必須アミノ酸のすべてがバランスよく含まれているのが、お肉。しかも鶏肉や牛、豚の赤身であれば低カロリーです。そして、そんなお肉を最大限美味しく調理できるのが低温調理法なのです。

低温調理でお肉や魚が美味しくなる理由は?

180309_kai_meat

ではなぜ低温調理だと美味しくなるのでしょうか。料理研究家の脇雅世さんによると、通常の焼く、煮る、蒸すの調理と異なり、食材にストレスを与えず調理できるから食材そのものの味を引き出し美味しくなるのだとか。またタンパク質が固まる温度である63度以下でしかも真空調理することで、高温による水分の流出を抑制します。だから焼きすぎて硬くなったり、水分が抜けてパサパサになったりせず、美味しく調理できるのです。

180309_kai_waki

製品発表会で美味しいローストビーフをレクチャーしてくれた料理研究家の脇雅世さん

「特にローストビーフはお手の物。きれいなピンクのお肉に仕上げたいなら、58度から60度程度で低温調理するのがベスト。低温調理後は表面をバターで軽くソテーすると、焦げ目と香ばしさもプラスされます」と脇さん。

低温調理器を使うメリットは?

180309_kai_hontai

Kai House aio The Sousvide Machine(低温調理器)

低温調理するときは食材を真空パックにすることで、熱が伝わりやすくなり、味の染み込みが良くなり、調味料も少量ですみ、調理中に匂いが出ないといったメリットが生まれます。

180309_kai_sh

簡単に使える付属のシーラー

真空包装機を使わずに自分で真空にするのは面倒だし、不安です。それがネックで以前から市販されていた人気の低温調理器も購入をあきらめたほど。その点、『Kai House aio The Sousvide Machine』なら真空シーラー機器が付属されているので、50mlほどの液体調味料を入れた食材でもボタン1つで真空包装できるので、ほんとうに便利です。また加熱温度も95度まで設定可能なので、調理の幅も広がります。詳しい使い方は動画でご覧ください。

もちろん低温調理で美味しく仕上がるのはお肉だけではありません。ブリの照り焼きといった魚料理もふっくら美味しくなるし、浅漬けやピクルスといった野菜料理も時短でできます。またリンゴのコンポートなど果物や、オムレツなどの卵料理、そしてチョコレートをつくるときのテンパリングも簡単にできるのです。また購入者には限定特典として、和食やイタリアンなどの12名の料理家やシェフが監修した63のオリジナルレシピをWEB上で公開されるので、レシピに困ることもなさそう。

180309_kai_plate

一台あれば、いつもの食卓がより豊かで彩りあふれる、便利な低温調理器。全国の百貨店や、貝印公式オンラインストアなどで販売中です。

Kai House aio The Sousvide Machine

  • 発売日:2018年3月8日
  • 価格:54,000円(税込)
  • 付属品:専用袋Mサイズ10枚、Lサイズ10枚
    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析