1. Home
  2. BODY
  3. 糖尿病につながる意外なサイン7とは?

糖尿病につながる意外なサイン7とは?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

19,156

深刻な病気を発症しそう?というとき、すぐに気がつけるものでしょうか?

それが意外とむずかしくて、米国では成人の3分の1の8600万人以上が糖尿病の前段階に当たる「糖尿病前症」の状態ですが、90%が気づいていないという実態。

「糖尿病」と、その前段階に当たる「糖尿病前症」の境界線とは?

01_640_shutterstock_317110700

「糖尿病前症とは、血糖が正常を超えているのに糖尿病までには至っていない段階のことです」とジョスリン糖尿病センターのエリザベス・ハルプリンさん。

正常な血糖値は110mg/dL未満。126mg/dL以上は糖尿病となり、空腹時の血糖値がこれら2つの値の間にあるときに糖尿病前症とみなされます。

名前からもわかるかもしれませんが、糖尿病前症をチェックしないうちに悪化して糖尿病になっていることがしばしば。でも、境界線のときに気付くのは難しいんです。

なぜなら、症状がないから。「血液検査による医師の診断なしに糖尿病前症であるのかを知る手立てはない」とNIH国立糖尿病・消化器・腎臓病 (NIDDK) のクリスティン ・ リーさん。

ただし、ヒントとなるパターンと変化も。以下のような思いがけないサインに要注意です。これらは、糖尿病前症に向かっているか、すでにそうなっている信号の可能性があるからです。

「糖尿病前症」に向かっている?すでにそうなっている?

01.体重が過多

02_640_shutterstock_205314421

中年で余計な脂肪がついていると、糖尿病につながる「インスリン抵抗性」の状態になりやすくなってしまう。「体重過多が続くと、そこに対応しようとインスリンをせっせと作るので、膵臓に負担が。必要なインスリンがつくれなくなってきます」とハルプリンさん。おなかに脂肪がたまると、糖尿病の危険ゾーンに近づいていくのです。

おなかの脂肪を落とすスマートな方法とは? もっと野菜を食べること。「お皿を活用した方法があります。お皿の半分は野菜でいっぱいにして、残りの4分の1にたんぱく質、あと4分の1に全粒デンプンにするというもの」とハルプリンさん。

02.肌の様子がおかしい

03_640_shutterstock_309569822

糖尿病前症は、通常は症状がないのですが、一部の人では糖尿病に関連したちょっとした症状が。たとえば、喉が渇くとか何度もおしっこをする必要があるとか。ほかの赤信号は皮膚の変化。肌の色に変化が現れたり、できもの(軟性線維腫)ができたりするというものです。

「糖尿病前症の一部の人には、インスリン抵抗性のサインとして、脇の下や背中と首の横の肌が黒ずんだり、肌が厚みを持ったりすることも」とリーさん。あらゆる皮膚症状に気をつけて、気になることがあれば医師のもとへ。

03.甘いものにひたっている

04_640_shutterstock_694017412

お菓子の食べ過ぎは糖尿病前症のリスクになります。「お菓子を我慢していても、パン、ご飯、パスタ、ポテトなどの精製された炭水化物が問題になってきます。体重と血糖値にとって悪い存在になるから」とハルプリンさん。単一成分の炭水化物やお菓子をセーブして、いろいろ複合された炭水化物(全粒粉のようなもの)、たんぱく質、野菜をメインにします。

04.いつも座りがちな生活。動かない……

05_640_shutterstock_681097435

「定期的に身体を動かすと、インスリンが効きやすくなります」とハルプリンさん。健康的な体重の維持にもつながり、糖尿病前症と糖尿病へのリスクを次々に減らしてくれるのです。いつも座りがちな生活をしているなら、10分のウオーキングを1日に3回というように簡単なことからスタート。習慣になったなら(そして医者がチェックした後に)、むしろ活動的と言えるくらいまでステップアップしていきます。中等度の運動を1週間に150分以上をやるくらいが理想的

05.誕生日のろうそくを消すほどに…

06_640_shutterstock_548170603

時間が止まるようなことが起きないかぎり、年を重ねるともに糖尿病前症など病気のリスクは現れるもの。45歳以上の全員を対象に糖尿病前症の検査をするようにと、米国糖尿病学会が勧告したのはこのため。血糖が良好にコントロールできているかどうかを定期的に確認するためには受診を

06.過去、血糖に問題があった

07_640_shutterstock_579776782

妊娠中に妊娠糖尿病と診断された女性は、厳密には出産後に「正常」に戻りません。産後検診時に血糖値が「OK」と判断されても、後年の糖尿病前症および糖尿病のリスクはまだ高いままなのです。出生時に赤ちゃんの体重が4kg以上でも同じこと。

家族の病歴や人種も関係。家系に糖尿病の人がいたり、特に黒人、アラスカ先住民、アメリカ先住民、アジア系、スペイン/ラテン系、太平洋諸島系であったりするときには、糖尿病前症になる可能性が高くなります。

07.夜、何度も寝返りを打つ

08_640_shutterstock_696314215

「ちゃんと眠れていないと体の調子に狂いが。体重が増える可能性もあり、糖尿病前症のリスクも上昇。閉塞性睡眠時無呼吸のような睡眠障害が血糖に悪影響を及ぼす可能性もあります」とリーさん。

眠りになかなか入れないと感じるなら、身近な医師に相談を。睡眠の問題を解消すると、糖尿病の危険ゾーンからも脱することができるかもしれません。


Rachel Reiff Ellis/7 Sneaky Signs You May Develop Diabetes-And How To Stay Healthy

訳/STELLA MEDIX Ltd.

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    2. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    3. みんなが選んだ納豆ベスト5は? 読者1000人以上の「納豆事情」を調査

    4. ぽっこりお腹解消をサポート。しいたけのダイエット&健康パワー3つ

    5. 「魔法の15分」で夜が変わる? 習慣化のプロが教える、スマートな夜の過ごし方

    6. 一問一答で占う、2019年の運勢。あなたの恋愛運は?

    7. 「親知らず」はなぜ抜くの?【歯や歯医者さん基本のき Vol.8】

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 賞味期限を過ぎても大丈夫? 納豆をより効果的に食べる方法は?

    10. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    1. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    2. 「魔法の15分」で夜が変わる? 習慣化のプロが教える、スマートな夜の過ごし方

    3. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    4. 一問一答で占う、2019年の運勢。あなたの恋愛運は?

    5. 【2月の満月】今年最大の満月! スーパームーンがもたらす癒しと美のパワー

    6. 「糖質制限+筋トレ」でタンパク質不足に? タンパク質の正しい摂取法

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 空腹ホルモンを減少させる小さな習慣

    9. ダイエット中の食事を超簡単にするアイデア6つ

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. 糖質や脂質よりも要注意!? 太りやすい食品とは?

    2. 一問一答で占う、2019年の運勢。あなたの恋愛運は?

    3. 「魔法の15分」で夜が変わる? 習慣化のプロが教える、スマートな夜の過ごし方

    4. 体重が密かに増えている、寝る前にやってはいけない9つの行動

    5. 納豆マニアが厳選。スーパーで買えるおいしい納豆12選

    6. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも。見逃しやすい8つの症状

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン